2018/8/15  4:09 | 投稿者: モンデンモモ

ウィーンの夏の夜がようやくくれて行く
風は爽やかに バッハの音色を彩る
iPhoneから流れる音が心地よいのは 今だから
ここではモーツァルト三昧にすべきかもしれない

『日常 』

これこそ一番愛する言葉

久々の安らぎがわたしを包む

クリムトの絵の前に立ち
世の中を騒がせたこの人の言葉も作品もいまや日常なのだと
そうそうと頷きながら
わたしの脳裏はクリックすると元のサイズで表示します

ロバのしっぽでなにがいけないのか

ふっと笑いがこみ上げる

選ぶ

自分の時間をえらぶ
人生を 命を

なんだか心地よい

ふと気がつくとはっきり歩みだした

クリックすると元のサイズで表示します
2

2014/11/25  0:25 | 投稿者: Momoly


 10日間の、島根鳥取ウィーク 頑張りました
 ライブも含め いろ〜んなお仕事を無事終了
 使う楽譜も台本も資料も多いので 海外用のスーツケースで運んでしまいました

 オーヴァーバッゲージになるぞおと、持ち込みちびスーツケースに本を入れまくったのですが
 やっぱり少しオーヴァー。
 宅配で送る分だと、あきらめました〜笑

 というのも、今回の帰路は いつもの飛行機ではなかったので
 荷物の重量プレゼントがなかった〜〜
 でもでも、遅くまでお稽古して最終便に乗れたのは
 ラッキーです

   帰ると、今回のパリの主催者の
   旅の紀行文が届いていました
   パリ!ほんとよかったなあああ

   私の、心と脳裏の扉をあけてくれたパリ!

   ロダン美術館で見た ゴッホの自画像
クリックすると元のサイズで表示します

 きっと、遊び気分で書いて、ロダンと作品の物々交換をしたにちがいない!

  これほど、ジャポニズム!!

  私は、多分 ゴッホが本当に好き

  生き様の絵がほんとにすき

  オランダで見たゴッホ美術館は ほんとすごかった
  
  いろんな人たちが、一人の人として
  私の中で動き出してる

  私も動いてる

  今 二本の自分の作品がお稽古されてる
  それも、何回も上演されてる作品
  私は小さい小さい自分だけれど
  時代の波に洗われて 作品のメッセージが届いてくれたらうれしいな

  私が、作品を託して つないでほしい 小さな紳士が今日も来てくれた

  3つにならないその紳士は 今日演じてくれたみんなの
  何かを必ず観てる 見てる

  敬愛する高村光太郎さんが冬が好き
  小さな紳士も 冬に向かうんだよね


  私も 厳しい冬 好きです
  大変だけれど 大変な方がいいです
  人生を一杯楽しむには 楽より大変がいいです

  それは それこそ パリです

  パリは 大変です コンビニエンスじゃああない
  でも、大変なことには喜びがまってる

  ふふふ

  お話したいこといっぱーい
  あるようなきがするんですけれど
  やっぱり直接お伝えしたいな

  と

  このごろおもいます
  
  同じ空気を吸いながら
  お稽古したり
  ライブしたり


  そこで
  私が何を考えているか
  何を感じているか
  お伝えしたいな


  だから 
  是非


   逢いに来てください

   私が思う ゴッホに
   レオナルドダビンチに
   ミヒャエル エンデに

   そして モンデンモモに


  
5

2014/11/16  8:46 | 投稿者: Momoly

 今回のパリツアーの仲間のご紹介!!

   今回は、高村光太郎さんの関係者
    智恵子のまち夢くらぶの10周年の記念の旅でした。
    旅行会社の方々も驚くようなプランでした

   私は、智恵子抄を歌う活動の中でこう言われた事があるんです。
   智恵子さんの生誕の土地で歌ってはどうですか? と
   ご提案頂いたのが 福島放送の方
   そのかたは、長年の私のお弟子さんの旦那様です
   その、すてきな提案で智恵子さんの街にうかがい
   この夢くらぶの方々にお目にかかれました

   それが、9年まえ。夢くらぶが生まれてすぐだったんですね

   そして今回のパリが実現しました


   いままで夢くらぶの企画無さる国内の旅に何度か参加させていただきました
   その都度、その熱い思いで準備された旅に大満足

   だから今回もとにかくお任せでご一緒させていただいたんです
   そのときに、この長年のお弟子さんに

   絶対すごいたびになるから行きませんか?
   とお誘いして

   そしてもうひとり、私の島根活動の最初からずっ〜〜と一緒に
   みててくださっている、すごーい方にも
   レッスンの時にひとことおさそいしちゃいました

   きっとおもしろいですよ、行かれませんか?

   という訳で、夢くらぶ+このトリオが誕生

  パリ初日の ノートルダム前
  この日は、ものすごく寒かったんです
  
  クリックすると元のサイズで表示します

  高村光太郎さんが、毎日の様に、通われたこのノートルダム
  乙女の像の秘密が或る気がしてなりませんよね

  この日が私のお誕生日でした

  このパリの旅がきっと私の大事なポイントになる予感がしてならないんです
  それが何か?

  時間がひも解いてくれるはずです


  そして、日本へ帰る日
  想いもかけず、みんなで散策が出来たんです
  たくさんあるいて、すばらしい時間になりました
  オペラ座の通りで

  ほら!!パリミキさんのお店の前です
  あいにく日曜日でお店に入れませんでした
  でも記念撮影。
  今年パリ出店40周年記念だそうです
  同じトリオで 記念撮影!!クリックすると元のサイズで表示します

 このトリオで、買い物ツアーにもいったんですよ。ふふふ、珍道中??

 ほんとすてきな旅でした!!
1

2014/11/14  15:21 | 投稿者: Momoly


今回のパリは、私の深いところにいろいろ響いている様です
 歴史が重いという事は、歴代沢山の人がかかわっているので
 メッセージがすごくて
 あとからあとから何かが聞こえてくるような気がします。

 こうして出雲の土地に身をおいて、やっと 火照った心が冷やされます
 特に今は 本当の神在月。 神様が、全国からあつまられています
  ギリシャ神話の神もおいでのような〜笑

  パリの印象を、少しづつ人にお話ししてますが
  
  一言で言えば ピギャールというシャンソンそのものです。
   ギャングが一杯。

  そこで、怨み節には絶対ならないのが フランス人
  おしゃれ=クールというべきでしょうか?

  メトロの中はきけんきけん!
  でも、自己責任ですからだれも助けない。

  むかしよりずっとそこは危険度アップです。

  でもなんだか 私はよ〜く何かがわかった気がしました。

  そして、本当に楽しいのは 人との脳を使ってコミュニケーションする事だと
  知っている人たち。
  理屈のための理屈ではなく 言葉の芸術を交換してる

  でもそれって、フランス人だからではない
  フランス人にはそのパーセントがおおいって事かな?

  パリは、古い物の方が価値があり
  また、古いものを壊せないきまりがある

  だから、不便

  生鮮食料品は、マルシェで買う
  しかし週に2回しかやってない
  
  それじゃああ不便

  でもだあれも不便っておもってない

  違う曜日に違うとこでマルシェしてるよ〜って

  アパルトマンはエレベーターなし クーラー無し
  でも、誰も疑問を感じない

  そういう物だから

  冬は寒い寒い。でも、だから
  心がほっとにすごそう!としてる
  
  我々の、極寒の時期のミュージカル創りににてるじゃああないかああ!!
  そうそう、山陰はヨーロッパって昔からおもって創ってた笑

  だから、どこがどうとか
  そういうのじゃなくて
  文化を残して行く
  その努力が 人間に大切なんだなって
  
  パリにどれだけ どろぼうさんがいても
  心の中まで盗めない
  パリに私は、ノートルダムを見上げた
  高村光太郎さんの心をもっていった
  智恵子さんにも見せてあげなきゃ〜って
  智恵子さん、ジャポニズムで 有名人になったかもしれないのに。
  セザンヌもゴーギャンも本物をみせてあげたらよかったのに〜なんて

  でもそんなお話も100年まえ
  たった100年まえ
  エッフェル塔は100年まえの水圧式エレベーターに毎日あんなに沢山人をのっけてる

  だからせめて、歴史の中 小さい小さい私達
  その小さな歴史のなか どんどん変えてしまうのはよくないじゃん
  自分史のなかの作品を深めて行こう
  深めてく物があるんだって

  そんなことすごく感じました

  その歴史を見て来てくれてる人たちがいる
  創って来た人たちがいる
  くりかえすぞー!!って
  そんな勇気をよびさましてくれたパリです

 
クリックすると元のサイズで表示します

 こわーい
 メトロでたどり着いたモンマルトルの丘
 メゾンデゥローズ ピンクの館 というレストラン
 二階にユトリロ家族が下宿していたそうです

 あれええ=これ 日南町の アメダス茶屋にそっくり(あっ!逆だ!)笑
 
1

2014/11/5  22:46 | 投稿者: Momoly

 素敵なパリの時間を満喫しました。

  一つ一つの物事をしっかり脳裏に定着させてくて
  目をぱりくりあけてみてきました。感じてきました

  そこで感じた事は  人  でした。


   いろんな意味で。

   やっと図書館からお借りしている
   分厚い資料が読めます


   実際観て それから、知識を入れて行く
   
    フランスは、とってもとっても 敷居が高かった
    昔から何ども訪ねているけれど
    今回始めて にっこりしてもらった気がします。

     はじめて大学を出てすぐいったとき
     足の裏が石畳でいたくなりました
     そのときは、英語を使うひとはほとんどいなかったなあ〜

     なあんて!

     パリの友人とサンジェルマンデプレにでかけたなああ〜とか
     
    でも今回は、はじめのいっぽからしっかりやり直しました
    これからです、お勉強

    クリックすると元のサイズで表示します

    サンジェルマンデプレの教会は こんなにこんなにすごかった。

    またゆっくりご報告します。

    私のなかで、垣根がなくなった今回のフランス
    

     人としてのフランスを、しっかり感じて日々過ごして行きます

     また山ほど 本を借りてきました
     
     エンシェントラブの秘密が見えてきました
     高村光太郎さんも、荻原守衛さんも、あああ。こうだったんだと
     
     母がなくなって丸7年 外国へは冬眠していました

     でも、今回、私にはこれがある!って
     確認できました

     またこつこつがんばります!!
     作品を私ももっとつくるぞ!
     クリックすると元のサイズで表示します
3




AutoPage最新お知らせ