2012/10/31

EF70-200mm F4L IS USM  カメラ機材

ぇー、今日は“70-200mm F4L IS USM”を導入したのでファーストインプレッションを書きました。

カメラをはじめてから、4年の月日が経ちましたけども、
これまで使ってきた中で最も長い焦点距離のレンズだけあって、持て余してる感じが何とも;。

何枚か試写しましたので、何かの参考になれば幸いです。
今回載せている写真も6枚目の文字入れを除き、カメラ内部の設定だけを頼りに撮影を行っております。

写真
さてー、白レンズと言えば、CANONが誇る光学技術の結晶なわけなのですが、
正直見た目がちょっとかっこ悪いです、はい。

姉や妹からも、オタクの人が持つレンズみたいだとバッサリ切り捨てられる始末(ぇー
このレンズを見て喜んだのは、同じカメラ仲間である父だけでした的なorz


<EF70-200mm F4L IS USM スペック表>
------------------------------------------
・レンズ構成=15群20枚
・フォーカス=AF/MF
・絞り羽根枚数=8枚
・焦点距離=70-200mm
・最短撮影距離=1.2m
・最大撮影倍率=0.21倍
・開放F値=F4
・最大径×長さ=85.8x65.5mm
・フィルター径=67mm
・重量=760g
------------------------------------------


見た目のかっこ悪さとは裏腹に、性能は掲示されているMTF曲線通り、
一昔前まで神レンズと評されていたのがウソではないと分かる描写をしてくれます。
それは主に、搭載されている蛍石UDレンズによるところが大きいのか、
単には及ばないもののズームとは思えないシャープさと色のりを見せてくれます。

また高性能なIMAGE STABILIZER(IS)を搭載しているおかげで、
200mmという焦点域にあってもSS1/20程度まで、手振れなくシャッターが切れてしまう様子。

AFの速度もインナーフォーカス&リングUSMの為、かなり静かで速いです。
1.2m〜∞の域では、そこそこ速いなーくらいの印象ですが、
3m〜∞へスイッチで切り替えを行えば、瞬時という言葉を連想するほどAFが速いです。

防塵・防滴なのも心強く、重量も20枚のレンズを使用しているにも関わらず、
F4と明るさを抑えている為、望遠ズームとしては760gと非常に軽量。

見た目とやや全長が長いことやフードが大きいことを抜かせば、弱点らしい弱点は見つけることは難しく、
そんな粗を探すよりも自分の腕を磨くことに注力した方が良さそうです。

写真
恒例の逆光テスト。

開放で試写しましたが、フリンジは出ていない模様。
現行レンズの単でも開放ではフリンジが出るレンズは沢山あるのですが、
沢山のレンズを使用するズームでは、この辺りの調整が単に比べ難しいということなので、
これだけを見ても性能の一旦を垣間見ることが出来た気がします。

写真
70mm時の描写、ちなみにF16まで絞ってます。

このレンズは、ワイド端(広角側)よりもテレ端時(望遠側)の方が性能を発揮出来るようなのですが、
70mm側も遺憾なく性能を発揮してくれているように感じます。

歪曲は70mm側でわずかなタル型(0.87%)ということですが、
よっぽど真っ直ぐな被写体を撮ったり、普通に目で見る限りは分からない数値かと。

写真
200mm時の描写、F8まで絞ってます。

撮影日は違いますが、上の写真とほぼ同じ場所から撮ったものです。
200時の湾曲は、糸巻き型に変化し1.56%となるのですが、実写ではほぼ問題無いはず。
通常ズームレンズだと補正がかなり難しい陣笠型の湾曲が出易いのですが、
タル型と糸巻き型の湾曲で良かったです。

写真
かなり暗い室内で、200mm側で手持ち撮影。
SS1/30で撮影していますが、ISのおかげで手振れもせず簡単に撮影出来ました。

それにしてもグッスリ寝てます(~□~ )

写真
似たような条件(SS1/30にて手持ち撮影)で、ISを切って撮影するとこんな感じ、普通に手振れしちゃってます。

やはり、暗い室内にて200mmくらいの焦点域で手持ち撮影を行うには、
ISが有るのと無いのとでは撮影の捗り方に雲泥の差が出てしまう印象。

……お昼寝から起きたようで、のびのびしてます(~□~ )

写真
次は、最大撮影倍率。

最大撮影倍率は、0.21倍となっているので、わりと小さな小物でもコレくらいまでは写せます。
最短撮影距離も望遠としては短い1.2mなので、テーブルフォトも撮ることが可能。

花など小さな被写体もある程度寄って撮影が出来るので、
200mmという焦点距離と短いワーキングディスタンスを活かせば、
浅い被写界深度を活かしてF4というスペックにあっても、
ボケを活かした写真も撮ることが出来ると思います。

幸いボケ味も素直で変なクセが見受けられないので、使える用途が幅広いレンズなんだろうなーと。

写真
開放から、解像感やコントラストも問題ありません。
一昔前のズームレンズなら、一絞りしなければ使い物にならないことも多々あったと聞くので、
技術の進歩ってスゴイですね、本当にそう思います。

写真
200mm側で撮影を行うと望遠レンズ特有の現象である圧縮効果が顕著になります。

圧縮効果とは簡単に言うと、手前側と奥側にあるモノの距離が縮まって見えることを言うのですが、
これは望遠レンズでしか出来ない描写なので、とても作画効果に貢献してくれます。

主な使い方としては、被写体の背景を手前側にグっと引き寄せることが可能なので、
ポートレートの撮影時などでも重宝するはずです。

遠くを撮るだけが望遠の活用方法ではないと、
私にカメラを教えてくれた友人が言っていたことが、ようやく実感出来た気がします。
きっとこういうことの積み重ねで、上達していくのかもですね。

写真
これも圧縮効果の一例。

300mmくらいだと、もっとギュッと詰まった印象になるのですが、
やり過ぎると狭苦しい描写になることもしばしば。個人的には200mmくらいの圧縮感がスキです。

写真
ISを切ると、やはり手振れしてしまいます。
このレンズを購入する前に、購入を検討していた“EF200mm F2.8LU USM”というレンズがあるのですけども、
そちらはISユニットが搭載されていないので、こちらにして正解でした。

200mmまでは手振れ補正や三脚無しでも大丈夫だと言う声も聞きますが、
それは一部の熟練者の言うことであって、私のような平凡なアマチュアにはやはり必要だと感じます、はい。

写真
揚げもの屋さん、、、おいしそう(~¬~ )

写真
正直、単派なのですが、このレンズにおいては何の不足も感じません。

私がよく見ているphotozoneのレビューでも高評価なようで、
海外でもファンの多いレンズの一つですね。

デジカメinfoさんが、photozoneの翻訳を行ってくれているので、
内容を知りたい場合は、こちらからどうぞ→[EF70-200mm F4L IS USM]

Lの称号を冠しているだけに、その期待は必然的に高くなると思いますが、
その期待に十分応えてくれるCANONユーザー必携の一本なのは間違いありません、強くオススメします。

写真
このレンズが加わって、手持ちのレンズラインナップ以下の通りに。
---------------------------------------
・CANON EF17-40mm F4L USM
・CANON EF24mm F2.8
・CANON EF35mm F2
・CANON EF50mm F1.2L USM
・CANON EF85mm F1.8 USM
・CANON EF100mm F2.8L MACRO IS USM
・CANON EF135mm F2L USM
・CANON EF70-200mm F4L IS USM

・SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM
---------------------------------------

純正至上主義ではないのですが、システムとして見た場合、
やはりメーカーを統一した方が運用面から見て楽なのは確かです。

メーカーが違えば、設計思想が異なるので、色の出方の傾向が変わったり、
純正ソフト(DPP)の恩恵(DLOなど)が受けられなかったりと、
メーカー統一することでそういった余計なことに、気を取られることが減りました。

写真
総評。

ズームの描写が単に劣る時代は、もう直ぐ終わるのかもしれません。
そんなことを予感せずにはいられない驚愕の光学性能。

しっとりとした色のり、高い解像感、各収差補正、俊敏なAF、ズームに対しての固定観念が覆るほど、
描写に関しては文句の付けどころがなく、満足度の非常に高い製品です。

F4という暗さもISがあるおかげで、夜でも撮影に持ち出せますし、
現行機種のカメラは高感度耐性がかなり良くなってきているのも手伝って、
必ずしもF2.8でなければダメだということも少なくなってくるはずです。

そして、F2.8Lは高いからF4Lにしましたというような妥協の産物ではなく、
F4だからこそ実現出来たF2.8の半分の軽さとコンパクトさを存分に活かして、
気軽に撮影に臨みたくなるそんな価値ある一本ではないでしょうか。

このレンズを手にしたなら、あとは腕をひたすら磨くだけです。

写真
ぇー、今回はここまでです。
それでは、また次の更新でっ! ノシ


↓使用した撮影機材↓
----------------------------------------
・EOS 5D Mark2
・CANON EF70-200mm F4L IS USM

・Digital Photo Professional ver.3.11.26.0
----------------------------------------
14
タグ: 撮影 機材 レンズ

2012/10/24

自分用メモ(10/24)  自分用メモ

DDコンセプトノート Ver.3(ドリーミィDD☆ブログ様)

【速報】48cmルルナ/プレフィス二次生産決定!!(AZONE様)

久々にこのみたんを撮ってみる(ほそのblog様)

夏の思い出(dwarf x figure.foto様)

Grassland in the morning :other side(AZURE Toy-Box様)

イヤーマフ制作中(§n°F§ カスタムドールLife様)

いろいろ(Starlight Scoop様)

Fujiwara Yukino’s Trench coat(Puppy52Dolls様)

アニメエキスポ 2012(culture japan様)

電撃20年祭に行ってきた(その1)(自由な色で広げたい様)

電撃20年祭 まとめっぽい何か(White Garage様)

『PIZZA BAR 裏秋葉原』へ行ってきました(エムジェイ・ノーヴォスチ様)

アニメ化企画進行中!ファットさんの「プリズマ☆イリヤ [コミックver.]」で遊んでみた!(ミカタンブログ様)

いよいよ発売!figma T-elos!!(figmaブログ様)

ダンボール製ダンボー(ホビーサーチブログ様)

何とも色っぽい表情にスタイル「ココロコネクト 稲葉姫子」サンプルレビュー(アキバHOBBY様)

ミリメートルモデリング 〜 キュアピーチ 〜 (ガレージキット)(figuephoto様)

GLEMO 小傘と早苗【ガレージキット】(ONE KNIGHT STANDS様)

春愁堂セイバー -ガレージキット-(すずひこドールブログ様)

アルター 『超昂閃忍ハルカ』 四方堂ナリカ 超昂閃忍Ver. レビュー(MOKOMOKOにしてやんよ♪様)

figma T-elos レビュー(はっちゃか様)

DX超合金 YF−29 デュランダル マクロス30周年記念カラーVer(ブログっぽいレビュー置き場様)

Max Factory figma 『Persona4 the ANIMATION』 天城雪子(ガムの玩具店様)

武装神姫 戦車型MMS ムルメルティア レビュー(YOの玩具箱様)

達康xえれっと 瑠璃色にボケた日常 「美少女にツッコミまくる青春系コメディ!」(アキバBlog様)

Apple、第四世代iPadを発表。A6X CPUを搭載しLTEに対応 さらに auでも(ニュー速クオリティ様)

【開発音源の7割がアニソン】アニソン用カスタムイヤホン『萌音』登場!
 お値段たったの15万円!(はちま起稿様)


イ ン テ リ 気 取 り の 輩 が 多 用 す る 言 葉(VIPPERな俺様)

『ヨルムンガンド PERFECT ORDER』3話感想 ココとヘックスの壮絶な戦い・・・
 そして悲しすぎる結末(萌えオタニュース速報様)


感想 ROBOTICS;NOTES(ロボティクス・ノーツ) 第02話「夢と希望とロマンがあってこそ」(Area 510 -隠れヲタ解放区-様)

『中二病でも恋がしたい!』 第3話 類は友を呼ぶ!?中二病が部活を作るとこうなるのか、、、w(まごプログレッシブ様)

這いよれ! ニャル子さん 10/逢空万太(ラノベ365日様)

キヤノンが5D Mark III で動画の非圧縮HDMI出力とF8のAFを可能にする新ファームを予告 [内容更新](デジカメinfo様)

ニコン、ズーム全域F4の「AF-S NIKKOR 70-200mm F4 G ED VR」(デジカメWatch様)

[PY] Canon EOS M SHOOTING REPORT(PHOTO YODOBASHI ヨドバシカメラ公式オンライン写真マガジン様)

新製品ニュース カールツァイス Distagon T* 2.8/15 ZE, ZF.2(Shuffle by COMMERCIAL PHOTO様)

武家屋敷にて(光と遊ぶ様)

テスト。ハイスピードシンクロ+おわんディフューズ。EF50mm F1.2L USM(ND4)(夏たま (^_^)様)

風吹く夕暮れ(よく晴れた雨の日に。様)

M42改造アンジェニュー50mm F2.8(ブリコラージュ工房NOCTO様)

2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ