2011/11/17

波の伊八 其の参  お出かけ

三石山観音を出た一行は(2人ですけど)豊英大滝を見るべく三島神社の鳥居から林道へ。途端に工事中工事中通行止めです。NG僕ら行き当たりばったりの道中なのでよくある事です。ならば去年間に合わなかった美味しい牛乳を飲みに嶺岡に行きます。クリックすると元のサイズで表示します       美味しい牛乳飲んで暫く走ると車石堂寺の看板が石堂寺にも波の伊八の作品があるのは聞いていたので行く事に。クリックすると元のサイズで表示します        
仁王門をくぐるとコケだらけの階段を上ります。階段の脇には石碑の様な物に奉納者の名前と百圓、百五十圓と時代がしのばれます。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します       国指定の重要文化財の本堂と多宝堂です。共に室町時代に造られたものです。☆クリックすると元のサイズで表示します        本堂の向拝の虹梁には伊八作の龍が立体的に彫られています。クリックすると元のサイズで表示します        鐘楼です。こちらはぐっと格が落ちて町の重要文化財だそうです。それでも江戸時代に造られています。破風板の裏側には大きなスズメバチの巣が、ミツバチこれもこの建物に妙に合ってませんか?室町時代作だと国の重要文化財で江戸時代作だと町の重要文化財なんでしょうか建築屋の目から見ても江戸時代の鐘楼も技術的にももちろん風格だって負けていないと思いますが… …、世の中こんなものでしょう。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ