2020/1/11  22:01 | 投稿者: momoly

明日 14:00 月の沙漠記念館において 特別企画にて歌わせていただきます
『童謡 月の沙漠と回顧展』 大正ロマンと御宿海岸の光景を写真で〜展です

昨年の6月にはじめておとづれた御宿
いつか。。と思っておりました

今までに何度もお伝えしていますが私は14歳の時、この 月の沙漠をイメージする忘れられない思い出があります
父の実家は広島の福山です。そこから10歳の弟と私は子供だけで山口から山陰旅行をして福井まで旅をしたのです。
私がはじめて山陰と出逢った瞬間です。

夕方鳥取砂丘に着いた私と弟。
何も考えずに登った砂山。登りきった私たちの目の前に開ける 海!!
言葉を失うほどの 美しい海。低い雲

私の中の地下の海、神々の棲む海。

のちに出逢う、古代出雲を示唆しています

そして私は実際山陰に通い出すまでこの想いでを友人に語り続けていたのです。
大学を卒業してすぐ、銀巴里で歌う私に鳥取県倉吉市の方が声をかけてくださり 毎月倉吉に通う生活が始まったのが山陰生活の始まりです そのあと島根のイベントで作品を作り歌うお仕事があり、鳥取と島根に毎月通う生活が今まで続いているのです

これが私の『砂の路』

14歳に私が出逢った 砂丘 広い砂漠をとぼとぼと、、、あの時の 二人はどこへ行くのでしょう。。。
そして ここ数年前、その砂丘にに関するすごい事実を知ってから やはり この砂丘は 沢山の涙を包み込んでいることを確信しました

そして昨年、おとづれた藤枝で この月の沙漠の詩人が藤枝の出身と知り 東海道の道 藤枝物語が生まれたのです
その副題だったものから 今回の

『それは月の沙漠にはじまった』

ができて行きました
また 藤枝物語として どんどん歩んでいきます

このラクダがモニュメントになっている 御宿 月の沙漠記念館

やはりすごいロケーションです!!

明日14:00から。。。御宿で知ったまた新たな歴史。
東海道で藤枝とまた繋がり、それは スペインポルトガル メキシコとつながって行くのです

そしてわたしのルーツになって行く 古代と 瀬織津姫で またつながって行くのです

きっとこれからまた わたしの砂の路は限りなく 何かを教えてくれるでしょう

>クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/5  12:26 | 投稿者: momoly


 それは月の砂漠にはじまった〜

   このタイトル通りの歌物語。
   14歳の鳥取砂丘。。。。
   
   その砂の山は、私の道を示してる
   そこから生まれる歌たち

      ルシェールブルー   そして 浜坂の〜
      そして 今回 

    今回も、導かれるように作品になっている
    これは続編へ

    12日御宿 月の砂漠記念館にて14:00からコンサート
 
   御宿はドンロドリゴを救出するすごい歴史を持っている
   この出来事は、是非是非世の中につたえたいなああ

   今着手したばかり。天正少年使節団とも必ず!!

    そんな思いの第一歩の作品!

    今回も蓮の花が何かをつたえてくれるクリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/4  11:43 | 投稿者: momoly

 お正月は結構好きかもしれない!!

  世の中が本当にゆったりしてくれるから。

  そしてよく昔からMac館行ったなああ。
  昨日もたっぷり時間をとって覚悟をしてMACの元へと出かけて行ったのである

  2012のモデル、、いやいやそれ以前のMacBook Proを使っていたけれどそろそろストレージパンパン。
  かといって、何を捨てていいや〜というわけでもないので

  カスタマイズ用にエアーを購入。。。きゃあああああ〜散財

  でも心に決めているのである。
  今回は、整頓のための前向き必要な投資である!!
  曲を整頓し、全て見える化 聞ける化して M-thacで展開するためにどうしても一台をゴチャゴチャしているのでは
  ニッチもさっちもいかないのである

  引き金は、フィナーレがおかしい!
  おいおい!そこでクラッシュはないでしょ!!

  声楽科を卒業した、なんちゃって作曲家にとってMacなしの人生など、仕事にはならんのだ!笑
  耳で聴きながら、空想の翼を広げられrからこそ、わけのわからんジャンルが生まれますです

  なんて冗談はさておき

  Mac銀座館立ち上げ当時近辺から通っていた私
  なんと昨日の担当者が、その当時の方で、
  クラシックスのモデルの話からできた。サッドマックを見たことがある人もほとんどいないだろうなあああ〜

  私のマックを見せると、『おおおおお!!』とお声をいただき
  何がどうした!を説明すると、早速検討が始まった

  このストレージ、全部持ち歩きます?

  いやいや持ち歩きませぬ!
  ほとんど無駄!

  ということでカスタマイズシャンパンピンクをゲット!!

  途中、ガレージバンドの入門講座も垣間見て
  あれえええ〜今はこんな感じかああ!
  私は、歌入れとmp3変換にだけ使っておりまする〜って感じ
  確かに、ドンカマ的にループしておけば それはそれで 『曲??』って感じ
  すごいもんです

  フィナーレ、ヴァージョンアップ無理かなああ?と懸念していたところだったから
  第一次関門通過

  最新版26になりました。。2014とか年号だったのに、26ってどこからきたのかなあ?

  流石にマックに5時間いるとヘトヘト!!
  最寄えきの、マックでアップルパイで待ち合わせ待ち 笑 200円也 安すぎる〜

  そんなお正月の三日目。

  エアードロップで、コツコツデーター移行、管理。
  本当はこういうコツコツめちゃ好み!!

  今年は、録音するから頑張らねば

  私の音響家さんに習わねばね!!

  今日から、お仕事だ
  その前に1月4日は カラダオープン
  ホットヨガ ハタヨガに行きまする
  
  今年はいよいよ、カラダダンスの方も本格始動 
  ソング&ダンスもまとめていきますです

  では今日も始まり!!
1

2020/1/3  10:30 | 投稿者: momoly

しばらく ブログをお休みしていました
 忙しく、周りを整えで次の準備をしていました

  昔から作品を作るときは、まず身の回りの大かたずけ!笑
  今回は、これから大作業にはいるので3年間くらい大騒ぎ!!

  特に、考えて行動はしていないのですが。
  それでも、日常のお知らせはマメにしていましたが、全て フェイスブックにお任せ!
  そんなわけでブログはお休みでした


 あけましておめでとうございます 

   皆様のご多幸をお祈りいたします
 
     なんて穏やかなお正月でしょうか?
     昨年も本当にお世話になりました
 
   6回目の松江八重垣神社の大祓神事の奉納演奏を終えて、除夜の鐘をきいてお蕎麦をいただいて
   氏神様に新年のご挨拶をして
   初日の出を拝みながら 午前中の飛行機で東京に戻る

   この新年の迎え方も三回目です

 やっぱり、ブログだと少しゆっくり自分の想いを伝えられますね
  いままで コアな知り合いは、ブログをじっくり読んでいてくれました

   またその日々に戻っていけると思います

  今は天国に行かれましたが、
  母の義理のお姉さんがお食事にさそってくださいました
   いつぞやの 10月だったかな?

  そこで、手相を見ていただくことがあり
  わたしの手相をみるなり

 『あらあら!!大変!大変でしょ?』って

 わたしが、何屋かお分かりになったようです。
 いろんな物事が嵐のようにやってきて、また自分もして
 ということでした、本当にその通りですよね〜
 人も物事もすごい

 『でもね!⚫️⚫️才には 全てわかってもらえて大ブレイクよ!』って

 わたしは、太く短く しか無理〜と自分の活動をおもっていたので
 『ええええ!そこまで生きますか?』
   とかきいちゃいましたが

 『もちろん!それまで大変だけど、全く大丈夫!』って

 まっ! いいことだから信じましょ!と 今日にいたっています

 その日、こういう出来事に導いてくださった おばさまに深く深く感謝をした次第です

 去年まで、出逢ってきた方々、出逢ってきた場所、一つ一つお目にかかり関わって整えておりました
 少し時間がかかりました。

 2019年12月31日八重垣神社 年越大祓神事 奉納演奏をさせていただき 
 ひとつ 幕がおりました
 神様がお教えくださったきがいたします
 それは歌になり またお客様になって

 『神輪唄』
  これがわたしの表現したいことです
  人は生かされてる そして ひとは神様と共にいきて行く
 
  時に この人 なんでそんなこというのかなあああ?なんておもったり、泣きそうになったりしたとき
  しばらくすると、神様が路をしめてしてくださうようなきがしています

  そう!歌になって教えてくださるのですね
  それが、我が日本國の文化なきがしています

  風で教えてくれる、雨で教えてくれる

  そこで、わたしたちは 『この道でいいでしょうか?』と尋ね
  道を進む

  今年からは、ゆっくりじっくり進めます
  たくさん 作品を作ります 
  そして今までの作品を 形にして世の中の問うてみます
  
  それも、新MOMO projectでパフォーマンスと制作をして
  ミュージカル作品は 
 『MOMO thiatrical human arts Company』モモシアトリカルヒューマンアーツカンパニーで上演していく 
  形に集約できたからです

  どんな方たちと、どんな場所で どのように発信していくか見えないうちは
  ただただ作品を作り 勉強できることをして

  「あの人 ただ走り続けていているだけね?」と見えたでしょうが〜笑
      確かに〜 ははは。

  そんななかで、ひとがいきてるって何?とか
  死に憧れる ドイツの思想とか いろんなことを体験させていただいたり
  結構どれもこれも、面白かったです

  でも、すべて、この星での人生も決まっていて お任せ!!

  素敵な仲間がやってくれば、あとはシュッパツできます!!

   きっと同じような方々とも、手をつなぎあう時期にきたきがします

    椿の花は そんなことをおしえてくれました

  新年のつれづれ。。。

  今年から いよいよ おつきあいくださいませ!どうぞよろしくおねがいいたします
 
  


 

 
0

2018/9/15  14:03 | 投稿者: モンデンモモ

『Luna Parc』秋待ちライゔ  から少し月日が過ぎました
  まっていた秋も ものすごいスピードでやってきました


 稲田姫物語を創って かなり年月がたちました
  出雲神話のことをほとんど知らない私が メロディーが降ってくるままに創っていった作品です
  いろいろなヴァージョンで上演しているので 造りたしていった楽曲は多分 50近いはずです
  (整頓仕切れていません)時に三時間を超えるミュージカル上演になっています

 
   いつか 出雲神楽とコラボ上演をすることをこころで決めていました
   伝統芸能に着手することなどなかなか許されることではありません
   無知なわたしでもわかります

 でもご縁をたくさんいただき
 この日の上演にたどり着くことができました

 モンデンモモの楽曲を 唄い手として 東京 出雲 ウィーンを拠点に文化発信していく
 そんな、歌い出しからの構想をいよいよ現実化していく
 『新MOMO-project」を立ち上げる大切なコンサートです

   出雲から世界へ  まず第一歩は『稲田姫物語』です

   奥出雲神代神楽社中の皆様が 駆けつけてくださり
   この奇跡は現実となりました

   前日のリハーサル 当日のリハーサルだけで本番を迎えられたこと
   まさに神様のお力でしかありません


  出演は、UTA そのものである わたしモンデンモモ
  そして ひと である 舞の増田真也
   わたしは言葉とメロディーで人々の脳裏にあらゆるものでありえます
   そして ひとは 太古の昔からいまにつながる 連綿とした 『ひとの歴史』です

 舞台に、四方舞をしてこの舞台を神に届けるスサノオがあらわれます
   クリックすると元のサイズで表示します

UTAであるわたしが、神とひとをつなぎ この 物語を唄い語り始めます
  国生みの歌

   全編をつなぐこのメロディーは、1995年の夏に舞い降りたテーマ
   その後いろんな場面を運んできます クリックすると元のサイズで表示します

   そして神は、ひとに この世に 『愛』を授けるようにと伝え去っていきます
クリックすると元のサイズで表示します

  そして 出雲こそ!『国のまほろば』なのだと
  この国ひいて造った神々 そして 人々に愛と勇気の象徴である『稲田姫』があらわれますクリックすると元のサイズで表示します

 ひとは、太古の昔から 命と共に 鐡を創り続けてきました
  奥出雲八重垣の歌と共に そのなひとが鐡を造り舞いますクリックすると元のサイズで表示します

 遠きバビロン王国より鐡の民が渡来し 人々の命を奪った
 戦いの耐えない人々の涙
 人々の本当の『愛』は全てを癒す涙となる
 黎明は夜が生み出す が流れ 
 人々の悲しみをオロチが取り巻くクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

そして圧巻のオロチ退治のシーンとなり
オロチの頭とともに 平和の口上クリックすると元のサイズで表示します src="/momoiku/timg/middle_1536990049.jpg" border="0">

涙とともに訪れた平和『涙のブルーバード』『あなたのために鐘はなりひびく』そして
 国譲りの舞
『古代への旅』で
ひとが 埋められた銅鐸を取り出し 肩越しの稲穂を歌う歌です

 平和のために『銅鐸』を埋めましょうと 稲田姫に語ってもらった 稲田姫初演
 その年の 神在月に 銅鐸はこの世に再び現れたのでした

    なぜ!出雲か

  東京生まれのわたくしには ほんとに不思議なことばかり

  でも、歌が教えてくれています

 出雲から そしてウィーンに!
 歌を始めた時に

 いつかウィーンで歌うんだよ!
 
 これも、歌の先生が高校生のわたしにおっしゃった
 言葉です

 今年もすごい 夏でした
1




AutoPage最新お知らせ