2013/6/6

波の伊八其の伍  お出かけ

蛇蔵タイムマシンに乗り平成の世に戻った我々は次のトリップ先にまた頭を悩ませます。@〜@クリックすると元のサイズで表示します        やって来ましたのは、松戸から川向こうの柴又帝釈天です。トラこの前来た時には16:00を4時過ぎていたので見られなかった波の伊八の作品を見に来ました。波波クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します         どれがそうかと次々に写真に納めます。カメラクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します        ここいらが伊八の作かと波一通り見てから受付氏に聞いてみると上の2枚の写真に様に柱と柱の間に施されている彫刻全10面ぬかして全部伊八の作らしいです。波波波僕は伍代目伊八の5作かと記憶していたのですが四代目の様です。4クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します        暫し受付氏と伊八談義に花を咲かせた後大庭園の方へ。桜大庭園と呼んでいるだけあって手入れの行き届いた素晴らしい庭園です。いつまでも幾久しく管理していただくよう祈って帝釈天を後に帰路につきます。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ