2016/6/5


写真
おはようございます、こんにちは、こんばんわ、ボーダーラインです。
当ブログで、挨拶と名乗りを上げつつ文章のはじめを書き出す時は、
大抵ろくでもないことのはじまりなのですが、今日も今日とてドール写真です、はい。

ことの始まりは、数日前ツイッターにてドールの水着写真が沢山あがっていたので(※私も撮りたかったですの意)、
梅雨も始まっていないというに、うちの子にも着て貰うことになりました(ぇー

水着を着せるということで、久々に素体のメンテナンスも頑張ることに。
一度全て分解を行いつつ塗装も一度おとして、内部フレームを改造したり外皮の再塗装も行い、全体的に現在の技術でリファインしています。
これにより、各所の稼働域と保持力が格段に上がりました。

もちろん、首パーツにはロックオンさんとにゃんこのおひげさんの合体パーツである“ロックにゃん”を組み込むことや、
ラジカルさん製の胸部パーツ及びつらら工房さん製のアイ稼動パーツも標準装備です、抜かりはありません(ぇー

水着写真撮るというだけで、まさかここまで頑張らないといけなくなるとは予想していませんでしたが、
つまるところ年一回撮るかどうかのサービスショットとか、そんな感じと思って頂ければ幸いです(ぇーぇー

お手数ですが、今回は画面右下の[続きを読む]ボタンをクリックして、続きをご覧下さいませm(_ _;)m



写真
まぁ、その、、、えぇ、ぁー、、、はい( ´_ゝ`) 全部見てのとおりです



写真
このおしりーな!( 'w')⊂彡☆)パーン)w’) <おっしゃるとおりです



写真
水着だからセーフです( ˘ω˘)



写真
これも水着だからセーフです( ˘ω˘)



写真
DDdy素体バンザイ٩( ᐛ )۶



写真
くだらないことばっか書いてると怒られるので、少しだけ真面目??な話もします。

このように上方向よりやや斜めより俯瞰するとして、まずは100mmの画角で撮影するとこんな感じとなります。
微妙に圧縮効果の影響で、胴体から足までの距離が縮まっていたりします。
中望遠程度の画角の良いところは、画面全体がギュっとなり過ぎず、適度に要素を纏めてくれるところではないでしょうか。

50mmで見たまんまをすんなり切り取るのも良いのですが、
私は何かしらアクセントを付けたいのでよく100〜135mm、もしくは28〜35mmを多用します。
画角が変わると表現が変わるので、それが一眼レフというシステムの素晴らしい点だと私は感じています。

写真
こちらは、28mmの画角で撮影した写真です。

寄れる広角というのは面白いですよね、何より寄ることでF値を絞ってもそこそこ背景がボケてくれますし、
広角レンズ特有の歪みもアクセントになって、何となくダイナミックに見えるのも良いです。

ちなみに広角側では24mm以下になってくると歪みが強くなってきますので、
扱いがやや難しくなってくるのですが、私は室内だと寄るなら28mm寄らぬなら24mmという使い分けをしていたりします。
野外撮影など広い撮影スペースだとまた少し扱い方が変わってくるのですが、今日は割愛します。

あと、24mmと28mmは画角こそかなり近いですが、描写は思いのほか差別化出来るので、本来なら各々用意したいところなのですけど、
持ち運びや交換の手間を考えると億劫な為、私は広角はズームで纏めてしまっています。

今回の撮影はほぼズームを使用しての撮影ですが、カメラを同じく趣味としている父親に見せたところ、
「このお尻はどうなっているんだ?」「最近のズームレンズは描写が良過ぎる、これはズルい」というコメントを貰えました。

確かに、“EF16-35mm F4L IS USM”と“EF24-70mm F2.8LU USM”は、自分でもたまに昔撮った写真を見返した際など、
他の単焦点レンズで撮った写真と見間違えることすらあります。

光学技術はここ数年めざましい進化を遂げていますので、
本当に良い世代に生まれたものだと感謝しつつ、今回の更新はここまでとしたいと思います。


それでは、また次の更新でっ!ノシ



----------------------------------------
・CANON EOS5D Mark2

・CANON EF16-35mm F4L IS USM
・CANON EF24-70mm F2.8LU USM
・CANON EF100mm F2.8L IS MACRO USM

・KENKO ZetaQuintプロテクター77mm
・KENKO ZetaQuintプロテクター82mm
・KENKO ZetaQuintプロテクター67mm

・GITZO マウンテニア三脚2型3段 GT2532
・ARCA SWISS モノボールZ1Rクイック
・Fotopro クイックシュー FPH52P C-4i シリーズ対応 79497 QAL-40

・Godox TT660×2
・Pixel KingPro Wireless TTL Flash Trigger 3rd Generation

・GODOX 多機能 S型 ストロボブラケット
・Manfrotto 173B ミニブーム
・Manfrotto 5001B ナノスタンド
・Avenger D200B グリップヘッド
・Bクリップ×2

・Creative Light アンブレラ ホワイト65cm
・自作布ディフューザー(綿100%生地)2m
・ウッドラックパネルR×2

・塩ビシート(白)

・Lightloom CC
・PhotoShop CC
----------------------------------------
18



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ