2010/12/13

溝道具  Tool Box

桧の門扉を製作、取り付けをしました。今回はその時使った道具を紹介します。ハンマークリックすると元のサイズで表示します
この機械には"仕上げミゾキリ"と書いてあります。主に敷居や鴨居の溝を切るのに使います。     クリックすると元のサイズで表示します
今回は材に段差をつけるのに使用しました。クリックすると元のサイズで表示します      小穴カッターです。丸のこ刃の様なこの刃が中心の目盛りを回していくと斜めになったりします。機械を回すと刃がぶれて動きます。今回は15mmの幅でぶれるようにセットしてあります。クリックすると元のサイズで表示します      こんな溝が切れます。刃が右左にぶれて溝を切るので溝の底は丸くなります。したがって敷居、鴨居のミゾキリには使えません。クリックすると元のサイズで表示します
鉋の仲間で脇取り鉋と言います。仕上げミゾキリで切った溝の壁の部分を仕上げるのに使います。右の壁用と左の壁用があります。クリックすると元のサイズで表示します      これも鉋の仲間で底取り鉋と言います。こちらは切った溝の底の部分を仕上げます。敷居、鴨居の溝の幅が7分(21mm)なので刃の幅は7分に出来ています。さてこの道具たちの活躍でどんな門扉が出来るでしょう。完成は次の機会に。
2

2010/11/1

刃物のメンテナンス2つづき  Tool Box

クリックすると元のサイズで表示します     前回のつづきです。鉋身(材を削る刃)を研ぎ終わると裏金(裏の刃)とのすり合わせです。写真の様に重ねた時指で押してかたかたなるようでは調整が必要です。裏金は鉋の台にはめ込んだ時鉋の用途によって、鉋身より0.3〜0.9mm引っ込ませて使用します。硬材や板目の材など削った時に逆目がおきにくい様切削角度を大きくする役目をもっています。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します      今度は鉋の台の調整です。鉋の台も用途によて調整の仕方が違います。差し金などまっすぐなものを台にあてて高いところ、低いところ、ねじれを見ます。        クリックすると元のサイズで表示します      台直し鉋と言います。もっぱら鉋の台を均すのに使います。クリックすると元のサイズで表示します      この様に使います。クリックすると元のサイズで表示します      台の高いところを均し終わりました。
クリックすると元のサイズで表示します     鉋の調子が出るまでもう少し削りながら調整します。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します    
仕上がった材は、との粉を塗り乾いた布でふき取ります。との粉の垂れたあとなど残っていると後々まで残ります。なぜとの粉を塗るかと言えば汚れ防止です。
2

2010/10/23

刃物のメンテナンス2  Tool Box

杉を鉋で仕上げる仕事です。杉自体桧や松から比べると仕上げにくいのですが、同じ杉でも白太と赤身、柾目と板目では仕上げる難易度が違います。うまく仕上げるにはやはり鉋をいい状態に造らなければなりません。クリックすると元のサイズで表示します       以前鑿(のみ)のメンテナンスを紹介した時と同じく、中砥で裏研ぎをし切れ刃を研ぎます。切れ刃と裏刃の研ぐ割合は7:3位で交互に研ぎます。
クリックすると元のサイズで表示します
切れ刃の角度は刃の材質、削る材の材質にも寄りますが、おおむね28度〜30度前後です。僕は最後に鉋刃の耳(刃先の両端のすぼまっている所)と刃先の角を30度位に砥石で3〜4回こすり面を取っておきます。こうすることで幅広の材を削る時に刃先の角でわずかな段差がつく事を防ぎます。僕オリジナルの研ぎ方です。(自分ではそう思ってる)クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します       仕上げ砥でもほぼ同じ事をします。鑿はこれで終わりですが、鉋はまだやる事があります。     つづく。
4

2010/9/15

久しぶり  Tool Box

加工(既製の建材を使うのではなく自分で寸法、デザインなど決めて造る)をする仕事が出てきたので、普段使わない様な道具を出してみました。
クリックすると元のサイズで表示します
この自動カンナ盤は普段から幅や厚み、かねをきめる(直角にする)時に重宝に使ってます。思った寸法にするのに欠かせない機械です。左側の定盤の上で曲がり、ねじれ、かねを決め右側で厚みや幅をきめます。
クリックすると元のサイズで表示します
罫引きです。正確には筋罫引き(すじけびき)と言い工作物の1面に沿って平行な線を引く道具です。前には長押など刻む時には2〜3ヶ罫引きをそれぞれの寸法に合わせ使ったものです。
クリックすると元のサイズで表示します
反り台鉋。平鉋(普通の鉋)の下端を船底形に反らした曲面鉋で工作物の表面を凹曲面に削る道具です。
クリックすると元のサイズで表示します
刳(く)り小刀です。くりこと呼んでました。主に板材の側端の曲線を削り、仕上げる道具です。決して護身用のナイフなどではなく、まして必殺仕事人の武器もなく大工の道具です。昔は戸袋の手かけを造るのに使いました。次回はこの久しぶりに使う道具たちの活躍を紹介します。
4

2010/8/5

刃物のメンテナンス  Tool Box

リフォームや修繕などで鑿(のみ)を使い既存の材を欠いたりしていると中から釘やビスなど金物が出てくる事がよくあります。材の中の事なので分かりません。金物に当たれば当然割れます。クリックすると元のサイズで表示します
こんなんなっちゃいました。少し時間が出来たので以前かけた鑿を直します。    クリックすると元のサイズで表示します     あくまでも僕のやり方です。まず平らな重量ブロックに金剛砂を撒き、水をかけ中砥こすり面を平らにします。クリックすると元のサイズで表示します
次に中砥と仕上げ砥をやはり水をかけこすり2つの砥石を同じく平らにします。クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
いよいよ鑿を研ぎます。かけがなくなるまで研ぎます。刃先がかけている時まず荒砥で
研ぎ始める人もいますが、荒砥だとすぐ砥石が減ってしまい減ったなりに刃先が丸くなったり斜めになったりするので僕は時間はかかるけど中砥から始めます。(あまりかけが大きいときはグラインダーでこすってからにしますけど)クリックすると元のサイズで表示します
かけがなくなったら、かえり刃をとるのに裏を押します。クリックすると元のサイズで表示します
そしたら表を仕上げます。仕上がったらもう1度裏を押して終わりです。      クリックすると元のサイズで表示します
きれいに直りました。鉋(かんな)も直したので次の機会に紹介します。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ