2011/1/31

収穫  ノンカテゴリ

そろそろ金柑がオレンジ色に色づいて来たのでもいでみましたミカン と言うよりお隣さんに実が落ちていたりしたので掃除をしてから成り行きで収穫しました。 クリックすると元のサイズで表示します      金柑もししゆずと同じく鈴なりになっていました。    クリックすると元のサイズで表示します      大きさもやはりししゆずと同じで大きいのがあまりありません。それでも日の当たる上の方には大きい物もあったので脚立を持ち出して色づいているものからもぎました。   クリックすると元のサイズで表示します      それでもこの写真の3倍ぐらいは収穫出来ました。来年の為にうちの仕事をしてもらっている植木屋さんに聞いて少し木自体を小さくしてみようと思います。まだまだ実はたくさんついているので近いうちにまた第2回の収穫をしようと思います。
2

2011/1/30

男2人で  お出かけ

仕事始めから忙しかった仕事も一段落したので、遅まきながら愚息と2人鹿島、香取両神宮へ初詣に行きました。車クリックすると元のサイズで表示します      冬枯れの香取神宮楼門です。ここから中は神域です。もう1月も終わりなのでそんなに混んでいないと思っていたら大間違い!拝殿の前にはお参りする人が並んでました。僕らは御祈祷してもらうのであったかい神札授与所の中でお茶など頂きました。今日は1月最後の日曜日なのと、日がいいので混んでいると巫女さんが言ってました。クリックすると元のサイズで表示します      帰りにR51をのんびり走っていたら最近あまり見かけないどさん子ラーメンがあったので入ってみました。特別変わった味でもないのですが、懐かしい味でした。ラーメンたしかどさん娘と書いてある店も昔ありましたよね、何が違うのかわかりませんが。写真の熊がさけをくわえてる置物も置いてある家って結構ありましたよね。なんにしてもふた昔前の話です。      
2

2011/1/27

忘れ物  大工のお仕事

去年から年越しで請け負っているN邸の外壁改修工事もいよいよ大詰め、今日は離れのドアの修理です。クリックすると元のサイズで表示します
下部がだいぶ傷んでいるので途中で切り補修してメラミン化粧板を張る工事です。クリックすると元のサイズで表示します      きれいに剥がれました。ここに耐水ベニヤを張ります。クリックすると元のサイズで表示します      下地めがけて釘を打っておきます。ここに速乾ボンドをつけて化粧板を張るのですが、接着剤の強い方へくっついてしまうのでもとある板を釘で止めておきます。釘を打ち終わった後カッターナイフが見つかりません。まさかと思い建具を揺らしてみると、ガタガタと音がします。ドアの厚みの中にしまってしまいました。クリックすると元のサイズで表示します      釘を外し中を見ると刷毛が入ってました。おまえもか!カッターは何処でしょう?クリックすると元のサイズで表示します      裏側の換気口の中に隠れてました。開けてみた所にまた釘を打ち化粧板を張ります。クリックすると元のサイズで表示します      なんとか納まりました。いつもこんなアホな事している訳ではないですよ。     クリックすると元のサイズで表示します      ちょっと化粧板を張ると言ってもこれだけの道具を使います。もう何処かに隠れている道具もなさそうなのでこれでお仕舞にします。
1

2011/1/26

Happy Birthday2  ノンカテゴリ

愚息の誕生日でした。すっかり忘れてました。おねーちゃん達が食事に連れて行ってくれると言うのでご相伴にあずかりました。クリックすると元のサイズで表示します      うちは山の神と式神Tが11月、僕と式神Uが9月で愚息だけ1月です。3番目にもなると無計画に作ったからでしょうか誕生日もだいたい忘れてます。食事が終わると『ゆっくりお茶が飲みたい』などと式神T・Uが言いだしたら山の神まで同調したので、男同士で電車で帰りました。電車クリックすると元のサイズで表示します      寒い中2人で20分も歩いて帰りました。せっかくワインなど御馳走になっても家に帰る前にすっかり醒めてしまいました。
2

2011/1/23

釘打ち  大工のお仕事

某企業の休憩室の移動工事がありました。既存の部屋は2年前に作ったばかりなので畳は使ってくれとの事です。この部屋はかね(直角)が悪くそれに合わせて畳も造ってあるので今度の部屋も悪いなりに合わせて造らなければなりません。クリックすると元のサイズで表示します      なんとか寸法と癖を取って畳寄せを乗せました。ところが壁も床もすでにあるので狭くて機械が使えません。クリックすると元のサイズで表示します      昔やっていた通り釘を打つ所に釘掘りをして、ドリルで釘穴をあけておきます。クリックすると元のサイズで表示します      こうして釘を打ち込みます。こうすることで釘を打ち込む時に材がぶれないし、畳を納めても釘がきちっと掘ってある中におさまっているので引っかかりません。機械で止めるよりきっちり止まりました。ここだけの話ですが釘打ち機で打つより普通の釘を手で打った方がよく止まるんですよ。手間はかかるけど。クリックすると元のサイズで表示します    上り框を取り付け残った場所にフローリングを張り、今まで使っていた畳もきれいに納まりました。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ