2010/11/17

軽井沢駅  鉄道

クリックすると元のサイズで表示します      1997年10月1日新幹線が走るようになって軽井沢駅は新しい駅舎になりました。どう思います?こんな駅首都圏何処でも見られますよね。   クリックすると元のサイズで表示します
隣に保存されている旧軽井沢駅です。今は(旧)軽井沢駅舎記念館になってます。昔、信越本線に乗って軽井沢駅で降りるとこの洋風な駅舎が迎えてくれました。外へ出るとまず風が違いました。閑静な別荘地へ続く道がまっすぐ伸びてました。今は人また人、反対側の出口にはアウトレットなるものができ、人また人です。雰囲気のいい避暑地が安っぽい観光地になった気がしてがっかりです。軽井沢に限った事ではありませんが・・・。クリックすると元のサイズで表示します        駅舎記念館に入ってホームへ出ると昔の駅名票がかかってました。現在の駅名票には、『よこかわ』の文字はありません。クリックすると元のサイズで表示します 
峠のシェルパ、EF63型電気機関車です。碓氷峠の66パーミル国鉄最急勾配を登るのにこの機関車2重連で電車の後ろ側に着き軽井沢まで押し上げました。下るときは電車の前についてブレーキの役目をした碓氷峠のスペシャリストです。京都の嵯峨野観光鉄道のように観光路線でもいいから復活させてもらいたいものです。新しいものを否定するわけではないですが、古いものをどんどん切り捨てるというのもどういうものかと・・・。
6

2010/8/19

中央本線  鉄道

仕事の関係で八王子まで電車で行って来ました。行きは新宿から京王線の特急で行きました。なぜかと言えば単に安いからです。帰りは京王線だと、疲れているのに混雑する時間帯に新宿駅で右往左往しなければならないのでJR中央線で帰る事にしました。改札を通りホームに降りると今度の発車は特急ではありませんか。これは楽だと思い乗る事にしました。走りだすとさすがは特急電車早いな〜と思ってる間もなく減速、早いな〜と思うとまた減速、三鷹を過ぎてからはまるで牛歩。どこかの党の政治家先生じゃないんだから。大枚\500円也をはらってるのにな・・・。クリックすると元のサイズで表示します
とはいうもののこの時間帯(17時)中央快速線上りは一時間に20本+特急電車3本(2分36秒に1本)の混雑ぶり。特急電車といえど前に遅い電車がいれば早くは走れません。クリックすると元のサイズで表示します
なんか損した感じは否めませんが、無事新宿到着。この後の特別快速の方が所要時間は少ないみたいです。クリックすると元のサイズで表示します
隣のホームにはスーパーあずさ松本行きがとまってました。これも三鷹、立川あたりまでは牛歩なんでしょう。
1

2010/7/26

箱根登山鉄道  鉄道

宿から歩いて急な坂を下ると(強羅は急坂だらけです。)踏切がありかわいい電車が走っています。そうです箱根登山鉄道です。お昼を食べて夕食まで時間があるので一人で電車で湯本まで下りてみようと思います。                     クリックすると元のサイズで表示します
強羅駅は箱根登山鉄道の終点です。ここから箱根登山ケーブルカーと箱根ロープーウェイで早雲山、大涌谷、桃源台、芦ノ湖へ行かれます。僕は反対に山を下ります。発車して小涌谷駅の手前で早くも30Rの急カーブ、車輪を軋ませながらゆっくり曲がっていきます。この急カーブこの後何か所も出てきます。小涌谷駅を発車すると今度は80パーミル(1000mで80mの高度差がある)の急勾配です。粘着式では日本一の勾配です。ちなみにアプト式であれば大井川鉄道の90パーミルが日本一の急勾配です。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
宮ノ下駅を過ぎると線路の両側には紫陽花が咲いています。この時期箱根登山鉄道は、あじさい電車と言われ夜にはライトアップしています。            クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ上大平台信号場からは3連続スウィッチバックです。ここからは進行方向が逆になり、次の大平台駅でまた逆になります。クリックすると元のサイズで表示します
上ってくる線路と下ってくる線路がよくわかります。次の出山信号場で再度進行方向が逆になり箱根湯本駅まで下ります。クリックすると元のサイズで表示します
終点箱根湯本駅到着です。昔は小田原まで足を延ばしてましたが、今は小田急の電車が走っています。つづく。
1

2010/7/17

房総夏ダイヤ  鉄道

今はありませんが、7月3週目の土日位から8月3週目の土日位まで約1ヶ月千葉の国鉄(今はJR)が夏の海水浴ダイヤになっていました。全国各地から車輛、機関車が寄せ集められ、えっこんな車輛急行列車に使うの?って状態でした。関西・九州方面の玄関口東京駅、東北・上信越の玄関口上野駅なら、房総の玄関口は両国駅です。時刻表で夏ダイヤの頃の懐かしい列車が両国駅から発車するというので行ってきました。          クリックすると元のサイズで表示します
両国駅改札正面のシャッターが開き駅員さんの「走らないで下さい」との声を聞いてか聞かずか撮り鉄の人たちが走って行ったあとには赤絨毯が引いてありました。クリックすると元のサイズで表示します
ホームの駅名票はこんなになってました。
クリックすると元のサイズで表示します
懐かしい”快速白い砂”のヘッドマークを付けた113系近郊型電車が入線して来ました。撮り鉄の人たちがなかなかどかないので納得のいかない写真ですが・・・。7時53分定刻発車。今度は鉄分の濃い人たちが車内を行ったり来たり。外房線廻り館山行きなのですが、うざくなってきたので千葉で下車する事にしました。
クリックすると元のサイズで表示します
千葉駅発車を見送り、帰って仕事をしました。僕も鉄道好きですけど、一般のお客さんもいることですしもう少しお行儀よくしてもらいたいものです。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ