2016/2/3  11:39 | 投稿者: モンデンモモ

 大好きなお部屋 中野の『肇』
 どこかのお部屋で歌うサロンが 私は一番好きなんです
 ホールももちろん好きです
 のびのびできます
 でも、シューベルトがそうであったように
 サティーがそうであったように
 調整された心地よいピアノがあり
 そこに、同じ波動を持つすてきなお客様がいらして
 そこでの モノドラマ3回目です

 人間が好きだという、洋画家鴨居玲
 私は、そんな人間から、歌を作るのが好きなんです

 でも、時に難しくてなかなか表現しきれない。
 だいたいそうです
 でも、つくっておいてよかった
 だんだん、歌えるようになってきました
 鴨居さんが自ら命を絶つ年にも近くなってきて
 なぜ、鴨居さんがそうしたの話せるようになってきました笑

 とにかく、すてきなご本人で
 ピアノを弾いてくれるドルチェさんは
 『いいおとこ』だから、この画家のことすきなんだ〜っていいますが
 結果的にそうですね〜
 最初は1982私 という絵にわああああっておもって
 速攻、NHKに問い合わせしたんですけれど
 その後北陸放送にもいきました
 
 そこで後から、めっちゃすてきなひとなんだ〜と
 知ったわけです
 鴨居さんと、カメラマン富山さんのお話をきき
 ご本人にも逢い
 すごいことだとだったんです

 でも、今回の曲たちをつくったあと
 母がなくなり
 未消化のまま時がすぎていきました

 鴨居さんはエディットピアフがすきで
 (同時代にリアルタイムで歩まれている)
 1915生まれのピアフ 1928年生まれの 鴨居玲 昭和3年 父と同じです。
 自分の生き方なんか、まだまだだ、と言い切っています

 『しかし』

  この人はどうだったんだろう〜と
  思う時

  自分の人生全部を 『魅せた。見せた』ひとなんだと
  わかってきたんですよ
  何をやっても様になりますしね

  なんて話を、今回のライブのあと、仲良したちと
  フレンチ屋さんではなしました。
  話題は、鴨居玲一色
  鴨居さんよろこんでるね

 『どお!おれって かっこいい!』ってね
 いやああ、かっこいいです

 そんなナルシストが決まる芸術家
 死ぬともカッコよくなんだね〜って

 当日のパンフおもて面だけクリックすると元のサイズで表示します

 私は 昔から この表現方法をとってきたんです

 モノドラマ

 でもね、もっともむずかしい方法だったんですよ
 このごろです
 この形すごくすきですって言ってもらえて

 よく私お返事で

「それは嬉しいです いきててよかった」とお答えするのですが
 それって本心です
 だってこれこそ
 私の『作品』なんです


 さあ!次は 『与謝野晶子物語』
 2015年に着手したものです


 私がなぜ『山陰』なのか
 それは一体なぜなのか

 日々とともに紐解かれてきました
 スターウォーズではありませんが
 逆算なんです
 まず作品が、まず、物事があり
 それの意味づけはあとなんです


 私の14歳 それは『砂丘』でした
 鳥取砂丘

 それは 地下の海です
 わたしの、過去の記憶で
 だから、ミロのヴィ=ナスもニケもわたしを呼ぶんです

 そこから鳥取と島根と
 そしてそれは『奥出雲』となり
 鐡です。奥比田 それは
 やはり福山でした
 その港の潮待ちです

 そして、その奥出雲は
 与謝野晶子さんに出逢わせ
 晶子さんの魂が 有島武郎さんとの出逢いをよび

 わたしが『なぜ』与謝野晶子さんに惹かれるか
 それは有島さんであり 『沙丘』なのだと
 沙。。。なのだと


 その、ドラマです

  そしてそれは 松本清張さんだし
   金屋子さんだし
     そして黒い霧 松川事件なんです

 あれええ〜モモ語 飛びすぎて わっかんなあああーい   ですよね!笑

 よく言われるんですよ 例えば 「この『ありがとう』ってわっかんなああい」ってね

  でも、『ありがとう』なんですよ、それはね!
  とか

 まっ!一つ一つ お花咲かせてますから
 5月8日 与謝野晶子物語 ぜひおでかけくださいませ

  夜の部のご希望があり
  15:00の部と 18:30の部を多分します?どこかにお出かけのかた
  帰ってきてね笑

 クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/8/17  20:38 | 投稿者: Momoly

今年の夏のツアーは
 実際は 7月20日の 絲原家でのコンサートから始まっています。
 SONG BUNGEI いよいよ本格的に動き出しています
 その一弾は、与謝野晶子物語でした。
 事の発端は、晶子さん寛さんの 山陰吟遊 85周年記念
 そのお仕事をくださった、絲原家の常務さん。 安博さんは、そのお仕事の一週間前
 天国へ旅立たれてしまいました。
 でも、私は常務がくださったすごい宝ものを絶対に忘れません。
 そして、教えてくださった道を絶対形にしていきたいです。

 今年は 毎年お弟子さんとしているサマーフェスティバル
 市川と府中がありました
 市川の方は、モンデンモモの智恵子抄を人にも歌っていただく企画
 私は 昔から男性の方で歌っていただけたらすてきだなとおもっていました。
 普段はアズナブールを原語で歌われる方に あどけない話をうたっていただきました
 そのかたによく私は、フランスでは当たり前に行われる文藝作品のシャンソンを
 日本の文藝でしたいとはなしていました。
 クラシックの歌曲ではなく、言葉を伝えるシャンソンで。
 そのオリジナルを創ってうたう。
 それはどこの国の言葉でも同じなのです。
 または、フランスの詩の朗読だったりもするんです。
 また、普段朗読をなさっている、男性にも智恵子抄の詩を朗読していただき
 その詩を、私のオリジナルソングとしてきいていただきました。
 他の女声でも数曲歌っていただきました
 
 そして今年は、モンデンモモの智恵子抄の10周年記念で
 リニューアル新作も加えたCDを 母の絵のジャケットでシリーズ化第一弾として
 リリースできました
 モンデンモモの智恵子抄はこれです!と
 お伝えしています

 そして今年は 与謝野晶子さん物語をまとめる事で
 また新たに、智恵子さんのこともかんがえる事ができる様になりました
 
 又それは与謝野晶子さんの人間としてのグローバルさが皆様に強くアッピールできる事ともなりました。
 とにかく、晶子さん ほんとうにすごい芸術家です。

 また。夏のもう一つのサマーフェスティバルでは
 たまたま、スイスから日本に帰国しているコンテンポラリーダンサー
 首藤泉さんとの 与謝野晶子でのコラボが実現いたしました
 かわいいママでもあるこの方とのコラボは
 私の身体をすっと突き抜けて その瞳の中にはいれるような
 ふかいふかいところでのコラボになりました
 なんだろう?この、全く説明のいらない、一体感は〜って
 なんと 泉さんの お父様が、出版社をなさっていて 編集をなさっていました
 それも  与謝野晶子さん 平塚らいてふさんのご本を!!!  DNAの呼応だったんですね〜

  それは、来年 スイスでの そして日本で再び実現できるであろう
  私達の「ジャパン」それは絶対にやりたいこと!

  きっと実現します!

 
 クリックすると元のサイズで表示します

 
 そして、東京を離れ
  出版社の編集長だった 父の実家 福山の 鞆の浦
  始めて訪れた時から ここだ!と実感した
  楼閣あとの ありそ楼
  そこでの 与謝野晶子&智恵子抄が実現しましたクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
 ありそ楼は絶対に ドラマが見えます 素敵なオーナー直子さんのお蔭ですごい企画となりました
 これからのテーマ 木のかおりの 生のサウンドで。今日の光で 生の声でそのままおとどけしたいとすごくおもうこのごろです。その場所のパワーとともに!!すぐそのことに、感想をくださったある大学のプロフェッサーもいて、嬉しかったですクリックすると元のサイズで表示します

 そして今日、福山から砂丘へ。 
 これは14歳の私が、子供たちだけで旅をした
 山陰との出逢い
 そして私のすべてです

 もしかしたら、それを計画した母は
 この日のことがわかっていたんだと、日々確信する私ですクリックすると元のサイズで表示します

今回7月の絲原家での、与謝野晶子物語のDVDを創るため仁
 おふたりの山陰吟行の足跡をあるきたい!

 砂丘の向こうの海を 私は 地下の海〜と私は感じましたが、晶子さんは 鈍色の空といっていますクリックすると元のサイズで表示します

 こんな機会にちからを貸してくださる、ミュージカル制作仲間でもあるアシストさん私の夢を一つ一つ形にしてくれますクリックすると元のサイズで表示します
2

2015/7/21  11:27 | 投稿者: Momoly

 与謝野晶子さんが 寛さんといた
 そのお部屋で
 与謝野晶子物語を詠い語らせていただきました。
 梅雨明けをした 夏の午後
 遠くらは 蛙の声ではなく 蝉の声がしていました。

 たたらの名家 絲原家
 思い返せば 二年ほど前
 神話やたたらの作品をもっと書きたい
 古代の人々の息吹を感じたい!と
 奥出雲に拠点をつくらせていただいたとき
 この絲原家にご挨拶にうかがいました
 豪快な常務さん 安博さんにお目にかかったのはそのときがはじめてでした
 それから、何度かおめにかかり
 与謝野さんたち沢山うたつくってるよ〜それを歌っていきゃいい
 同じ文字数だから同じメロディーでいいんじゃないのおお!!あっはっは!!と
 いわれて 私は目がくるくるしました
 でもそのとき常務は大切な事をおっしゃっていたのです
 砂丘ーーねっ!って

 私の、脳裏の中にはいつも
 砂 と地下の海があります
 
 そのキーワードが 今回こんなにも私を導くなんて!

   金屋子様の資料袋に 与謝野晶子さん関連は入っていました
  
   〜私はテーマごとに 袋を分けて  自分への宿題の山がいつも沢山あります 笑 〜

 図書館にまずいき  与謝野晶子さんを調べたいです
 まだ、知識ゼロなので〜とご相談し始め

  私のキャリーバックは 本だらけ〜重い〜〜


   高村光太郎の研究をなさっている小山さんにも 名古屋の大島先生にも
   いろいろうかがい まず 光太郎さん智恵子さんとの接点から
   私の脳内の時間軸を創っていきました
   それまでは知識が並行してしまい
   なかなか脳の中に納まりません

   平塚らいてふさんや 生田長江さんも すこし並びはじめていましたがまだまだです
   大杉栄さんたちもこのごろ参加し始めました

   そんななか、やはり光太郎智恵子さんです
   
   するとするすると紐が溶け始め
   晶子さんの告別式に光太郎さんが 告別の詩を朗読され
   お二人は多磨墓地にねむられている
   私の住所とほとんど同じです。東京都府中市多磨町

   でも、膨大な晶子先生の一生を モノドラマにしようという
   私の無謀な計画は 本当に大変なことでした

   でも、これが私がしたいこと。
   二十代からこのモノドラマをし続けてきました
   でも、ハードルが高く
   役者の友人からは 役者に朗読してもらったほうがいいんじゃない?とか
   演出家がいないとだめだとか
   いろんな事をためしてきました
   オーディションをうけて、いろいろな役にトライしていくのが
   普通の生き方でしょうが 私は モノドラマがしたかった
   もちろん、シャンソンもすきでたくさん舞台にでてきましたが
   何故日本にシャンソンが流行るのか
   その元を知りたかった 

   だから今回のお仕事は 通り一遍に 絲原家でお二人が詠まれた歌を
   歌えばいいのではないと 

   入院なさっている 常務はお電話ではいつも
   大きな声で元気にお答えくださります
   玉造温泉から車で絲原家に向かったとありますが
   そのときの車種はなんですか トヨタですか
   という私の質問に
   そのときはまだトヨタはなく フォードだよ と

   ああああ!これから、山ほど質問したかった
   
   亡くなられる三日前にも留守番電話をいただき
   私は、予感がしてものすごく焦って寝る時間をおしんで
   最後の仕上げにむかいました
   録音して聞いてもらわなくては
   最後の1曲を録音していると 訃報をうかがいました


    うそ


   デモ、何故か涙はでません
      なぜか

      その夜 録音をし上げ 次の朝郵便局があくと
      録音したCDと お悔やみを 別便でお送りしました

今回のモノドラマはこの言葉で締めくくりました〜  

     晶子さんは この歌を胸に生きられたはずです

          劫初より造りいとなむ殿堂に われも黄金の釘一つうつ


 安博常務も 釘を打たれましたね!!
    どうぞ安らかにおやすみ下さい


     今回の モノドラマは 撮影クルーに入っていただきました
      昨年の金屋子神社との編集でまとめさせていただくとおもいます
     そして これから モンデンモモ SONG BUNGEI はいろいろなかたちで進んでいく事になります
     これが  私の  夢


       クリックすると元のサイズで表示します

       クリックすると元のサイズで表示します
3

2015/6/8  9:12 | 投稿者: Momoly

盛り上がりました!!
 ライブな週末!

  まず金曜日は、自由が丘 シャンソンのライブハウス ラマンダにて シャンソンネットライブ
  カルテットのバンドがはいるゴージャスなライブ
  歌い手さんも四人 3ステージです。
  私にとってもシャンソンの世界に触れる 興味深い時間ですよ〜〜

  滝むつみさんは、それこそ歌いだした頃からの大先輩
  20代のわたし〜よくご存知です
  そういえば、この日のお昼の部は 嵯峨美子さんがお出になっていて、楽屋で
  あらあああああ!と懐かしーコールがブレイク!!
  ほんと懐かしいです。
  22歳でのシャンソンコンクールからのシャンソンの歴史
  それが今の 智恵子抄などの、文藝路線の大元になっています。
  シャンソンンコンクールの時は、多分歌えるシャンソンは5曲なかったかも〜〜笑

  私は、まず カルーゾーから歌い始めました そして まるでお芝居
  皆様も歌われている曲たちの 私風〜。カルーゾーは同時通訳ヴァージョン(笑)
  まだだれもこの曲をご存知ないときこのヴァージョンを創りました
  まるでお芝居は まるでお芝居風に〜台詞を多用します

  みなさんとわきあいあいと3ステージをおえて!!

  クラシックバレエの大家とのコンサートでお目にかかった
  日舞の大巨匠もいらしてくださって、再会に大盛り上がり!!
  与謝野晶子さんも創っていますよ〜〜と 今後の展開も楽しみです!!

  今度、いつ逢えるか分かんないから!!しゃしんとろとろ!!と
  記念写真!!バンドさんも!これは貴重です!クリックすると元のサイズで表示します

 お送りくださった、しゅうこさんは、郡山のいらっしゃる方!
 二本松での私のステージも見てくださっているそうで!!感激!!

クリックすると元のサイズで表示します

 そして日曜日
 一年に一度恒例です 私の府中市の心行寺 プレゼンツ モンデンモモコンサートです
 私は、6月を担当して コンサートとしては 8回目 私のコンサートは4回目です

 毎回ご住職のリクエストをたくさんいれて構成していきます

 例えば〜 何日君再来  わああああ、私の中にない、メロディーライン 中国ソングを覚えました
 そして22才の別れ〜わあああ、これは、もろ青春!!それに、パフ!これむかしからだああいすき!
 などなど

 そして! 過ぎ去りし青春の日々   わああああ。
 すこしマニアックな曲たちと一緒にお届けしました!

 そうそう! 待つわ〜   かわいいふりしてあの子 わりとやるもんだねと〜〜
 歌詞をよーく味わいましたよ 笑

 皆さんと歌うコーナーもあって盛り上がりました
 
 クリックすると元のサイズで表示します

 いつも最高のおもてなし!!お客さまに喜んでいただけて私も嬉しいです
 そして!!音響は 久しぶりの共演 真下信一さん
 真下さんトーンが すばらしい。私も安心していろんな声を使えました。
 砂原さんも 音色を楽しんでおいでなのが分かりましたよ!!
 なま音を大切にするアコースティクのアーティストが 好んで指名する
 エンジニアさん やっぱりすごい!
 来年のウィーンホールをお楽しみに!!!

 そして夜は、久しぶりのモモリーハウス
 このみのピアノをチョイスしてあるのに
 忙しすぎて、冬眠させていました

 今年から 文藝ソングクリックすると元のサイズで表示します

 あなたのすぐそばで 言葉をきいていただく〜をコンセプトに本腰をいれていくので
 その幕開けです
 お気に入りの調律師に調整していただいて 我がスタジオでも弱声を〜
 砂原さんもあうんのキャッチボール アコースティックを楽しんで
 智恵子抄モノドラマ ミニミニ版 30分くらいかな?
 この演奏方式を小ホール規模まで広げていきます
 会場やピアノの状態によるので そういう場所に出逢えるのが私の幸せ!!

 府中でいま、仲間を沢山あつめ中!!
 歌って元気 歌って健康!歌って美人といけめんに!!

 後半は パーティーしながら
 みんなでホットハート
 おたがいみんな仲良くなってね!!

 地元のギターの先生も参加なさって
 すっごい盛り上がり
 わがギタリスト たしまさんに選んでもらった ギターも陽の目をみるかも〜笑
 コード弾きじゃない ハイポジで弾き語れたらいいなああーと思ったのでしたがああああ^


  夏は 8月9日 ホットハートのサマーフェスティバル これを目指してみんながんばろおおお!
 その先は ウィーンホールのニューイヤー

 そして目指すは東京外語大学の中のホールで
  ワールドソングのコンサートをいろんな国の人たちとする事!!

  夢は描ければ叶う!!!

 私としては 文藝ソング 面白すぎる、文豪達と 音楽で表現してであうこと!!
  私の理想の人々は 皆さん 元素になってどこへでもきてくれるのです

   ドルチェさんは 鴨居玲さんすごい!と私がいうと
   いい男だしね〜って!!

    そんな文豪や画家たちの事をかんがえてると 最高にワクワクです!!
   さあ!与謝野晶子さん あとひと頑張りです 
 
   いいのができてますよ!!秋から お披露目開始です
   あっ!9/11 中野で皮切りです あけておいてくださいねクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2014/12/25  10:32 | 投稿者: Momoly


 内幸町ホールにて
 シャンソンネットスペシャルクリスマスファンタジー
 に参加しました
 フィナーレのお写真
 綺麗ですね!!
 イブにいろいろご予定があられた事と思いますが
 いらしてくださった皆様に感謝です!!クリックすると元のサイズで表示します
 歌い手が一同にあつまるのはとっても楽しい!
 みなさんの歌声を楽しみました!!

 日々お勉強ですね
 私もいろいろがんばります!!
 今年もすっごい年になりました
 そんないろいろな事を振り返りながら
 年忘れ モモラヴォーチェがあります
 今回はスーパーキッズがすごいですよ!
 キッズから人生の先輩まで そんな歌の輪 ラヴォーチェです
 来年はますます広がります

 27日、中野にいらっしゃいませんか
 おまちしています!クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ