2016/1/21

川沿いの神社  スナップ

写真


写真


写真


写真


写真


写真


写真
仕事が予定よりも早く片付いてしまい、ついでに2年ほど使ったスマホ(Xperia Z1)を機種変更(Xperia Z5)してきました。
あと、そのついでのついでにまだ初詣に行っていないことも思い出し、その足は荏原神社へ。

この神社は北品川の目黒川沿いに立地しているのですが、古くから品川の龍神さまと親しまれており、
元々は准勅祭社(東京近郊の主だった神社12社)であったことからも、かなり由緒ある神社です。
何気に近所なのですが、ちゃんと参拝したのはこの日が初めてだったかもしれません(ぇー
後日、このことを伯父に話すと「非品川民である!」と言われてしまったのですが、
品川に住むこと30年目にしてようやく品川民になれたということで良いのでしょうか(ぇーぇー

さておき、この日は長期間同僚に貸していた“EF16-35mm F4L IS USM”が返ってきたので、道中何枚か撮影もしてきました。
結構久々に使いましたが、やはりとても良いズームレンズだと感じます。
各収差もほとんど目立たず、F4という明るさながらボケ味も素直で、AFに関してこれ以上ないほど俊敏かつ正確です。
ちなみに、私から本レンズ借りていた同僚は、返却と同時にマップカメラへと向かっていきました༼ º﹃º; ༽ どうやら買ったようデス

えー、はい、ということで??書くことも無くなったので、今回はここまでです。
それでは、また次の更新でっ!ノシ



----------------------------------------
・CANON EOS5D Mark2

・CANON EF16-35mm F4L IS USM

・Zeta Quintプロテクター77mm

・Lightloom4.4
・PhotoShop CS6
----------------------------------------
10

2016/1/18

ワンオフドール作成備忘録 その1  ドルフィードリーム(DD)

こんばんわ、ボーダーラインです。

はい、ということで、久々の更新と相成りましたが、水面下でやることが多過ぎて正直ブログ更新どころじゃないのですが、
放置癖がつくと中々抜け出せないので更新することに(ぇー

何をそんなブログ更新サボるほど裏でごちゃごちゃやってるかっちゅーとですね、
最たる要因は最近ブログでも書いたようにドール(DD)一体丸々(全身)カスタムに集中してるからなのですが、
材料集めだけでも随分時間が掛かりました。というか、まだ全部集まってません_(:3」∠)_
売りきれてて販売されてない素材が結構あるので、その入手に手間取っています。

あとは、作成中のワンオフドールには何番ヘッドを使おうか試行錯誤中だったりします。
今のところコンセプト的に09ヘッドが順当だろうと考えていますが、メイクのデザインによっては06でも無理なくいけてしまいそうなので、
もしかすると09と06両方作ってみて、全体の親和性が良い方を採用というような感じになるかもしれません。
個で良くても全体として見た時に、バランスが良くないと台無しになることもあるので、そのあたりの匙加減を慎重に見ていこうと思っています。

写真
そんなこんなで、まず練習で経験値の足りない09ヘッドを使用してうちの子を作成してみました。
デザインは以前受注で作成させて頂いた09さんのデザインを踏襲し、姉妹的なコンセプトでメイクしてみました。
差異を出す為に、下のアイラインの形状を変更し、泣きぼくろの位置や眉毛・口角の角度なども変更しています。

普段であれば、私はメイクに1〜2週間ほど掛けて作成するのですが、
一度作成した子であれば乾燥時間込みで8時間ほどで完成(複製)が可能です。
今回の子も大体それくらいの時間で作成出来たと思うのですが、
私の知人のカスタマーさんの中には、2〜3時間で一つのメイクを完成させられる方もいらっしゃるので、
筆が早い方と比べるとまだまだ私は遅い方ではないでしょうか。

速さだけを追い求めているわけではないのですが、やはり必要な時に必要なスキルを発揮出来るのが、
熟練者と呼ぶに相応しいと個人的には思っているので、いずれ速さも身に付けていきたいなと思っています。

写真
ちなみに、デザインを踏襲させて頂いた子は、こちらの09さんとなります。
この子を作ってから、飛躍的に受注の問い合わせが伸びた経緯があるのですが、
具体的に書くと作成前と作成後では受注依頼のお問い合わせは軽く10倍ほどに増加しています。

受注を締め切らせて頂いた後も「あの09ヘッドの子と同じメイクをお願い出来ませんか?」という趣旨の内容を現在も良く頂きます。
そういった意味では、私のマイルストーン(物事の進捗を管理するために途中で設ける節目)と言えるメイクヘッドであったと思っています。

写真
あと、本気で一体ドールを組み上げようカスタムしてみようと考えた時に、
ドールってこんなに必要とされるスキルが沢山あるのか……っ!と本当に愕然としました。

軽く羅列するだけでもヘッドメイク・衣装のデザイン及び作成・レジンアイのデザイン及び作成・素体外皮の塗装・内部フレームの改造・ウィッグのカット・アクセサリのデザイン及び作成・個々のバランスをみるセンス、、、etc。
細かくカテゴライズすると更に増えていきますが、どれも一長一短では身に付かないスキルばかりです。
でも、だからこそ出来あがった時に喜びもひとしおなのかもしれません。

はい、今回はここまでです。
それでは、また次の更新でっ!ノシ


----------------------------------------
・CANON EOS5D Mark2

・CANON EF16-35mm F4L IS USM
・CANON EF100mm F2.8L IS MACRO USM

・Zeta Quintプロテクター77mm
・Zeta Quintプロテクター66mm

・Godox TT660

・LS DECO 白&銀 丸レフ板 90cm

・Lightloom4.4
・PhotoShop CS6
----------------------------------------
9



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ