2012/2/26

水着、飲食系裏ネタ4連発  ビジネス・儲けの裏ネタ

水着の売り上げと気温の相関関係

水着の売り上げは、気温の高低に大きく左右され、平均気温が一度違うと、売り上げが3パーセントは違ってくるといわれる。

基本的に、水着は最高気温が28度になると売れ始めるので、水着業界とすれば、夏休みの前から、気温が安定して28度を超えていることがベスト。そうなれば、夏休み最初の週末に向けて、水着がドンドン売れる。

だが、夏休み前に気温が上がらず、その後も冷夏となると、例年に比べて10パーセント近くも売り上げが落ちることになる。


冬に雪が降らないと野菜の値段が上がる理由

冬に雪が降らないと、雪害も霜害もないから、野菜はよく育つのではないかと思う人もいるだろう。だが、現実はその反対。野菜の値段は上昇傾向になる。

もちろん、暖冬だと気温が高い分、作物の成長はよくなり、その間の野菜の供給は安定する。だが問題はその後。暖冬の年には春先の春野菜を大量出荷しようとする時期、寒波が襲ってくることが多いのだ。

特に関東地方では、暖冬の年ほど南海上から湿った空気が吹き込みやすくなる。これが北方からの寒波とぶつかると、三月の大雪となって首都圏を大混乱に陥れる。同時に、この寒波と降雪は、収穫直前の春野菜に大打撃を与えるのである。

すると首都圏で野菜は品薄状態になり、影響は他の地域にも波及する。そして投機的な動きも起きて、野菜の値段は全国的に高騰することになる。


人気ラーメン店がもっと麺を作らないわけ

人気のラーメン店は、なぜ「1日50食まで」などと、麺の量を限定しているのだろうか?麺をもっとたくさん打ったほうが儲かるはずである。

その理由は自家製の手打ち麺は、打つ量を増やすことはできても、その後の品質管理が非常に難しいから。たとえば、打った麺を厨房に置いておくと、茹でる前に湿気で伸びてしまう。といって、乾燥した場所に置くと、ヒビが入って商品価値がなくなってしまう。

また、自家製麺は防腐剤を使用していないので日持ちがしない。麺を多く作って売れ残ったら、その日のうちに捨てるしかない。作り置きができないのだ。

つまり、「本日、手打ち麺は売り切れ」という店は、おいしい麺をおいしいうちに食べてもらいたいという「良心的な店」といえる。


お子様ランチとエビの切っても切れない関係

近頃では、お子様ランチの60パーセントには、エビを使った料理が入っている。特にエビフライが多いが、なぜお子様ランチにはエビフライが欠かせないのか。

これには、いくつかの理由がある。ひとつは、エビフライが子供でも食べやすいメニューであること。ハシを使えない幼児でも、エビフライならフォークで食べられる。また、小骨もないから、大人が世話を焼く必要もない。

二つ目は、エビが赤いこと。色彩心理学では、子供が赤い色の食品を好むのは常識。赤い尻尾と赤っぽい身が、子供の食欲をそそるというわけだ。


続きを読む
0

2012/2/20

気になる裏ネタ4連発  ビジネス・儲けの裏ネタ

試食テストの成績がよい食品は売れない理由

食品メーカーでは頻繁に試食テストを行っているが、消費者を対象にした試食テストの結果を鵜呑みにするメーカーはない。むしろ、試食テストの結果はあてにならないというのが、この業界の常識である。

たとえば、ある食品メーカーが、味付けや色などを変えた多種類のカレーを用意し、主婦に食べ比べてもらったところ、大半の主婦は味や香り、色、油脂の濃厚なもののほうを「おいしい」と答えた。

このようなことが起きるのは、試食テストでは、食品を少量ずつしか味見しないので、より味の濃いほうをおいしいと感じる傾向があるためだ。

むろん、各メーカーは、そのような傾向について熟知しているので、一般人を対象にした試食テスト結果は、あくまで参考資料程度に受け止めている。一方、メーカーがより重視するのは、社内テストのほう。社員から選ばれた、舌の感度のよい人だけで行われるテストである。


北では白が売れ、南では赤が売れる理由

商品マーケティングの世界では、全国それぞれの地域で、どんな「色」が好まれるかが分析されている。

一般に、北に向かうと白が好まれ、南に行くと赤が好まれるが、こうした好みの違いは、その地域の人々が普段目にしている自然の色彩が関係しているとみられている。

太陽光線は地上に届く前、空気中で分光現象を起こし、たとえば九州地方には赤い光がたくさん降り注ぐ。そして、日本列島を北上するにつれて、降り注ぐ色はオレンジ、黄、緑、青と変わっていく。

つまり、九州人は普段から赤系統の色に親しんでいるため、赤を好む傾向が現れ、一方、東北や北海道では青系統の寒色が好まれることになる。

また、東北や北海道では、白も好まれる。これは雪の影響と考えられ、一年の半分近く、空から降る雪、根雪を見つづけているうち、自然と白を好むようになると分析されている。


雨が多いと、ウールの品質が悪くなる理由

牧羊の世界では、降雨量の少ない年のほうが「豊作」になる。羊毛の品質は、降雨量が少ないときのほうがよくなるためだ。

一方、降雨量の多い年に刈り取った羊毛は、先端がちぎれやすいため、短い毛を刈ったのと同じことになる。また、染色したときの色ののりも悪い。

要するに、雨が多いと羊毛は品質が落ちて、価格も落ち、牧羊業者は収益が上がらなくなるのだ。

とはいえ、牧羊にとって、雨は降らない方がいいというわけでもない。まったく降らないと、羊のエサである牧草が育だなくなってしまう。もともと羊の飼育には広大な土地が必要だが、放し飼いの場合、降雨量が半減した年には三倍の土地が必要になるという。


夕方五時の気温とビアガーデンの客入り

ビアガーデン業界では、午後5時の気温が28度以上の晴れた日は、ほぼ満席になる店が多い。そこで、ビール専門店には、気象予報会社と契約を結んで、夕方の天気と気温情報を入手している店もある。その情報によって、仕入れるビールやつまみの数量を調整するためだ。

一方、ビアガーデンにとっての厄日は「今日の暑さなら、満員間違いなし」と予測していたのに、突然の夕立に見舞われた日。

午後五時頃、夕立が降って急激に気温が下がると、その後雨が降りやんでも、客はもう入らないという。

0

2012/2/8

医療関連裏ネタ3連発  ビジネス・儲けの裏ネタ

1.歯科医はこうやって客の懐具合を見抜く

一般に、歯医者で健康保険を利用して治療すると、患者負担は三割程度ですむ。ところが、新しい技術による治療を受けるには、健康保険が適用されない「自由診療」を選ばなければならない。

自由診療を選ぶと、値段は大幅アップ、患者負担は格段に大きくなる。それは歯科医師から見れば、売り上げの大幅アップであり、利益もハネ上がる。そのため、歯医者も、お金を持っていそうな患者には、熱心に自由診療を勧めることになる。

その方法は、窓口で提出した保険証の社会保険番号を見ることから始まる。通常、社会保険番号の数字が若いほど役職は上になる。1番が社長、2番が副社長、3番が専務というようになっているから、その番号で患者が会社の幹部とわかれば、歯科医師はなんとか自由診療を選ばせようとする。

また、会社幹部の家族も、同じように保険証の番号は若い。このような人をうまく口説ければ、素直に自由診療を受け入れてくれることが多いという。


2.歯医者特有のニオイのもと

歯医者さんの特有のニオイは、いったい何のニオイなのだろうか?あのニオイのもとは、消毒用として使われているオイゲノールという薬品。オイゲノールは優秀な薬品で、消毒剤や鎮痛剤として使うことができるうえ、詰め物の接着剤としても利用されている。

オイゲノールの正体は、スパイスの一種であるクローブの精油成分。天然素材で、体にも副作用がないときているので、歯科医には欠かすことのできない薬品となっている。


3.ナースの技量と手を洗う回数の関係

ナースは一日に100回くらいは手を洗う。患者に触れたり、いろんな薬品を扱うため、常に手を洗う必要があるのだ。しかも、毎回消毒液で洗うため、手が荒れやすくなる。だから、優秀でよく働くナースほど、手を洗う回数が増え、そのぶん荒れた手をしているものなのだ。

無論そういう真面目なナースの働きぶりを、院長ら病院幹部はよく見ている。そこで、この業界では、「手荒れしているナースほどエラくなる」といわれている。
0

2012/2/3

ビジネス・儲けのカラクリ4連発  ビジネス・儲けの裏ネタ

1.スーパーのレジチェツカーの腕の見抜き方

スーパーのレジを打つ人を「チェッカー」と呼ぶ。このチェッカーの腕を見抜けば、行列に並ぶ時間を確実に短縮できる。

見抜き方の第一ポイントは、レジの番号にある。10台のレジがある店なら、1〜10までの番号がレジ台に表示されているが、その中で1番もしくはレジ番号の最後のレジには優秀なチェッカーが配置されている事が多い。ともに出口に近い場所なので、お客の目につくし、店を一周してきた客にとって並びやすい位置だからである。

一般的に、番号の若いレジには、レジ打ち専門の人が配置されることが多く、ミスは少なく手際もいい。逆に、数字の大きなレジに立っている人(最後をのぞく)は、あまり慣れていない人の可能性が高い。


2.「一年に一度は人間ドック」は宣伝文句

人間ドックは、病院経営の重要な収入源である。各病院の間では、お客を獲得するための熾烈な営業合戦が続いている。

むろん医療の専門家が「一年に一度は、人間ドックに入ったほうがいい」と連呼してきたのも、お客を増やす意図があったことは間違いない。

たしかに、ガンを含めて、人間ドックで病気が早期発見された人は少なくなく、「一年に一度」というのは、医学的に一理ある数字ではあるが、だからといって人間ドックに入れば、必ず病気が見つかるわけでもない。

また、ある人が実験的に同時期に複数の人間ドックを受診してみたところ、検査結果は「異常なし」から、「肝腫瘍の疑いあり」まで、まちまちだった。血液検査の数値も誤差と呼べる範囲を超え、バラバラだったという。


3.新装開店という名の在庫一掃セール

既存の店が再オープンする「新装開店セール」。しかし、経営が順調であればわざわざ新装開店する必要もないわけで、新装開店するのは、たいてい客足が落ちて経営の苦しくなっている店である。そのため、新装開店は事実上、在庫品の処分セールというケースが多くなる。

実際、新装開店した店の陳列棚を見ると、改装前の「在庫一掃セール」と同じ商品が並んでいることがよくある。処分に困っている在庫品を、ともかく「新装開店」の機会に売りさばこうとしているのだ。

そもそも、新装開店するような店は、もともと客足が落ちていた上、新装にあたって工事費をかけている。いい品物を「出血大サービス」する資金的な余裕なんて、とても無いはずなのである。


4.デパートの売り場にデパートの社員がいない理由

デパートの売り場には、百貨店の社員は殆どいない。たとえば、アパレル売り場で働いている女性は、テナントやアパレルメーカーからの派遣社員。催事場でも出店企業から派遣された人が接客している。

では、デパートの社員はどこにいるかというと売り場ではなくオフィス。デパートにも、総務部や人事部があるわけで、そこの課員たちはデパートとは別の建物にあるオフィスで働いている。

また、仕入れ担当者も、売り場にいては仕事にならない。次の仕入れのために出払っていたり、商談していることが多く、売り場にはいない。

売り場担当の社員はフロアの責任者として売り場にはいるが、お客にお釣りを渡したり、商品を包んでいるわけではない。定期的に売り場を歩いて様子を見る程度で、いつも売り場にいるわけではないのだ。
0

2012/2/3

ビジネス・儲けのカラクリ3連発  ビジネス・儲けの裏ネタ

1.お坊さんになるにはどうすればいい?

お坊さんへの道は、宗派によっても違いがあるが、大体、次のようなものである。

・師匠となるお坊さん「師僧」を見つける。親類縁者、自分の菩提寺、仏教系大学ならゼミの教授などのほか、個人的に尊敬するお坊さんに頼むケースもある。

・「得度」を受ける。得度では、剃髪の儀式を受け、数珠や袈裟を頂く。

・本山に申告して僧侶として登録し、僧籍をもらう。これで仏門に入った事になるが、正式な僧侶ではなく「出家した」という扱い。

・お坊さんとしての知識と作法を身につけるため、勉強や修行をする。修行のキツさや期間は宗派によってまちまち。

・厳しい合宿研修を終え、お坊さんの資格をもらう。

資格がないと寺の住職にはなれない。お坊さんにも読経(どきょう)や説法などの鍛錬度によって級があり、講義を受け修行を修めると位が上がっていくシステムになっている。


2.探偵に文章力が必要な理由

探偵の仕事の基本は尾行だが、写真撮影が下手では話にならない。尾行した相手が愛人とラブホテルに入った・・・その瞬間を撮影できなければ、ギャラは貰えない。そこで探偵にはカメラを趣味としている人も多い。

そして、探偵にはもうひとつ「文章力」も必要である。調査が終了すると、クライアントに報告書を書かなければならないが、その時、意味のよくわからない報告書しか書けないようでは、いい仕事はまわってこない。

報告書を書く基本は、他の仕事と同様、5W1H「いつ」「どこで」[誰が]「何を」「なぜ」「どうした」を、具体的にわかりやすく書く必要がある。回数、時間など「数字」をふんだんに盛り込むのが、報告書をよりリアルにするコツだそうで、たとえばデートの現場なら「1時間に4回手を握り合った」というように書ければ申し分ないという。


3.サディストでなければ彫り師になれない

刺青を彫る「彫り師」志望者は、親方に弟子入りして修行を積むことになる。新弟子が将来彫り師として伸びるかどうか、親方達は入門初日にわかるという。自分がお客の体を彫るそばに、新弟子をしばらく座らせる。お客は麻酔なしで体に針を刺し込まれ、ときおり悲鳴をあげる。

その声を聞いたとき、新弟子が顔を青ざめさせるようでは見込みがないという。一流の彫り師になるのは、むしろ目を輝かせて、客の肌から流れる鮮血をじっと見つめているような弟子だそうである。

彫り師がいい仕事をするためには、お客により多くの苦痛を与えなければならない。お客の痛みに気を遣うような彫り師は「逃げ」の彫りしかできないというわけだ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ