2012/10/2

婦警の「夏も厚着」のマニュアル地獄  政治・役所の裏ネタ

夏になると、婦警の制服は夏服に変わるが、制服の下は厚着のままである。アンダーシャツをつけないと、ブラジャーなど、下着の線が出てしまう。それでは警察官らしくないということで、婦警たちは真夏でもアンダーシャツを着込んでいるのだ。

また、婦警は駐車違反の取り締まりなど、路上で中腰になることがある。そんなとき、スカートの中が見えないようにと、真夏でもガードルをはくというマニュアルもある。

そして、最悪なのは雨の日。厚着の上に、レインコートを着るから、仕事の後は汗の臭いがして大変だという。

警察官の古くなった制服の行方

警察官の制服は、各都道府県が支給管理し、耐用年数を過ぎた制服は、市中に流出しないように回収される。そして、原型をとどめないように裁断され、ボタンもすべてはずされる。

その後、裁断された制服生地は、焼却処分されるか、化学繊維が使用されているため、焼却は専門業者に依頼、そのコストはバカにはならないという。

そこで、山口県警では、2003年4月から「リサイクル事業」をスタートさせ、退職警官69人の制服を回収し、玄関マット180枚を作った。なお、この制服製玄関マットは県内27の警察署に配られた。

警官は飛行機内に拳銃を持ちこめるか?

結論から先にいうと、警察官は拳銃を機内に持ち込むことが「できる」。航空機の運航をめぐっては、国土交通省航空局がガイドラインを決め、航空会社はそれにもとづいて運航している。そのガイドラインによると、職務上必要が認められる場合、銃の持ち込みが許可されることになっているのだ。

むろん、確認作業はきわめて厳重で、事前に警察から航空会社に銃を持ち込む警察官の氏名や日時、目的などが届けられ、当日、再確認か厳重におこなわれる。

続きを読む
0
タグ: 政治 役所 裏ネタ

2012/9/27

国会議事堂に使われている石  政治・役所の裏ネタ

国会議事堂はさなから「石の博物館」である。まず、一階の外壁には「黒髪石」が使用されている。これは山口県の黒髪島名産の石。二階以上には「尾立石」が使われ、これは広島県倉橋島の名産で「桜みかげ」と呼ばれる種類。ほかに、新潟県蒲原郡の「草水みかげ」も、中庭の通路に使われている。

これらは外壁に使われている石で、内装には別の石が使われている。大量に使われているのは、茨城県常陸太里市の「茨城白」と呼ばれる石灰岩。他に、山口県秋吉台産の「薄雲」「霞」と呼ばれる石や、岐阜県の「赤坂石灰岩」も使用されている。

そして、要所にはとびきり高級の石が配されている。天皇陛下が休息される部屋の暖炉に使われている「紅葉石」は、静岡県千葉山の産で、紅葉を思わせる赤褐色か美しい非常に珍しい石である。

市町村が成人式をやめたくてもやめられない理由

成人式が荒れたり形骸化しても、各市町村にはかんたんにやめられない理由かある。市町村長が「存続は疑問」と発言するだけで、地元の呉服商組合から抗議が殺到するからである。

ただでさえ、着物の売り上げはジリ貧状態である。その中で、成人式用の晴れ着は、年間売り上げの二、三割を占めるドル箱商品。もし、成人式がなくなれば、呉服店の売り上げはさらに落ち込み、閉店に追い込まれる店か相次ぐかもしれない。

つまり、成人式は呉服業界にとっては生命線。なんとか開催がつづくよう、市町村長らに根回しをしている。

そもそも呉服店には老舗が多い。当然、その商店主は地元で顔が広く、商店街などの役員についている人が多い。選挙をかかえている政治家にとっては、呉服商の団体を怒らせるわけにはいかないというわけで、成人式はなくなりそうで、なくならないのである。

続きを読む
2
タグ: 政治 役所 裏ネタ

2012/6/25

大阪のほうがティッシュを配りやすいわけ  ビジネス・儲けの裏ネタ

街頭でのティッシュ配りにもコツがある。ただ差し出せば、通りすがりの人がすんなり受け取ってくれるわけではない。

やはり黙って差し出すより、挨拶をしながら配るほうが受け取ってもらえる確率は高くなる。

配りやすさに地域性もある。たとえば、東京と大阪を比べると、大阪のほうか配りやすい。これには、受け取り率アップの必須テクである挨拶言葉か関係してくる。

東京では、「おはようございます」「よろしくお願いします」などと、言葉がどうしても長くなる。より丁寧な感じをアピールするためにお辞儀も必要だったりする。

ところが、大阪だと、「毎度!」。このたったひと言ですんでしまう。お辞儀もしないで、パッと勢いで渡すことか多い。丁寧さより、間の取り方とノリのよさの勝負である。

挨拶の長短といってもけっこうバカにならなくて、大阪は、手渡すまでの所要時間が東京より短い。そのぶん、大阪のほうかティッシュは早くはけていくのだ。

「戦争代行業者」ってどんな仕事?

イラク戦争でその存在がつとに知られるようになった民間軍事企業(Private Military Company)。略してPMCは、その名のとおり、軍事に関する仕事を請け負う民間企業の総称だ。

戦争代行というと、まずイメージするのが傭兵だが、PMCの場合、特殊部隊出身者を数多く擁し、その任務遂行能力は通常の正規軍をしのぐ企業が少なくない。

また、そうした戦闘以外の業務内容にもPMCは多岐にわたって対応する。傭兵稼業はPMCの業務のほんの一部であり、ほかに、兵の訓練、ロジスティックなどの後方支援、情報収集・分析、コンサルティングなども丸ごと請け負い、まさに軍需ソフト面のすべてを担っている。

特殊な軍事技術をもつ人たちの集団だけに、大手ともなると、民間企業といえども、その軍事力は小国の軍隊など軽く凌駕する。いまや軍事・戦争は庶民の想像以上のレベルで民営化されているのだ。

続きを読む
0

2012/6/23

日本人がノーベル経済学賞を取れない理由  ビジネス・儲けの裏ネタ

ノーベル賞の中で経済学賞だけは、日本人受賞者が1人もいない。経済大国といわれているのに、なぜ日本からは、経済学賞受賞者が出ないのだろうか。

その大きな理由は、日本ではこの分野の独創的研究がおこなわれていないことがある。日本の経済学者は、欧米の論文を翻訳し、国内で発表するのが精一杯。

国内的には業績を残している学者でも、欧米で構築された理論を用いて、日本国内の経済を分析する研究が中心。

オリジナルな経済理論を打ち立てたり、国際経済を新しい視点で分析したという業績はほとんど見当たらない。

新理論を構築するという独創性の点で、外国の研究者と比べると、はるかに見劣りがし、英語で国際的にアピールできる人も少なく、ノーベル経済学賞には縁遠いということになっているのだ。

大阪の老舗は、なぜ薄暗いのか?

江戸時代、大阪の商人のあいだでは、「家を明るくしておくと、福の神が逃げる」という言い伝えかあった。暖簾をかけるのも、福の神を逃がさないためといわれた。

しかし、この話は、どうやら、あとからこじつけたものらしい。というのも、店を薄暗くする風習には、いかにも大阪商人ならではの理由があったからだ。

ひとつは、照明代をケチるため。さらに、店内を明るくしておくと、ほこりなどか目立つため、つねに掃除しておかなければならなくなる。

店員の衣服だって汚いままでは目立つし、家具や調度もそれなりのものを揃えなければならない。

それに、肝心の商品も、アラが目についたり、色あせたりしかねない。そんなわけで、店内は薄暗いほうがなにかと好都合だったというわけである。

続きを読む
0

2012/6/21

右側より左側の商品かよく売れるわけ  ビジネス・儲けの裏ネタ

右利きの人は、体をひねるとき、左足を軸足にして、左側へひねるとスムーズにいく。それは、店内の通路を歩くときも同じで、体を左へひねるほうが楽なものだから、無意識のうちに左側に陳列されている商品に手が伸びることになる。

そこで、スーパーでは、お客の動線の左側に陳列した商品のほうがよく売れるという法則が生まれた。

そもそも、お客の多くは、通路の左側を歩く傾向がある。これは「左偏性」と呼ばれる人間共通の現象で、心臓か左にあることが理由といわれる。

左側を歩けば、当然、左側に陳列された商品かよく目に入るし、手も伸ばしやすい。これも、左側の商品がよく売れる理由である。

不景気になると、スカーフの売り上げか伸びるわけ

景気が悪くなると、スカーフの売り上げが伸びる。そして、景気が好転すると、売り上げか落ちていく。これはほぼ確実な法則で、石油ショック、円高不況、バブル崩壊時と歴史は繰り返されてきた。

この現象には、次のような背景かおる。オシャレな女性も、不景気になれば、ファッション費を切り詰めなければならない。されど、オシヤレはしたい・・・。

そこで、彼女たちはスカーフに注目する。同じ洋服でも、首にスカーフを巻くだけで、雰囲気を変えられる。

そこで、洋服の10分の1ほどの値段で買えるスカーフに手が伸びることになる。かくして、景気の悪いときにはスカーフの売り上げか伸びるのである。

気温差か大きいほど、景気がよくなる理由

夏はより暑く、冬はより寒いほうが、季節ごとの主力商品の売れ行きが伸び、景気に弾みがつく。

夏は暑いほど、エアコンやビール、清涼飲料類、水着などの夏モノがよく売れ、冬は寒いほど、暖房具や冬物衣料、コーヒーやお茶、鍋物など冬の季節商品の売れ行きが伸びるのである。

その意味で、エルニーニョ現象は景気にとって要警戒である。この現象か起きると、日本では冬は暖冬、夏は冷夏になる。年間の温度差か小さくなって、個人消費が伸び悩み、景気は悪化ということになりやすい。

とくに、冷夏は七〜九月期の個人消費を落ち込ませ、景気悪化の引き金を引くことになりやすい。

続きを読む
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ