2011/4/13  7:10 | 投稿者: 事務局

1ヶ月がたち、
また余震が繰り返されています。

現地の皆様の不安はどんなにか深いものでしょう。。。


それは東京に住む私たちにも
本当に人ごとではありません。


でも!

元気を出して、
昨日はまた荻窪の発声道場にお邪魔してきました。

今回の課題は、
少人数発声には初参加の小学生の
「ホ〜ッ」という裏声を、
どうやって「オ〜ッ」という地声のままつないでいくか、、、


モモ先生が
がっぷりよつで取り組んで下さる姿を
はたでみていました。

腰!肩!背中!首!

大人にも子どもにも、飛んでくる言葉は同じです。

そして
声は 自分で「出すもの」ではなく

プロの手によって
一生懸命、導かれるままに身体を動かした結果
自分の身体という楽器から、結果として「引き出されるもの」だと

しみじみ思いました。

自分の思っている声をすてなさい
自分のピッチをすてなさい

とはよくモモ先生から言われますが

子どもはさらに素直だと感じました。

1時間足らずのレッスンでも
どんどんかわっていきました。

恥ずかしいとか、
もっと上手くとか、

そんな感情はまったく必要なく

ただただ先生の言葉に身体で反応して、
反復し、反復し、反復し。。。

10歳足らずの子どもたちも、
そしてジュニアたちも

こうした出会いで
自分の声に、
1曲の歌にちょっぴりでも自信がもてるようになったら

本当に人生楽しくなるだろうなあと
単純にそう思いました。

そしてこの楽しさをもっと広く知ってもらうには
どうすればいいのだろうと考えました。。。









1




AutoPage最新お知らせ