2012/6/26

25年前の写真  スナップ

昨日の夜、部屋の整理をしていたら

祖父が大事していた古い本の隙間から一枚の写真が……

写真
後ろには、昭和61年10月3日と記してあるところをみると

どうやら2歳頃の自分の写真らしい(ぇー

面影ゼロである

自分にもこんな時があったんだなーと

写真
話は変わり、最近近所がどうも工事ラッシュらしい

新しい道路が出来たり

新築の高層マンションなんかが

いつの間にか沢山出来ていた

今も建設途中のビルが急ピッチで建設中だ

写真
新しいモノが出来るということは

古いモノが無くなるという意味で

母校の小学校や中学校も無くなってしまったし

小さい頃友人とよく行った公園も取り壊されてしまった

写真
でも、特に寂しく思うということはなく

大事なことは自分が覚えてさえいれば

それで良いと思う

写真
街がどんどん便利になって

人が増えて

最近ほんとうに退屈しない

写真
そういった街の移り変わりや

家族や

身近な取り留めないモノも撮りながら

年間1万5千枚くらい写真を残しているので

25年後でも流石に一枚くらいは、写真が残っていると思いたい

写真
実際その時がやってきて、今撮っている写真を見たら

25年後の自分はどういう心境になるのだろうか

昔をただただ懐かしむだろうか

それとも写真の稚拙さに苦笑いを浮かべるだろうか

はたまた何かしらの想いを馳せるのだろうか

そして、願わくば

祖父が孫の写真を本の間に残した想いが

分かるような人間になっていたい


↓使用した撮影機材↓
----------------------------------------
・OLYMPUS OM-D E-M5
・COSINA NOKTON 25mm F0.95

・OLYMPUS Viewer 2
----------------------------------------
21
タグ: メモ 雑記 徒然



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ