2011/10/24

終着駅  鉄道

飯縄寺を出て時間も早いので何処か行こうかと3人で話して、あっ、そうです今回はべん君と以前サーキットの狼museumに一緒に行ったたけぴんさんもまたまた一緒です。亀山湖へ行ってみようかという事になりましたが、たけぴんさんの『亀山なら三石山観音が霊験あらたか』と云うので行ってみましたが、16時で終了。僕らの行き当たりばったり旅ではよくあることです。クリックすると元のサイズで表示します        帰る途中上総亀山駅に寄ってみました。雨上がりのローカル線の終着駅、一抹の寂しさを感じます。クリックすると元のサイズで表示します        車止めから先は当然線路はなく道路が横切っています。当初の予定では太平洋側の大原からのびて来ている木原線(現いすみ鉄道)上総中野駅でつながり房総半島横断をする計画でしたが、つながっていたところで大赤字線が増えるだけです。鉄としては残念ですが… …。      クリックすると元のサイズで表示します        駅には駅員さんも常駐していて、駅前にはバス停と小さなタクシー会社があり小規模ながら駅の程をなしています。さてやはり今回のぶらり旅もローカル線でしめたところでさっさと帰ってビールでも飲む事にします。
2

2011/9/14

さよならseries113  鉄道

…夕方5時ごろになると柔道場へ行く時間です。なんか行きたくないななんて思い時刻表を手に取り房総夏ダイヤのページを開きます。道場へ行ったふりして電車で行けるところまで行ってみようかと、千葉発18:29快速青い海13号に乗ります。安房勝山まで行き10分程の連絡で上りの快速青い海12号に乗り継ぎます。よくよく時間計算してみると家に着くのが22:00頃になってしまいます。いつも柔道場から帰る時間より1時間も遅くなるので、怒られないかなとか道場に電話してるかなとかびくびくしながら家に帰りそそくさと寝てしまいました…。クリックすると元のサイズで表示します        8月も終わり頃打ち合わせの帰りに総武線(千葉〜お茶ノ水間)唯一の踏切、花立踏切でさよなら113系と書かれたヘッドマーク付きの113系電車と行きあいました。そう云えば子供の頃道場に行くのが嫌な時この電車に乗って時間つぶしたっけな〜なんて思い出しました。幕張車輛センターの113系もだいぶ廃車になり3編成くらいしか残っていません。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します        現在房総各線は高崎線辺りのお下がりの209系211系に代わって来てます。リサイクルクリックすると元のサイズで表示します        あれからヘッドマーク付きの113系は車輛センターから動いていないようです。昔からなじみのある電車が見られなくなるのはやはり寂しいものがあります。
2

2011/8/2

兵どもが夢のあと  鉄道

峠の釜めしでお腹も満足したところで、メインイベントの横軽廃線ツアーです。旧R18碓氷峠を登ります。車べん君は1人で1度来ているので今日は僕のツアーガイドです。徒歩徒歩
クリックすると元のサイズで表示します       旧信越本線(以下旧線)の第5アーチ辺りに車を止めていざ出発。徒歩徒歩獣道を少し歩くと信越本線新線跡(以下新線)に出ます。旧R18のすぐそばを信越本線電車が走っていたとは思いませんでした。見るからに下っているトンネルを抜けると旧熊ノ平駅跡です。クリックすると元のサイズで表示します       横川、軽井沢間最大66.7パーミルの急勾配の続くこの区間で唯一平坦線になっていて、アプト式の初期、蒸気機関車はここで給水、給炭をし電気機関車になってからもここで列車交換をしてました。粘着式になって熊ノ平駅はその役目を終えましたが、峠のシェルパEF63も平坦線に一息入れた事でしょう。クリックすると元のサイズで表示します      ホームの端にある配線室のカレンダーは当時のままめくられる事はありません。僕らの他にもここを見に来ている人がいましたが、引き返して行きました。しかし我々の歩みは止まりません。クリックすると元のサイズで表示します       今度は懐中電灯を持ち懐中電灯横川方面に1km弱のトンネルに足を踏み入れます。川口浩探検隊の気分です。(そうとう古いです。)クリックすると元のサイズで表示します        この鉄橋は新線の撮影ポイントだった場所です。EF63重連で電車を押し上げる写真をよく見ました。電車電車来る時は下り線のトンネルだったので帰りは上り線のトンネルに入ります。どっちも真っ暗なので一緒ですが。■■クリックすると元のサイズで表示します       トンネルを出ると2人とも蛭とご同伴です。べん君は脹脛血だらけです。今は軽井沢まで新幹線でひとっ飛びですが、わずかな時間短縮をとった代わりに、またひとつ素晴らしい景色と文化を失った気がします。クリックすると元のサイズで表示します      旧R18から旧線の第3アーチです。最近はめがね橋と呼んでいる様です。このうえはアプトの道ってハイキングコースになっている様です。徒歩徒歩1993年に碓氷峠鉄道施設として重要文化財に指定されました。それまではひっそりと佇んでいたんですが … …。
3

2011/6/25

大人の休日?  鉄道

JRの駅駅でJR東日本パスなるチラシを発見して1ヶ月なるべく遠くまで足を延ばし新幹線夜行日帰りで何処か1ヶ所立ち寄って……、なんて出来るだけ欲張りな計画を立て1人旅に行って来ました。クリックすると元のサイズで表示します      駅員さんとあ〜でもないこ〜でもないと窓口で1時間粘ってこれだけの切符を手に入れました。JR東日本パスは1万円也で新幹線を含むJR東日本管内1日乗り放題という優れ物であります。クリックすると元のサイズで表示します      上野発21:15発というのに19:30に仕事が終わったのでぎりぎり間に合いました。ピョーッと電気機関車特有の物悲しいホイッスルのあとガクンと衝撃と共に上野駅を後にします。夜汽車はこうでなくっちゃ。      クリックすると元のサイズで表示します      今宵の僕の部屋です。時間があれば東京駅の地下街で美味しいおつまみと弁当ワインなど買い込んで車窓を眺めながら(外は暗闇ですが)少し飲もうかとカクテル思っていましたが乾き物とビールビール、コンビニで売ってそうな弁当弁当と立ち飲み屋のメニューのようになってしまいました。 クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します      基本設計の古い車両なのかかなり揺れます。当然のごとくあまり眠れません。早朝腫れぼったい眼目を擦りながらカーテンを開けると庄内平野を走ってます。車窓からは羽黒山、黒森山を前に従えた虚空蔵岳や鳥海山が次々と姿を見せます。日の出クリックすると元のサイズで表示します      6:44秋田着、途中長岡か新津辺りで運転停車の間に日本海縦貫線の主EF81型機関車に代わっていたようです。今度は秋田新幹線に乗り換えです。つづく。
6

2011/6/15

キハ52  鉄道

前回のつづきです。あまりに鉄分が濃いので2回に分けました。大多喜までやってきたのはもう一つ目的があるからです。クリックすると元のサイズで表示します      去年の12月にJR西日本から譲渡されたキハ52が急行列車でいすみ鉄道を走ってるって耳に耳したので、大多喜駅に到着する時間を見計らって駅駅に行ってみました。
クリックすると元のサイズで表示します       房総中央鉄道館に居た連中も何人かは僕らと同じ考えでした。駅に入るとサボ(行き先、列車種別などを表示してる板)を持参して自分で差し替えては写真を撮ってる人がいました。べん君と顔をを見合わせこれってありっこのサボも彼が差し替えていました。クリックすると元のサイズで表示します      反対側にまわると準急"京葉"のヘッドマークをつけてました。昭和30年代両国〜銚子を結んでいた列車です。ほかにも急行"そと房"のヘッドマークをつける事もあるようです。いすみ鉄道さん鉄の心をわしづかみです。そうそう房総中央鉄道館に鉄子が2人来てました。館長も館内の説明に力が入っていたようです。力こぶ女の子がこのおたくたちの中に入ってくるなんて世の中も変わったものです。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ