2015/11/19  8:50 | 投稿者: Momoly

 智恵子さん光太郎さんの 結婚式場 上野精養軒での ディナーショーです




速報の速報 その1です
来る11月26日
上野の精養軒で ふくしまの食材を使ったフレンチの夕べがあります
そのオープンングで 18:00〜18:45
モンデンモモの智恵子抄モノドラマをお届けします
ディナータイムは 19:00〜20:45
着席でのビュッフェスタイルだそうです
プレゼントもあるようですよ

上野の精養軒は 大正3年に
智恵子さん光太郎さんが結婚式を挙げられました
与謝野晶子さん寛さんご夫妻も列席なさっています
そんなご縁の場所で歌わせていただける幸せをおもっております

今回ははじめてご一緒するクラシックのピアニストさんと
お届けします
いつもとはまた違った雰囲気も 乞うご期待!!

ほとんど満席だそうですが
10席だけ追加していただき、最後のご案内だそうです



場所  上野精養軒 桜の間


料金 前売り10000円

         当日   10800円

私に おしらせいただければ
事務局にお伝えいたします!!



下記がwebです

www.fukunoshima.jp


どうぞよろしくおねがいいたします!

 モモのふくしま大好きプロジェクト
0

2015/11/11  11:50 | 投稿者: Momoly

私の「ががいも船」は 欠航がなく、無事に運んでくれています

 スクナヒコナはガガイモのサヤにのって いろんな所に飛んでいく神様です
 今年のお誕生日は、鞆の浦で 私って何?私は何のために生まれてきたの?
 なんていう、スプリチュアルイベントに参加できました
 
 人それぞれ 何故その日に〜生まれたの?
 なんとていろんな運命を背負っていますよね
 私も、何となく解き明かしたくて
 そんなとき この日に
 こんな出逢い

 きっと、運命を左右する出逢いになる予感がして
 いっていました


 私の中でこれはなんだろう?と
 反芻できるまで
 暖めていました

 頭の中では
 モモミュージカルとしての
 稲田姫物語の台詞や演出がぐるぐるしています
 
 この時はまだ、スタッフに流れが送れていませんでした
 そのくらい作品が大きくて 神様パワーもすごくて
 吹き飛ばされそうです

 それでもこのイベントに参加しなくてはいけないと予感していました

 講師は素敵な女性 お二人
 人々の人生に関わる 使命のお二人です
 そして私はその方たちと出逢いました

 魂の、年齢の事は何となく感じていました
 まないたの 鯉
 そして深くなっとくしました

 曲として降って来るメッセージの意味も
 私がこうしていかされて来たわけも

 そして、その道は間違っていなかったなって

 「誰かが泣いていたのでは ベルは答えない」

  私は銅鐸の言いたい事はこれなのではとおもいました

  うまくしゃべれないので 歌をつくります
  その歌をきいてもらったり うたってもらったりして 
  その人の心の扉をたたいていきたい

  それは 私がこの日に生まれた意味があったんです

  講師の先生にも、その人の運命があり
  1人の方は、とても元気な魂の様です
  そしてもう1人の方は、深い魂の様で

  とても興味深かったです

  深い魂はおとなしいのではなく
  傷ついているから痛みを知ってる
  そして優しいんですよね

  前置きが長くなりすぎました
  稲田姫物語を何故つくったのか、少しづつわかってきました

 誰でも心の中に火の神を持っている!!
 
  そんな世界に逢いにいらしてね!!お待ちしています

************
  11/16(月) 19:00から モモのモノドラマの第二弾ライブを
 企画しています

 稲田姫物語です。
 今回の作品は、原作が超大作で、苦しみ抜いて仕上げました(笑)
 みなさん、よくご存知の ヤマタノオロチのお話しです。
 話せば長いのですが、出雲に呼ばれる様に伺いはじめた切っ掛けも
 「古代」でした

 古代史ファンは世の中にたくさんいらっしゃいますが、私なんか
 歴史音痴の人間でした。
 でも、始めて出雲に降りた時
 「あっ!」「雲が低い」と思った事はしっかり私の脳裏に焼き付いています

 14歳のとき、亡き弟と、山陰の旅をして
 夕方の鳥取砂丘には人生の示唆を感じました。
 ここは、地下の海!!
 出雲は、現世と来世の境の場所と言われています。
 そんな気がしたのだと思います
 
 でも、鳥取は 出雲ではない。と
 そのときは思っていました

 ところが

 加茂町で銅鐸が39個出土して
 その後、鳥取で妻木晩田遺跡がみつかり
 この土地は、出雲王国の土地であったことは
 揺るぎない事実だということが
 この20年ではっきりした事なのです

 この稲田姫物語に
 争いを治めるために 銅鐸を埋めましょう!と書いて歌った
 その年の10月(神在月)に加茂で銅鐸が出土したのです

 オロチは、鉄の民、渡来の勢力だとかきました
 
 いつの日にか、そのことを
 伝えるモノドラマにしなくては。と何どもトライしましたが
 作品が超大作で まとまりませんでした

 でも、今回、トライした鉄の民が 東北から入り
 当時温暖であった津軽平野からこしの國(今の北陸)を通り出雲に入った
 東北の アラハバキ神にオロチをまとめる事によって
 一時間少しの作品に 仕上がりました

 是非是非、
 モンデンモモの稲田姫物語を 見に聞きにおでかけ下さいませ

 銅鐸を埋めたのは誰? 悪とはなに?
 
 古代からのメッセージを神迎えの今月 感じていただけたら
 幸いです。

 ★中野駅から近い 音楽スタジオ肇さん
  持ち込み自由です

  皆様の、お好みでディナーショーにも おしゃれなバーにも
  変身です  気楽におでかけ頂けましたら幸いです。後半はフリーな楽しいライブを
  考えております。

前売り券 ご予約くださいませ!!
   080−6772−3746
(留守番にお残しください!!)
   mondenmomo@mac.com


FAX 042-316-7223




 
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2015/11/6  10:32 | 投稿者: Momoly

おかげさまで、出雲ツアーが大成功に終了いたしました。
 モノドラマ+の形ができ上がりました。

 モモミュージカルの子供たち、ラメールの子供たちは5年の年月の間にしっかり、一緒に芝居が出来るところまで
 成長してくれました
 今回の作品には、幼いころの稲田姫から成長していく過程の歌がそれぞれあります。
 スサノウも、子供のときのスサノウも今後歌も増やしていく予定です。
 今回は モモミュージカルとしての理想の形になりました

 試作的な要素も各分野ありましたが、全てがうまくいきました。
 創り上げるスタッフは、日南町の、アシスト日南。
 最後の絞り込みに大変に悩んで資料の提出が遅かったにもかかわらず
 すばらしい、イメージ映像と照明と音響をになってくださいました。
 
 クリックすると元のサイズで表示します
 舞台上に装置はない、朗読劇+芝居 舞踊 映像
 ことば。

 そして、子供たちと。

 今回は、オロチの設定を鉄の民 の新説でした
 でも、私の中では、かなり前から見えていたストーリーです
 20年まえ、この作品に 銅鐸を埋めましょう と 歌語った
 のが3月 その年の10月に 銅鐸が出土しました
 
 そのとき、もっともっと驚かなくてはいけなかぅたのに
 何だか、よくわかっていませんでした 笑

 そして2013年 もう一度、稲田姫を見返したときの
 衝撃! いつか、ちゃんとまとめなくては〜と
 おもっていましたが こんなに時間がかかりました
 
 あまりの壮大な作品になっていたのでその幹を立て直すのに
 それはそれは苦労しました

 でも、出来ました
 見えたのは3日前です
クリックすると元のサイズで表示します

 莫大な台詞の量でしたが
 神様が微笑んでくださいました

 久しぶりの 悪役
 成長した なるみくんとの掛け合いは最高にたのしかったです

 私は、普段子供たちと作品を創るとき
 みんなを子供だとはおもっていません

 わたしより、成長した魂をみることもしばしばです
 特に今私の周りにいてくれる子供たちは
 そうとう魂年齢が高いようです

 これからも、このモノドラマ+の形で モモミュージカル上演していきます
 是非是非、モモ作品にピンきた 子供たちヤングたち お力をくださいね

 クリックすると元のサイズで表示します

 そして次の日は、奥出雲八重垣 ご当地の 三所の神楽殿で
 上演させていただきました

 当初から
 神楽とのコラボ
 を想い描いておりました
 今回試演の意味合いも多かったのですが
 こちらも、アシスト日南のすばらしいサポートを頂き
 大成功しました

 モノドラマ+の可能性をみていただけた気がします
 みんな本当にありがとうございます!私自身、カラダを鍛えて心を鍛えてがんばります!
 奥出雲のまちなかコンサートにいれていただいてありがとうございました!!

 オロチやお面を飾ってくださって、ほんとうにぴったりの場所だったね〜といっていただきました
クリックすると元のサイズで表示します


 来る 11/16 夜19:00 中野駅から 徒歩3分
 ライブスペース肇にて  モモドラマ 稲田姫物語 上演です!!
 そのお話しは また今夜 立ち上げます!!!

 東京の方々是非是非 神在月 に!! 心は出雲へ!!!!
1




AutoPage最新お知らせ