2012/6/19

「当店人気ナンバーワン商品」の読み方  ビジネス・儲けの裏ネタ

量販店では「当店人気ナンバーワン」というPOPをよく目にする。しかし、その言葉をあまり信じないほうかいい。

もちろん、本当にいちぱん売れている商品という場合もあるが、そうでないことのほうが多いという。店にとっては「売れると儲かるもの」を「人気商品」としていることか多いのだ。

量販店の仕入れ値は、メーカーによっても商品によっても仕入れる量によっても変わってくる。とくに、決め手となるのか量。極端な場合、メーカーに「倍仕入れる」といえば、一台当たりの単価が半分になることもある。

だか、安く仕入れても、売れなくては意味かない。そこで登場するのが、「人気商品」のPOPというわけだ。「全国売り上げナンバーワン」といえばウソでも、「当店の人気商品」という分には不当表示にはならないというわけ。

うなぎ屋か団扇でバタバタあおぐ理由

うなぎ屋には、店先で炭火をおこし、団扇でバタバタあおぎながらうなぎを焼くというスタイルのところが多い。

うなぎの焼ける香りが店の外にまで漂ってくると、思わず店に入りたくなってしまうものだが、このパフォーマンス、客寄せのためだけにやっているのではない。

うなぎのような脂っこい魚は、炭火で急激に加熱されると、刺激の強いいやな臭いが発生。さらに、火の上に落ちた脂が燃えて、その煙がうなぎにつくと味が落ちてしまう。

つまり、団扇でバタバタあおっているのは、いやな臭いや煙がうなぎにつかないよう振り払っているわけ。店先でそうするのは、もちろん店内に煙や匂いをこもらせないためだ。というわけで、団扇でバタバタあおいでいるうなぎ屋なら、満足な味を期待していい。

商品の売れ行きは「高さ」で決まる

商品は、床から70センチから160センチぐらいの高さに陳列するのが、商品ディスプレイの基本。人の目線の高さは身長×0.9くらいだから、通路を歩く買い物客には、このくらいの高さに置かれた商品が、もっとも自然に目に入ってくる。

また、立ったまま商品を手に取るとき、手が届くのは、肩の高さから上下60センチぐらい。といっても、自分の身長よりも高い位置にある商品には手を伸ばしにくいから、手軽に商品を取れるのは、床から70センチから160センチの間となる。つまり、売れ筋商品はこの高さに並べれば、さらに売り上げを伸ばせるというわけである。


安い商品を陳列棚の下段に置く理由

スーパーでは、陳列棚の下段には、かならず低価格商品を並べる。顧客心理とは不思議なもので、腰をかがめるような低い場所に、高額商品か陳列されていても、手に取る気にはならないのだ。一方、低価格商品なら、低い位置にあっても、そういう拒否感は生じない。

一方、店舗の陳列棚の上段には、高額商品か並んでいるはずである。たとえば、青果店では箱入りのマスクメロンなど、とっておきの商品ほど、陳列棚の高いところに置かれているものだ。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ