2011/8/18  8:30 | 投稿者: momoly


 大学四年生のときを思い出しました。

  ああああ!こんな曲があるなんて!!なんだかきれいだな。え!!メロディーが流れる。

   これが 私のシャンソンとの出逢いでした



    私の師匠の 畑中良輔先生はものすごい博学。
    百科事典的知識も持ち主。
    4年生の私は ドイツ歌曲に凝って WOLF BERG  調性から逸脱していく
    方向性に進んでいきました

    もともと ソルフェージュ能力は にわか仕立ての私でしたが
    なぜかこれらの作曲家の求めるメロディーにはついていけました


    でもそんなとき

    シャンソンとの出逢い そうそう カンツォーネとも

    自分で譜面を開き あ!この曲いいなあああ〜って

    昨日は光君のレッスン。

    もう5年になるんだね。いがいとこつこつ〜
    意外なんていっては申し訳ないけれど
    始めはそんな男の子にはみえなかった。

    いつまでやるおかな?とおもっていると
    このごろは歌に一生懸命
    昨日は コンコーネの伴奏をいれてあげると
   
    「いい曲ですね 散歩をしたくなります」

    「ん!?」

    そして試してみた カンツォーネの名曲のレッスン

    あれえええ すごく気にいってる

    ここにも 古風な感性の若者がいる。。

    歌の仲間になっていくのかな?

    不思議な現象がはじまっていくようだ。。。うん。

    
1




AutoPage最新お知らせ