2012/2/29

冬将軍  ノンカテゴリ

クリックすると元のサイズで表示します        うちの周りにも雪が降りました。雪近所の公園にもうっすらと積もったようです。        クリックすると元のサイズで表示します        今年一番の大雪の日新建材の発表会で高崎まで言ったので新潟まで足を延ばした時の写真です。ゆきだるま『国境の長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった。』なんて新幹線であっという間なのでそんな情緒もなくなりましたが、雪は本物でした。クリックすると元のサイズで表示します        あちらでは道路から水を吹きだして雪が積もらないよう工夫してます。
クリックすると元のサイズで表示します        今朝のテレビでは都内を映して一面の銀世界なんて言っていましたけど銀世界というならこれ位でないと。新潟では少し面白い物を見てきたので次の機会に。
2

2012/2/22

びっくり仰天  Tool Box

クリックすると元のサイズで表示します       いつも使っている#1000の中砥です。明日鑿が切れないと話にならい仕事があるのでお休みだけど研ぐことにします。クリックすると元のサイズで表示します        鑿の刃もだいぶがたがたが来ているので新兵器(自分はそう思っている)を用意しました。ダイヤモンド砥石です。宝石研いでみてびっくり僕の両腕が覚えている砥ぎものをする時の感覚とは別物です。カチッとしてるというか刃の切れ角が1度違ったのが手に伝わってくるような、今刃がどういう状態で研げているかが手に取るようにわかる精度の高い砥石です。しかし同じ#1000でも研げるスピードが断然速いので必要な分以上に研げてしまうのと自分の砥ぐ癖が極端に出てしまうので手加減を気を付けないといけません。クリックすると元のサイズで表示します        #1000の裏は#400になっていて刃のかけたときとかはこちらで時間をかけずに直すことができます。研ぎおろすスピードが速いということは同じ#1000でも粗いと云う事なので仕上げ砥で念入りに仕上げないといけないようです。なにはともあれ道具を作る時間が短縮されることは大歓迎です。
2

2012/2/19

東京ドイツ村  お出かけ

以前から山の神が見たいといっていたイルミネーション、見に行ってきました。当家の場合この様な時には式神2人と愚息がもれなく付いてきます。いつになったら身軽に出かけられるのやら… …。    クリックすると元のサイズで表示します       さてやって来たのは東京ドイツ村、15:00からのチケットで入ったのですが時間が早いこともあり観覧車からのイルミネーションも今一つ、いえ二つ。NG       クリックすると元のサイズで表示します        周りも暗くなりかけるころ夜マルクトプラッツの広場にはイルミネーションを見ようと人がたくさん集まってきてます。クリックすると元のサイズで表示します        うちの連中といえばよってたかってハンドルをぐるぐる回して作った電力で木をライトアップしてます。ご苦労なことです。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します        本格的に暗くなるとすごく綺麗です。”南房総最大のイルミネーション”なんて言ってますが、もっと威張っていいと思います。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します        高いところから見てみようともう一度観覧車に乗ります。遊園地遊歩道を歩いている時は綺麗なだけでしたが、上から見るとひとつひとつデザインされていてなおさら綺麗でした。今年のテーマは希望の笑顔〜SMILE of HOPEだそうです。
2

2012/2/12

3か月ぶりの… …  お出かけ

今年になってはじめて、仕事が忙しかったせいもあり3カ月ぶりにべん君と軽く出かけました。クリックすると元のサイズで表示します        軽く出かけると云えば房総半島です。昼食をとったニコニコドライブインからは東京湾観音や横浜辺りが遠くに見えます。目クリックすると元のサイズで表示します        鋸山登山の最寄り駅、浜金谷です。電車関東の駅100選にも選ばれている駅です。クリックすると元のサイズで表示します        今回うちのグランビア君は山の神の命令で過酷な労働条件のもと働かされているので、べん君のミニカ嬢で出かけました。最近見た事のない丸いポストもここいらでは風景に馴染んでいます。クリックすると元のサイズで表示します        鋸山登山道を登ると見えてくる景色です。ここの景色は素晴らしいです。たった330mと東京タワーより低い山ですがなかなかどうしていい山です。山
3

2012/2/7

神棚  大工のお仕事

某企業様の新営業所にバス神棚を造って来ました。クリックすると元のサイズで表示します          神棚の甲板は一般に桧が使われますが、予算の関係もありパインの集成材で造ってみました。やはり一般には集成材に仕上げ鉋などかけません。甲板の長さは3尺6寸5分です。1年365日からきているそうです。クリックすると元のサイズで表示します        甲板の小口も見えるので鉋をかけます。クリックすると元のサイズで表示します        僕は面を大きく取るのはあまり好みではないのですが、そこは神棚の甲板なので少し大きめに面をとります。クリックすると元のサイズで表示します        雲をつける柱を建てるのに穴を掘ります。       クリックすると元のサイズで表示します        柱側にもほぞを切って裏側の見えないところからビスを打ちます。       クリックすると元のサイズで表示します         ビスの頭の見える所は銅製の太鼓鋲を打ち、お社を組んで甲板の上に載せて完成です。あとはしめ縄を飾り宮司さんに魂を入れてもらえば終わりです。でも今の時期しめ縄売ってるんでしょうか何はともあれ新しい営業所が繁盛しますように
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ