救命胴衣を着用しましょう!
救命胴衣は、人の身体を支えるのに十分な浮力があり、顔を水面に出して、呼吸しやすい状態で浮くように作られています。
せっかくの救命胴衣も正しく着用していなければ、役に立ちません。 大切な命を自分で守るために、救命胴衣を着用することを習慣にしましょう。
Japan Fishing Festival 2013  イベント

最高に楽しい!Japan Fishing Festival 2013 でした

今回、僕の一年一度のお休みも、
もうちょっと、旅先に滞在したかったけど、
毎年恒例の、フィッシングショーだけは、
楽しみにいっぱいで、フィッシングショーに合わせて、
帰国しましたっw

日頃からお世話になっている上司の方や、
日頃からお世話になっているお客さんも、
久々にお会いできたお客さんも、
初めてお会いした方も、
みんな笑顔いっぱいの内容だったと思います

会場では、僕の接客するお客さんの中で、
意外だったのは、初めて来る方が多かったことです。

家族で遊びに来る方も多く、現地では、
フードコーナーも出展していて、
美味しい料理が盛り沢山でしたね

個人的な感想ですが、
フードコーナーを企画している方のおススメで、
北海道をテーマにした、手作りお弁当のお店で、
蟹づくし弁当が絶品でしたね

ってことは、
釣りにご興味がなくても!気軽に食事するだけでも!
かなり楽しめるってことですよ

ブログをチェックしてくれてる方で、
釣りにご興味ない方も、来年は現地に
遊びに来てみては、いかがでしょうか。

※現地にて、お会いできなかった方も、沢山いました。。
 仕事がハードで、タイミングが合わず、、
 申し訳ありませんでした。

See you next year !!! and next time !!!

クリックすると元のサイズで表示します
怒涛の4日間!お疲れさまでした (準備日含めて)
皆さんの支えがあってこそ、盛大になりましたこと、
また、素晴らしい経験をさせてもらいました!
本当に、ありがとうございました

クリックすると元のサイズで表示します
おっ〜っと!ひかるん登場です
http://ameblo.jp/kinosehikaru/
Hapysonさんのブースは、サンスポブースの前でして、
多々、ご迷惑をお掛けしたかも?しれませんが、
皆さん、優しい振る舞いで!本当に感謝でした
Hapysonさんでは、様々の商品が並んでました。
画像にて、ご紹介している!携帯アプリで魚体のサイズが、
簡単に測れるアプリは、
デジタル時代ならではのアイテムですね

クリックすると元のサイズで表示します
おっ〜!2012アングラーズアイドル
阿部なぎさちゃんの登場です
http://ameblo.jp/abe-nagisa-happymax/
Sねぇーさんと同業の親友からのご紹介で、
お会いできました!ナイスキャラですよ
今後も!いっぱい活躍してくださいね


ps:
先日までの僕の長い休暇にて、
人それぞれの休暇に対しての思いがあると思いますが、
僕の本音で書きます。
僕はこのお仕事と関わってから、
だいぶ時間が経っております。
その中で、
一年を通して忙しい時季と暇な時季が、
はっきりとしています。
一般的には、夏休みと冬休みがありますが、
僕は、まとめていただいております。
金銭面では、僕はあくまでも社員ではなく、
個人の収入のみ希望でお店側と契約をしております。
お仕事なければ、収入なし状態で、
時々、月給制だったら!もっと楽だろうなって、
思いますけど、それをしたら、
こんな自分勝手な休暇は頂けないし、
自分の意見もセーブしなければならないし、
今の僕には全く必要のないことです。

これから、どんな時代になるのか?
分かりませんが、今出来ることを!
大切にして、また今しか出来ないことには、
迷うことなく、行動しようと思います。

今までの若坊主が存在しているのも!
日頃から支えてくださっている皆さんの!
おかげです
心から感謝の気持ちでいっぱいです

今後とも、厳しいご指導と変わらぬサポートを、
いただけますと幸いです。

2013年のバージョンアップの!
若坊主に期待してくださいねっw

have a great time !!!


金環日食  イベント

ご興味ある方は、一緒に見ましょう!

クリックすると元のサイズで表示します


ワームで勝負!  イベント

クリックすると元のサイズで表示します

サンスポ大会と違って、この日はお客さんの層も少し違い、
生餌に拘らず、ワームに注力する方もいました

追求する姿勢がとても新鮮で、
僕自身も考えさせられる部分もありました

クリックすると元のサイズで表示します

ここ近年、環境問題で様々な産業で話題になっています。。
釣りの業界も、今以上に考える必要があるのではないでしょうか。
ECOをテーマに、今後は普及していくことを願いましょう!






AutoPage最新お知らせ