2014/1/17

国会の「理事会」って、何を話し合う?  政治・役所の裏ネタ

国会の本会議や各委員会をめぐっては、事前に与野党がスケジュールを打ち合わせている。その事前の打ち合わせを行うのが、議院運営委員会や各委員会の理事会である。

まず、本会議の審議日程や質問時間の割り振りは、議院運営委員会で決められるのが建前。だか、実質的には、その理事会や理事懇談会で決定されている。

理事の人数の各政党への割り当ては、国会議員の数によって決まる。そして、各党の理事たちは、理事会や理事懇談会で駆け引きを展開し、本会議や各委員会を有利に進めようとする。

なかでも、各党が重視しているのか、予算委員会の理事会。予算委員会は、与野党攻防の最前線といえ、その理事には、各党とも閣僚経験者をはじめ、手練手管にだけだベテラン議員を送り込んでいる。

洋上投票(FAX投票)の秘密の守り方

「洋上投票」は不在者投票の一種で、船舶からFAXで投票できる制度。2000年の総選挙から新しく採用された。ところが、選挙には憲法で保障された「秘密投票の原則」がある。FAX投票の場合、どのような方法で、この原則を保障するのだろうか?

答えは、目隠しシール付きの用紙で受信するというもの。洋上投票に用いられる用紙は、投票者の住所・氏名を記入する欄と、候補者名を記入する欄に分かれている。記載を済ませた船員たちは「指定選管」のもとへ、自ら投票用紙をFAXする。

それを選管側のファックスは、特殊な受信用紙で受信する。目隠しシール付きのため、候補者名が記入された欄は、外からは読み取れない。

「指定選管」は、このシールで覆われた部分をその他の部分から切り離し、各投票者の投票区の選管へ郵送。そして投票日、選管の管理者がシールを剥がして投票箱に入れるという手順を踏む。

続きを読む
0
タグ: 政治 役所 裏事情



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ