2013/12/23

ドルパ30に行ってきた!  オフ会(ドール撮影)

ドールズパーティ30に参加してきました。

最近は、舞台役者さんの撮影をさせて頂いたり、紹介された撮影スタジオの仕事を手伝ったりと、
イベントから疎遠になっていたのですが、やはり遠方からやってきてくれる友人も多数居るので、ドルパだけは参加しておきたいなーと;。

写真
ということで、久々にドール関連のイベント参加となったわけなのですが、
前日からすずひこさん・azureさんと野外撮影に出かけることに(ぇー

写真
この日は、寒くて風が強かったので、1時間半ほどで撮影断念orz

予想していたよりも暗かったのと、イベント前に体力消費し過ぎるのもどうかな?と思い、
早々に引き上げてしまいました。

都市部の野外撮影の場合、人の迷惑にならんよう色々配慮すると、
どうしても上手くいかないことの方が多いくらいなので、別段珍しいことじゃないんですけどね;。

同行した二人の友人も苦戦している様子で、珍しく「ここは、ムズい」と頭を捻っていたのでちょっと新鮮でした。

写真
そんなこんなで、ファミレスで時間を潰したり、何やかんやしながら早朝にイベント会場到着。

今回のドルパは、いつもと入場方法が違い、ギネス記録を更新する為にドールを15時半頃まで預けないと、
パンフレットを購入していても早期入場が出来ないとのこと。

自分はドール撮影が出来ないのは困るので、早期入場を諦めて12時の一般入場まで喫茶店で待つことに_(:3」∠)_

写真
12時になったので入場開始。

先行入場が10時からだったので、2時間後の入場だと人気商品は軒並み売り切れている状態でしたorz ソリャソウダ

唯一、しまねこ企画さんからDDサイズのリュックと、虚頭怪談さんから1/3サイズの三得包丁を購入出来たので、そのうち撮影に使う予定デス。

写真
一通り会場を散策した後、お茶会スペースで友人が撮影場所を用意してくれたので、撮影をさせて貰いました。

今回のうちの子のコーデは、今年のトレンドになりつつあったボーイッシュ系には敢えてせず、
フンワリした雰囲気を残しつつも甘めになり過ぎないようにチョイスしました。

流行を追うことも、ある程度は楽しいと思うのですが、大勢の人とファッションが被ってしまったり、
自分らしさとは逆行したデザインにも関わらず、ムリをしてしまうということもありがちなので、
この子にはなるべくその場その時に最適なモノをチョイスしていってあげたいなーと思っています。

今回は撮影会ではなく、あくまでイベントなので気張らずに、ちょっとしたお出かけスタイルというか、
簡素なデザインの着回しし易いロング丈のVネックセーターに、アウターにダッフルボアコートを合わせてみました。

カジュアルなんだけど崩し過ぎず、加えてドールらしさを残しながら、どこか親近感の得られようなファッションって、なかなか難しいです;。

ぇー、あとコレに焦げ茶色のタイツと、やや明るめの茶色のミドル丈のくしゅくしゅブーツを合わせ、
頭には茶色チェック柄のリボンを付けて貰い、アクセサリーも金古美で作った渋いモノで統一。
上下で色を統一することによって全体の親和性やバランスを取っていたりします。

放っておくとどこまでも長くなりそうなので、この辺で割愛(オイ

写真
今回使っているこのウィッグ、前髪が長らく酷い状態だったので、やっと調整しました;。
顔の印象がかなり変わるので、前髪の調整って苦手なんですよね;。

相方のこたつさんに、ウィッグの切り方を教えて貰ったのが2〜3年前くらいなのですが、
そこから練習を重ね一体何個のウィッグをダメにしてしまったのか、数えたくもありません;。

一つのミスが、そのウィッグの実用性を完全に無くしてしまう場合もあるので、
何と言うかドールは本当に手間暇が掛かる存在だなーと、つくづく思わされます。

だからこそ、愛着が湧くんですけどね〜。

写真
むぎゅ。

写真
お茶会スペースでの撮影って、会場内のミックス光との戦いだと思うのですが、
ここ一年フラッシュをすずひこさんに長い期間を掛け、丁寧に教えて貰った結果、大分楽に撮影出来るようになりました。

フラッシュの光が、会場内の空気中に漂う微細な塵を照らして、背景が微妙にキラキラしてますが、
これだけは狙ってやったわけではなく嬉しい誤算なのかなと。

写真
最後に、上の撮って出しを本現像してみました。
ストロビストすずひこさんに捧ぐ習作を載せつつ、今回はこれで終わりたいと思います。

久々にドールも撮れましたし、何より沢山の人と話せて、今回もとても楽しいイベントでした。
それでは、また次の更新でっ!ノシ


↓撮影機材↓
----------------------------------------
・CANON EOS5D Mark2
・CANON EF50mm F1.2L USM
・CANON EF70-200mm F4L IS USM

・FUJIFILM X-E1
・XF35mm F1.4R

・KENKO 72 PRO1D プロテクター(W)ワイド
・KENKO 72S ブラックミストNO.1
・KENKO 67 PRO1D プロテクター(W)ワイド
・KENKO 52 PRO1D プロテクター(W)ワイド

・CANON スピードライト430EXU
・CANON スピードライトトランスミッターST-E2

・KING Fotopro C-4i(チタン)
・白&銀 丸レフ板 90cm

・LENSMATE FUJIFILM X-E1 Thumbrest silver
・GARIZ Screw Type SOFT BUTTON XA-SB4

・ColorChecker Passport

・Lightloom4.4
・PhotoShop CS6
----------------------------------------
8



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ