2010/11/15

やる事なし  のむ・たべる

日曜日です。中途半端に仕事です。クリックすると元のサイズで表示します       11時すぎに仕事がかたずいたのでお昼に何を食べようか考えているうちに12時半過ぎてしまい何処へ行っても混でいるだろうとスーパーで買い物して事務所で飲んでしまいました。カクテルクリックすると元のサイズで表示します        イエローティル ピノ・ノワールというオーストラリアの安すワインを半分くらい飲んでいい気分で寝てしまいました。たまにはこんな日があってもいいでしょう・・・。
2

2010/11/12

ロマンチック街道  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します      万座温泉から万座道路を登って行きR292を右に折れてすぐの駐車スペース?から北アルプスが見えました。山の事はよくわかりませんが地図で見ると鹿島槍ヶ岳から白馬岳にかけての山々の様です。     クリックすると元のサイズで表示します  
こんな空き地のようなパーキングの様なスペースがあちこちにあります。     クリックすると元のサイズで表示します        本家のドイツ ロマンティク街道は行った事ありませんが、紅葉時期の日本ロマンチック街道もご機嫌な道路でした。うちのグランビア君、少しメタボリック気味なのでこの様なワインディングロードは少し苦手です。ショックアブソーバーだけでもおごってあげればだいぶ機嫌よく走ってくれると思いますが・・・。車クリックすると元のサイズで表示します
この後来た時とは別ルートで軽井沢方面へ下ります。つづく。
2

2010/11/11

浅間園  

浅間山の鬼押し出しに鬼押し出し園と浅間園が並んであります。どちらも溶岩の固まった岩を見る遊歩道がありますが、今回は浅間園に行ってみました。クリックすると元のサイズで表示します     浅間記念館と言うのがあって中には昔のオートバイが展示してあります。1960年製陸王と言うバイクです。750ccですがでかいです。クリックすると元のサイズで表示します
先代が乗っていたと言うホンダドリームCB450、1967年製のバイクです。昔このオートバイで事故をしたそうです。先代は昔のオートバイが好きなので食い入るように見てました。クリックすると元のサイズで表示します     こんなのもありました。イタリアの自転車メーカー、ビアンキのものです。1957年にこんなおしゃれなエンジン付き自転車があったんですね、さすがイタリア!クリックすると元のサイズで表示します       外に出て遊歩道を歩いて行くと朽ち果てるままになっている展望台があります。廃墟マニアの間では有名らしいです。クリックすると元のサイズで表示します      
山頂からうっすら煙を吐いている浅間山です。つづく。
2

2010/11/8

家族旅行  お出かけ

皮膚科のお医者さんに『硫黄のきつい温泉に入ってくればすぐ治るよ』などとそそのかされ2年ぶりに家族で旅行に行ってきました。万座温泉へ向かうのに直接行ってしまうのも芸がないので、以前寄った事のある軽井沢のお蕎麦屋さんでお昼を食べてから行こうという事になりました。クリックすると元のサイズで表示します 
碓井・軽井沢I.Cを下りたらすぐ渋滞です。万座は紅葉が終わっているので混んでいないと思っていたら、標高の低い軽井沢あたりはまだ紅葉も盛りなんですね。我ながらおばかですね〜。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します        裏道を駆使してようやくお蕎麦屋さんに着きました。お店の前のかえでも色づき始めた様です。クリックすると元のサイズで表示します      食べかけですみません、右からおらが蕎麦、更科蕎麦、田舎蕎麦と3種類の挽き方の蕎麦が楽しめます。僕はと言えば美味しそうなものが目の前に来ると写真を撮る前からがつがつ食べてしまいます。相変わらずおあずけが出来ないようです。犬の方がりこうかも・・・。
クリックすると元のサイズで表示します
昼食の後、浅間園に寄り万座温泉『日進館』へ到着。つづく。
4

2010/11/4

ベロペロネ  ノンカテゴリ

山の神が何処からか持ってきては植えている草花をいくつか紹介しようかと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
タイトルにある『ベロペロネ』って知ってます?この葉っぱが赤くなっただけのような花です。車のすぐわきにわさっと生えてあるので乗るのにすごく邪魔です。別名コエビソウだそうです。そう言われてみればこの赤い花、海老フライのようでもあります。エビフライクリックすると元のサイズで表示します 
ランタナって名前だそうです。十年何年か前にはやったランバダってラテンのダンスなら知ってますが・・・。でも割と可愛い花です。こいつは小さいので邪魔にはなりません。いい子、いい子。クリックすると元のサイズで表示します
この紫の一見毒々しい花は、杜鵑草(ほととぎす)だそうです。名前は聞いた事がありますが、この花が杜鵑草だとは知りませんでした。おそらくこの時期にはこの花々を毎年見ているのでしょうが、気にしていないせいか全く気付きませんでした。ベロペロネだけは邪魔なので、赤い花が咲くのはよく知ってます。クリックすると元のサイズで表示します       さて僕の育てている金のなる木です。こいつは他の金のなる木から比べると葉っぱの色が薄いし、心なしか元気もないようです。以前御宿のアメリカンな大工さんからもらったのと比べても病弱の様な気がします。出来の悪い子ほどかわいいと言いますが、植物を大切に育ててる人の気持ちが少しわかる今日この頃です。金のなる木とは『縁紅弁慶』の俗称だうそうです。僕の金のなる木には似合わない名前です。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ