2012/6/25

大阪のほうがティッシュを配りやすいわけ  ビジネス・儲けの裏ネタ

街頭でのティッシュ配りにもコツがある。ただ差し出せば、通りすがりの人がすんなり受け取ってくれるわけではない。

やはり黙って差し出すより、挨拶をしながら配るほうが受け取ってもらえる確率は高くなる。

配りやすさに地域性もある。たとえば、東京と大阪を比べると、大阪のほうか配りやすい。これには、受け取り率アップの必須テクである挨拶言葉か関係してくる。

東京では、「おはようございます」「よろしくお願いします」などと、言葉がどうしても長くなる。より丁寧な感じをアピールするためにお辞儀も必要だったりする。

ところが、大阪だと、「毎度!」。このたったひと言ですんでしまう。お辞儀もしないで、パッと勢いで渡すことか多い。丁寧さより、間の取り方とノリのよさの勝負である。

挨拶の長短といってもけっこうバカにならなくて、大阪は、手渡すまでの所要時間が東京より短い。そのぶん、大阪のほうかティッシュは早くはけていくのだ。

「戦争代行業者」ってどんな仕事?

イラク戦争でその存在がつとに知られるようになった民間軍事企業(Private Military Company)。略してPMCは、その名のとおり、軍事に関する仕事を請け負う民間企業の総称だ。

戦争代行というと、まずイメージするのが傭兵だが、PMCの場合、特殊部隊出身者を数多く擁し、その任務遂行能力は通常の正規軍をしのぐ企業が少なくない。

また、そうした戦闘以外の業務内容にもPMCは多岐にわたって対応する。傭兵稼業はPMCの業務のほんの一部であり、ほかに、兵の訓練、ロジスティックなどの後方支援、情報収集・分析、コンサルティングなども丸ごと請け負い、まさに軍需ソフト面のすべてを担っている。

特殊な軍事技術をもつ人たちの集団だけに、大手ともなると、民間企業といえども、その軍事力は小国の軍隊など軽く凌駕する。いまや軍事・戦争は庶民の想像以上のレベルで民営化されているのだ。


これが「倒産の前兆」だ!

会社は、ある日突然、倒産するのではない。そこにいたるまでには、次のような前兆があるのだ。

たとえば、倒産の前には、取引先からの請求書が未着という事件がしばしば起こる。しかし、これはたいてい経理の苦しいウソ。

請求書はちゃんと届いているのだが、払う金がない。そこでしらばっくれて、請求書か手違いで届かなかったことにするのだ。

社長の出社が不規則になるのもヤバい前兆。これは、たいてい金策で走り回っている証拠だ。

また、幹部社員が自社商品の横流しや横領などの不正に手を染めるのも、彼らが倒産の危機を早くから知っており、ヤケクソになって手を染めたという場合か多い。

女子社員がいっせいにやめるのも倒産の前兆。彼女たちは、いわば「難破船のネズミ」。カンの鋭い女性たちの行動は、外部から倒産を察知する大切な要件になる。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ