K・M・V・R・R・H 2章 あとがき  あとがき(小説)

1話

随分前に書いたのであまり覚えていませんが
すごく適当に書いたような気がします。
正直言って…あの六人書きにくいんですよ;
最後のは想像にお任せしますがこれだけは言っておこうかな?
以外と重要です

2話

前半は結構悩みましたが、後半はあっさり出来てしまった回。
前半まで書いた時に『あ…これ短くなりそうだな』と思って
ヴィンの過去(少し)と今後出す予定だったセシル君を出しました。(と言っても内容は同じ)
宣言しておく、セシル君は今後出ても1、2回程度だろう。
ディナちゃんもこの話には関係ないのでもう出ない…多分。
0




AutoPage最新お知らせ