2011/10/31

大正浪漫  お出かけ

市川真間から国府台辺りのお屋敷町キャッスルに出没してみました。R14から山手の方へ入って行くと道があみだくじのようになっています。迷路は苦手なので地図とにらめっこです。'_';クリックすると元のサイズで表示します        やっと見つけました芳澤ガーデンギャラリー。ハーブ今回は書物など展示してあります。一通り見て廻りましたが、何が書いてあるのかよく分からず早々に退散します。ガーデンギャラリーだけあって手入れの行きとどいたきれいな庭でした。クリックすると元のサイズで表示します        やはりあちこちウロウロしながらたどり着きました、木内ギャラリーです。こちらは大正3年竣工の木内重四郎氏の別宅です。ホームクリックすると元のサイズで表示します        玄関ポーチの柱上部の組みものは神社仏閣建築で見られる枡組の変形のようです。大正時代の近代建築様式(和洋折半)のお手本のような技法です。お見事!拍手クリックすると元のサイズで表示します        玄関のすぐ隣のこの部屋は応接間だそうです。シルクハットクリックすると元のサイズで表示します        ここ書斎ですよ、現代の一般庶民の書斎と云えばほとんど納戸と云ってもいい場所なのに。それにしても素晴らしい部屋です。重厚なドア枠に建具、寄木のフローリングに暖炉の上には風景画が描かれています、天井の格天井は洋風にアレンジされています。     クリックすると元のサイズで表示します        窓から見える部屋はベランダーだそうです。現代ならサンルームとでも云いましょうか。1日見ていても飽きない素晴らしい家です。いいものを見せてもらいました。
2

2011/10/28

異国情緒  お出かけ

取引先の材木屋さんの展示会に行って来ました。山の神と愚息もついて来たのですが、貰う物を貰って、プレゼント体験コーナーで遊んで、イベント食べる物を食べたらレストランそろそろ飽きる頃です。クリックすると元のサイズで表示します        時間も早いので買い物してから印旛沼のオランダ風車へ行ってみました。平成6年に佐倉市市制施行40周年に建てたそうです。☆クリックすると元のサイズで表示します        運転時間なら中も見学させてもらえます。この木製の歯車やシャフトなどもちろん風車も、本体機構のほとんどはオランダで製作、日本で組み立てたそうです。拍手日本で初の本格的水汲み用風車です。クリックすると元のサイズで表示します        春には風車の前に50万本のチューリップがチューリップチューリップ咲き千葉に居ながらオランダの風景が堪能できるそうです。クリックすると元のサイズで表示します        今は秋、道路の向こう側では秋桜が咲きみだれてます。山の神の写真も撮ったのですが、お嬢さんの頃とはとは違い花の引き立て役になってます。そうですウバ桜です。クリックすると元のサイズで表示します       
やはり春にはこの桜並木の1300本の本当の桜も咲きほこります。桜
2

2011/10/25

鹿島、香取両神宮へ行って来ました  お出かけ

クリックすると元のサイズで表示します        愚息と2人まずは鹿島神宮へ行きました。出発する時にガソリンスタンドGSで細かいお金を全部使ってしまい御賽銭がありません。      クリックすると元のサイズで表示します        お茶でも買ってお札をくずそうと参道へ出てみると今NHK、BS時代劇TV "塚原卜伝"の特別展をミニ博物館ココシカでやっているので見て行く事に。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します        1Fには卜伝の本や年表、廻国の際に背負って行った木刀などがあり、2Fには撮影で使った道具他が展示してありボランティアのお爺さんおじいちゃんが説明などしてくれます。鹿島の太刀は今も伝える門下生が十五、六人いるらしく塚原卜伝生家の近くには道場もあるらしいです。芭蕉もみちのく(奥の細道)へ出かける前に鹿島神宮に来たらしく、芭蕉の句も展示してあります。クリックすると元のサイズで表示します        いつも通り香取神宮にも寄って行きます。車クリックすると元のサイズで表示します        総門をくぐった右側にある銀杏の木はうっすら黄色くなりかけています。これから参道の楓も赤く色づきます。もみじもうすぐ千葉にも紅葉の季節がやって来ます。       
2

2011/10/24

終着駅  鉄道

飯縄寺を出て時間も早いので何処か行こうかと3人で話して、あっ、そうです今回はべん君と以前サーキットの狼museumに一緒に行ったたけぴんさんもまたまた一緒です。亀山湖へ行ってみようかという事になりましたが、たけぴんさんの『亀山なら三石山観音が霊験あらたか』と云うので行ってみましたが、16時で終了。僕らの行き当たりばったり旅ではよくあることです。クリックすると元のサイズで表示します        帰る途中上総亀山駅に寄ってみました。雨上がりのローカル線の終着駅、一抹の寂しさを感じます。クリックすると元のサイズで表示します        車止めから先は当然線路はなく道路が横切っています。当初の予定では太平洋側の大原からのびて来ている木原線(現いすみ鉄道)上総中野駅でつながり房総半島横断をする計画でしたが、つながっていたところで大赤字線が増えるだけです。鉄としては残念ですが… …。      クリックすると元のサイズで表示します        駅には駅員さんも常駐していて、駅前にはバス停と小さなタクシー会社があり小規模ながら駅の程をなしています。さてやはり今回のぶらり旅もローカル線でしめたところでさっさと帰ってビールでも飲む事にします。
2

2011/10/18

波の伊八 其の弐  お出かけ

天気も悪く仕事になりそうもないので波の伊八波の作品を見に出かける事にしました。太東岬近くの飯縄寺へ行って来ました。クリックすると元のサイズで表示します        山門(仁王門)は工事中工事中の為茅葺の屋根も全部剥がしてシートかけている状態でこの飯縄寺と書いてある板も無造作に立てかけてありました。クリックすると元のサイズで表示します        山門をくぐり中へ入ると立派な鐘楼が建っています。回廊の手すりは欅材で修復してありました。回廊の上下にも彫刻がありますが、こちらは伊八ではなく大木茂八という人の作品の様です。クリックすると元のサイズで表示します        そのの奥にはいよいよ初代波の伊八『武志伊八郎信由』の作品が彫ってある本堂(祖師堂)です。クリックすると元のサイズで表示します        虹梁の上には見事な波と龍が彫られています。クリックすると元のサイズで表示します        向拝柱の裏側には雲肘木の上に、垂木に沿って手挟が…。やはり龍が彫ってあるんでしょうか。このような技術、文化がなくならないようしたいものです。
 

3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ