2012/5/17

スーパーのそばの飲食店がつぶれるわけ  ビジネス・儲けの裏ネタ

スーパー周辺は、多くの人々でにぎわっているもの。だから、飲食店を開くには格好の立地条件と思う人もいるだろう。しかし、現実はその反対である。スーパー近隣の飲食店は、なぜか流行らないのである。

その理由は二つ挙げられる。第一に、スーパーを訪れる客の多くは、夕食のおかずなど、生活必需品を買いにくる客。その帰りに、飲食店で食事をしようとする人は、まれである。

第二には、買い物客の訪れる時間帯の問題がある。スーパーに買い物に訪れる客は、午後三時〜五時にかけてもっとも多くなる。その時間帯に、食事をしようという人はまずいないというわけだ。


調味料が目玉商品に使われるわけ

「調味料」は、よくスーパーの特売に使われる。保存がきく分、「安いときに買いだめしておいてもムダにならない」と主婦に思わせるからである。

また、調味料が特売される背景には、メーカーの「リベート制」がある。リベート制とは、大量販売してくれたスーパーに、メー力ーが報奨金を出す制度。

この報奨金分を売値から差し引けば、安値で叩き売ってもスーパーの利益はさほど変わらない。たとえば、定価200円の調味料があったとすると、仕入れ値は小売店で120円くらい。大量仕入れできる大型スーパーなら、100円を割る。

そこから、報奨金(5円程度)を差し引けば、90円前半の仕入れ値になる。こうして、メーカー希望小売価格200円の調味料を「1個98円」で特売できるのである。


デザートが食事の最後に出されるほんとうの理由

西洋料理では、食事のあとに、甘いケーキなどのデザートが供される。後に出されるのには、生理的な理由がある。

それは、糖分を最初にとると、直接、胃壁に当たって糖反射を起こし、胃の活動が止まってしまうということ。

こうなると、せっかくの食事もきちんと消化されないし、そもそも食欲すらなくなってしまうというわけである。それでは注文数が減り、売り上げが伸びなくなってしまう。

もっとも、日本料理では、宴会の最初に甘いものが出てくることがある。これは、少ない料理でも、お腹がいっぱいになるための仕掛けかも。



高級クラブにおける「トイレ後のオシボリ」の秘密

たとえば、あなたが高級クラブでいい気分で飲んでいるとき、尿意をもよおしてトイレに行ったとする。「放水中」というのは、案外、冷静である。

腕時計を見て、「おや、もうこんな時間か」と思ったりする。さらに、手を洗おうと洗面所に行くと、前には鏡があり、そこには顔を真っ赤にした自分が映っている。

そこで、あなたは思う。「そろそろ帰るか」と。ところが、トイレから出てくると、ホステスが待ってましたとばかりにオシボリを差し出す。あなたは、手だけでなく、顔や首スジあたりを拭う。

なんとなくさっぱりしたあなたはこう思う。「いや、もうちょつと飲むか・・・」すなわち、ホステスが差し出すオシボリは、あなたを帰さないための作戦というわけである。

0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ