2012/3/21

弁当系裏ネタ3連発  ビジネス・儲けの裏ネタ

駅弁がコンビニ弁当よりも割高なわけ

ローカル色が旅情を誘う駅弁だが、500円あたりが中心価格帯のコンビニ弁当に対し、1000円、1500円といった値段がつけられているのはどうも納得がいかない、という人もいるのでは?

しかし、駅弁が高いのには、それなりの理由がある。駅弁業者のほとんどは、家族経営の「家内制手工業」で弁当を作っているので、機械で大量生産されるコンビニ弁当のようにはコストを下げられない。それでも、最近の駅弁はグルメもうならせる美味しいものが多く、素材にもこだわっているため、原価率が50%は下らないという。

また、駅構内で販売するには、鉄道会社に契約料を払わなければならず、しかもローカル線では日に数十個しか売れないため、どうしても単価は高くなる。

駅弁だけではやっていけないため、大半の業者は、ホテルや立ち食いそば屋と兼業しているのが実情だ。小さな業者が少量生産で頑張っている駅弁。コンビニ弁当と比べてはいけないのだ。

おでん屋の利益がどんどん減っているわけ

おでん屋は、食べ物商売の中では、比較的楽な商売といわれる。特別な調理技術がいらない分、腕のいい料理人を雇う必要はなく、そのぶん人件費を抑えられるからだ。

ところが数年前から、おでん屋の利益率が落ちてきている。はんぺんやチクワなどの練り製品の価格上昇が続いて、原価率が上がっているのである。

そもそも練り製品は、ベーリング海を中心に獲れるスケトウダラを輸入し、製造されてきた。だが、近年スケトウダラの漁獲量が減って品薄状態になっている。おまけに世界的な健康ブームで、欧米でフィレー(魚の切り身)の需要が急増している。

原料は少なくなっているのに、需要が増えれば値段が上かって当たり前。しかし庶民の味であるおでんの値段を引き上げるわけにもいかない。こうして、おでん屋の経営は苦しくなっている。

焼きなすがベトナムで焼かれるわけ

高級和食店で出されている料理はすべて手作りとはかぎらない。和食は手間暇が必要な料理のオンパレード。いかにも手をかけて仕込んだように見えるものにも、実際には冷凍食品やレトルト食品など調理済みの食材が使われていることもあるのだ。

たとえば、彩りを添えるために数粒ずつしか使わない煮豆などは、自家製だと作るのに数日かかるため、既製品を使う店が少なくない。

また人気メニューの焼きなすも、つきっきりで火加減を見ながら焼き、熱いうちに皮をむくという、けっこうな手間のかかる料理のひとつ。多店舗化にともない、味の均一化を図るために、この焼きなすを外国に外注することにしたという店もある。

日本のなすをベトナムに輸出して、現地の工場で焼きなすを製造。それを冷凍にして、日本に逆輸入するという仕組みだ。
0

2012/3/6

外食系裏ネタ3連発  ビジネス・儲けの裏ネタ

外食に「豚脂」が乱用される理由

外食料理のいちばんの問題点は、豚脂が多量に使われていること。豚脂は、適度にとる分には問題ないが、過度に摂取すると、有害物質になる。肥満や高血圧の原因となり、血中コレステロールと中性脂肪を増加させ、成人病を招きよせる。

もちろん、日本の外食産業もそのことを承知しているが、それでも豚脂を使うのは、豚脂が「客寄せ」に欠かせないものになっているからだ。

まず、外食産業を支える若い世代の嗜好の問題がある。豚脂を使うと、味に厚みが出て「こってり」とする。この「こってり感」がないと、最近の若い世代からは見向きもされない。

また、フライトポテトやナゲットなど、直接、手で食べるものにも豚脂が多用されているが、これは植物油を便うよりも、豚脂にしたほうが、手がべとつかなくなるためである。

屋台のたこ焼きの原価率

駅前などに店を出している屋台のたこ焼きの一個あたりの原価は10円程度。8個入りワンパックだと、原価は80円。それを400円程度で売るのだから、利益はワンパックあたり320円、利益率は80パーセントにもなる。

しかし、問題はその売り上げである。これを1日30パック売ったとしても、売り上げは1万2000円。原価を差し引いた収益は9600円。月に20日働いて19万2000円だ。

そして、この商売は火を使うので、夏場はとくにキツく、また立ちっぱなしの商売だから、体力のない人は続かない。さらに、天候にいたってはどうすることもできないから、利益率がいいとはいっても、うま味のある商売とは言い難い。

ファミレスの儲け頭のメニューは?

ファミリーレストランでは、平均的にいって価格の30パーセントは人件費。家賃やその他の経費が25パーセント。そして、残りの45パーセントが食材原価と利益になる。

ということは、食材原価が低いほど、ファミレスの儲けは大きく、食材原価が高いほど、儲けは小さいということになる。

ファミレスのメニューの中で、いちばん利益率が低いのは、ステーキだという。たとえば、2000円のステーキを食べれば、野菜、スープ、ライス(パン)などで800円はかかっている。

ステーキは輸入牛肉を使っても、それなりに原価がかかる。そのため、食材原価が値段の40パーセントを占め、利益はわずか5パーセントにすぎなくなる。

それに比べて、雑炊やリゾットは食材原価が20パーセント前後という。原料の値段は安いし、作り方も簡単。工場で、一括して大量に作れば、原価をかなり抑えられる。その他、ファミレスで儲けの大きいメニューは、デザート、コーヒー、ジュース、スパゲッティである。
0

2012/2/26

水着、飲食系裏ネタ4連発  ビジネス・儲けの裏ネタ

水着の売り上げと気温の相関関係

水着の売り上げは、気温の高低に大きく左右され、平均気温が一度違うと、売り上げが3パーセントは違ってくるといわれる。

基本的に、水着は最高気温が28度になると売れ始めるので、水着業界とすれば、夏休みの前から、気温が安定して28度を超えていることがベスト。そうなれば、夏休み最初の週末に向けて、水着がドンドン売れる。

だが、夏休み前に気温が上がらず、その後も冷夏となると、例年に比べて10パーセント近くも売り上げが落ちることになる。


冬に雪が降らないと野菜の値段が上がる理由

冬に雪が降らないと、雪害も霜害もないから、野菜はよく育つのではないかと思う人もいるだろう。だが、現実はその反対。野菜の値段は上昇傾向になる。

もちろん、暖冬だと気温が高い分、作物の成長はよくなり、その間の野菜の供給は安定する。だが問題はその後。暖冬の年には春先の春野菜を大量出荷しようとする時期、寒波が襲ってくることが多いのだ。

特に関東地方では、暖冬の年ほど南海上から湿った空気が吹き込みやすくなる。これが北方からの寒波とぶつかると、三月の大雪となって首都圏を大混乱に陥れる。同時に、この寒波と降雪は、収穫直前の春野菜に大打撃を与えるのである。

すると首都圏で野菜は品薄状態になり、影響は他の地域にも波及する。そして投機的な動きも起きて、野菜の値段は全国的に高騰することになる。


人気ラーメン店がもっと麺を作らないわけ

人気のラーメン店は、なぜ「1日50食まで」などと、麺の量を限定しているのだろうか?麺をもっとたくさん打ったほうが儲かるはずである。

その理由は自家製の手打ち麺は、打つ量を増やすことはできても、その後の品質管理が非常に難しいから。たとえば、打った麺を厨房に置いておくと、茹でる前に湿気で伸びてしまう。といって、乾燥した場所に置くと、ヒビが入って商品価値がなくなってしまう。

また、自家製麺は防腐剤を使用していないので日持ちがしない。麺を多く作って売れ残ったら、その日のうちに捨てるしかない。作り置きができないのだ。

つまり、「本日、手打ち麺は売り切れ」という店は、おいしい麺をおいしいうちに食べてもらいたいという「良心的な店」といえる。


お子様ランチとエビの切っても切れない関係

近頃では、お子様ランチの60パーセントには、エビを使った料理が入っている。特にエビフライが多いが、なぜお子様ランチにはエビフライが欠かせないのか。

これには、いくつかの理由がある。ひとつは、エビフライが子供でも食べやすいメニューであること。ハシを使えない幼児でも、エビフライならフォークで食べられる。また、小骨もないから、大人が世話を焼く必要もない。

二つ目は、エビが赤いこと。色彩心理学では、子供が赤い色の食品を好むのは常識。赤い尻尾と赤っぽい身が、子供の食欲をそそるというわけだ。


続きを読む
0

2012/2/20

気になる裏ネタ4連発  ビジネス・儲けの裏ネタ

試食テストの成績がよい食品は売れない理由

食品メーカーでは頻繁に試食テストを行っているが、消費者を対象にした試食テストの結果を鵜呑みにするメーカーはない。むしろ、試食テストの結果はあてにならないというのが、この業界の常識である。

たとえば、ある食品メーカーが、味付けや色などを変えた多種類のカレーを用意し、主婦に食べ比べてもらったところ、大半の主婦は味や香り、色、油脂の濃厚なもののほうを「おいしい」と答えた。

このようなことが起きるのは、試食テストでは、食品を少量ずつしか味見しないので、より味の濃いほうをおいしいと感じる傾向があるためだ。

むろん、各メーカーは、そのような傾向について熟知しているので、一般人を対象にした試食テスト結果は、あくまで参考資料程度に受け止めている。一方、メーカーがより重視するのは、社内テストのほう。社員から選ばれた、舌の感度のよい人だけで行われるテストである。


北では白が売れ、南では赤が売れる理由

商品マーケティングの世界では、全国それぞれの地域で、どんな「色」が好まれるかが分析されている。

一般に、北に向かうと白が好まれ、南に行くと赤が好まれるが、こうした好みの違いは、その地域の人々が普段目にしている自然の色彩が関係しているとみられている。

太陽光線は地上に届く前、空気中で分光現象を起こし、たとえば九州地方には赤い光がたくさん降り注ぐ。そして、日本列島を北上するにつれて、降り注ぐ色はオレンジ、黄、緑、青と変わっていく。

つまり、九州人は普段から赤系統の色に親しんでいるため、赤を好む傾向が現れ、一方、東北や北海道では青系統の寒色が好まれることになる。

また、東北や北海道では、白も好まれる。これは雪の影響と考えられ、一年の半分近く、空から降る雪、根雪を見つづけているうち、自然と白を好むようになると分析されている。


雨が多いと、ウールの品質が悪くなる理由

牧羊の世界では、降雨量の少ない年のほうが「豊作」になる。羊毛の品質は、降雨量が少ないときのほうがよくなるためだ。

一方、降雨量の多い年に刈り取った羊毛は、先端がちぎれやすいため、短い毛を刈ったのと同じことになる。また、染色したときの色ののりも悪い。

要するに、雨が多いと羊毛は品質が落ちて、価格も落ち、牧羊業者は収益が上がらなくなるのだ。

とはいえ、牧羊にとって、雨は降らない方がいいというわけでもない。まったく降らないと、羊のエサである牧草が育だなくなってしまう。もともと羊の飼育には広大な土地が必要だが、放し飼いの場合、降雨量が半減した年には三倍の土地が必要になるという。


夕方五時の気温とビアガーデンの客入り

ビアガーデン業界では、午後5時の気温が28度以上の晴れた日は、ほぼ満席になる店が多い。そこで、ビール専門店には、気象予報会社と契約を結んで、夕方の天気と気温情報を入手している店もある。その情報によって、仕入れるビールやつまみの数量を調整するためだ。

一方、ビアガーデンにとっての厄日は「今日の暑さなら、満員間違いなし」と予測していたのに、突然の夕立に見舞われた日。

午後五時頃、夕立が降って急激に気温が下がると、その後雨が降りやんでも、客はもう入らないという。

0

2012/2/8

医療関連裏ネタ3連発  ビジネス・儲けの裏ネタ

1.歯科医はこうやって客の懐具合を見抜く

一般に、歯医者で健康保険を利用して治療すると、患者負担は三割程度ですむ。ところが、新しい技術による治療を受けるには、健康保険が適用されない「自由診療」を選ばなければならない。

自由診療を選ぶと、値段は大幅アップ、患者負担は格段に大きくなる。それは歯科医師から見れば、売り上げの大幅アップであり、利益もハネ上がる。そのため、歯医者も、お金を持っていそうな患者には、熱心に自由診療を勧めることになる。

その方法は、窓口で提出した保険証の社会保険番号を見ることから始まる。通常、社会保険番号の数字が若いほど役職は上になる。1番が社長、2番が副社長、3番が専務というようになっているから、その番号で患者が会社の幹部とわかれば、歯科医師はなんとか自由診療を選ばせようとする。

また、会社幹部の家族も、同じように保険証の番号は若い。このような人をうまく口説ければ、素直に自由診療を受け入れてくれることが多いという。


2.歯医者特有のニオイのもと

歯医者さんの特有のニオイは、いったい何のニオイなのだろうか?あのニオイのもとは、消毒用として使われているオイゲノールという薬品。オイゲノールは優秀な薬品で、消毒剤や鎮痛剤として使うことができるうえ、詰め物の接着剤としても利用されている。

オイゲノールの正体は、スパイスの一種であるクローブの精油成分。天然素材で、体にも副作用がないときているので、歯科医には欠かすことのできない薬品となっている。


3.ナースの技量と手を洗う回数の関係

ナースは一日に100回くらいは手を洗う。患者に触れたり、いろんな薬品を扱うため、常に手を洗う必要があるのだ。しかも、毎回消毒液で洗うため、手が荒れやすくなる。だから、優秀でよく働くナースほど、手を洗う回数が増え、そのぶん荒れた手をしているものなのだ。

無論そういう真面目なナースの働きぶりを、院長ら病院幹部はよく見ている。そこで、この業界では、「手荒れしているナースほどエラくなる」といわれている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ