2012/5/23

ヴィンテージカー  

仕事の途中道路沿の駐車場に何やらピッカピッカな車が。クリックすると元のサイズで表示します      昭和の高度成長期のころの自動車、プリンスグロリアです。しかも油塗ったようにピカピカです。いるんですね〜、あの頃の車大切に乗っている人。さすがにワンオーナーではないようですが。クリックすると元のサイズで表示します        プリンスグロリアは宮内庁にもたくさん納められあの御料車プリンスロイヤルの布石となった車です。周りの新しい車にも全く負けていません。どうりで気品のある車です。王冠今日はいいもの見せてもらいました。
2

2012/5/22

えっ、回ってない?  のむ・たべる

し〜す〜を食べに行っちゃいました。寿司一人でこっそりしかも回ってません。寿司クリックすると元のサイズで表示します       お邪魔し始めてそろそろ20年になる富鮨さんです。美味しいお刺身を頂きながら最近定番のノンアルコールビールです。ビールクリックすると元のサイズで表示します        大将と今見てきた庖丁式の話なんかして… …。使って使って研いで研いで小さくなった庖丁を高家神社に納めるのだそうですが、『俺は想いのこもった包丁を持っていけない』と研いで小さくなった包丁を見せてくれました。包丁僕らも手に馴染んだ道具は手放せなせん。大将、職人ですね。力こぶクリックすると元のサイズで表示します        っと、頑固な職人さんなのかと思いきや握りを駄洒落に変換するという離れ業もやってのけます。クリックすると元のサイズで表示します        この地の握り全9カン、1カンずつ俎板皿へ置いてくれます。はい、これがゴールドアイ(金目鯛)、これがストーンフィシュ(石鯛)、はい、サザエさんの弟(鰹)と胸やけしそうな駄洒落を連発します。(今回は言いませんでしたが。)しかし腕は一流です。いつ行っても美味しいお鮨を出してくれます。クリックすると元のサイズで表示します
3

2012/5/21

世紀の天体ショー  ノンカテゴリ

クリックすると元のサイズで表示します        実に173年ぶりというので朝早起きして家族で近くの公園へ金環日食を見に出かけました。晴れ普段うちの連中は梃子でも起きないのにzzz今日は言われなくても起きてます。ヒラメイタ!クリックすると元のサイズで表示します        家を出るころには4分の1くらい欠けてるのがよく見えたのですが公園に着いたらこんな具合です。曇り太陽がだいぶ欠けているので薄暗くなってます。しかも寒いです。やっぱり尋常ではありません。クリックすると元のサイズで表示します        金環食が最大になった頃雲の切れ間からリングが見えてきました。僕もタイムリーな時期に生きていたものです。クリックすると元のサイズで表示します        何回か雲の切れ間から見えるたびに周りから大歓声です。メガホンクリックすると元のサイズで表示します        そして金環日食も終わりに近づき、リングが切れたとき感動と一抹の寂しさを感じました。何とか雲の切れ間からでも見れてよかったです。この次首都圏で金環日食の見れるのはなんと300年先です。長生きしなければならなくなるところでした。朝日
2

2012/5/20

庖丁式  ノンカテゴリ

随分前に先代おじいちゃんから頼まれていた白浜での仕事の打ち合わせを高家神社の庖丁式に日時が合うようにセッティングしました。クリックすると元のサイズで表示します        いつもはあまり人のいない高家神社が今日は大賑わいです。祝クリックすると元のサイズで表示します        まずは神事なので宮司さんのお祓いです。ギャラリーの我々もお祓いしてもらいました。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します        最初の介添えの方が俎板にかけてある白い布をはずし、塩と酒でお浄めです。クリックすると元のサイズで表示します        今回の庖丁式で奉納する黒鮑の登場です。貝そろそろ鮑漁の季節なので豊漁と安全を祈って今回は鮑を奉納するそうです。クリックすると元のサイズで表示します      次の介添えの方は鮑の御霊を慰める花束をまな板に置き鮑と庖丁、真魚箸の検品です。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します        いよいよ刀主の庖丁の冴えが見られます。最初の介添えの方から鮑には直接手は触れていません。平安朝初期から伝わるこの儀式、刀主の『一刀一礼』の動きには感動します。かっこいいです。      クリックすると元のサイズで表示します        俎板の上に綺麗に並べられた鮑はこの後本殿に奉納されるそうです。不謹慎かもしれませんが旨そうな鮑です。
2

2012/5/16

街の運搬手段  自転車

所要で東京に出かけると時間があれば必ず寄ります。ここは本の街、神田神保町。クリックすると元のサイズで表示します        うちの先々代も亡くなるまで愛用していた実用車です。最近うちの周りでは見なくなりました。自転車クリックすると元のサイズで表示します        重い本を積んで歩くのには実用車でなければだめなんでしょう。NGじゃオートバイでなんて思うでしょうがこの町の交通環境がそれを許さないのでしょう。NGクリックすると元のサイズで表示します        さほど長くない距離を路地に入ったり歩道を押したりするのにはもってこいの交通手段なのでしょう。○昔からの自転車の生き残れる古い街、もう少し散策する事にします。徒歩
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ