2018/11/6

関節を消してみた@グラシュシュ  ドルフィードリーム(DD)

おはようございます、こんにちは、こんばんわ!、ボーダーラインですm(_ _ )m

転職して家業を継いでから、早いもので半年以上が経過しました。
まだまだ自分のペースで時間の配分出来るようにはなっていないので、
なかなか趣味に使える時間までは増えないのですが、
相変わらず慌しくもやりがいのある毎日を過ごしていたりします。

さて、それはさておきまして、
今日はスタジオグラシュシュさんにて撮ってきたうちの子の写真をアップしていきますね。
写真自体は真夏の8月頃に撮ったものなので、少し前の写真となっております;。

それでは、写真を、、、ペタりっ。
写真
今日の記事の題名にもしていますが、関節を消してみました。

元々、フィギュアなどの関節を消すノウハウはある程度マスターしていたのですが、
撮影仲間のまんじゅうさんから関節をより上手く消す方法を教えて貰ったので、実践してみた次第です。

まず、関節を消すと見栄えが良くなるという効果があると思うのですが、いかがでしょうか?。
確かにドールらしさは薄れてしまうかとは思うのですが、
こういった試みも表現方法の一つとして面白いと個人的には考えています。



写真
ついでに、口元も変えてみました(オイ
表情が変わるとガラリとその子の持っている雰囲気が変わるので、これも面白いですよね。



写真
関節を消す方法自体は、フォトショップを少しかじっている人であれば、
さほど難しい技術ではないと思うのですが、節々に人間と同じように影や血管などを配置することで違和感を軽減しています。

スタンプツール、ゆがみツール、ブラシツールの3点の使い方にある程度慣れていれば、
それ以外は使いませんので、恐らくほとんどの方がマスター出来るはずです。



写真
写真ってどこまでが写真で、どこから先がCGのような扱いになるのかな?、
と質問を頂いたことがあるのですが、正直ボクにもそれは分かりません(~¬~;)

ただ、かの有名な映画監督のジョージ・ルーカス氏でさえ、
「空気がないため、宇宙で音がでることはない。」というコメントに対し、
「俺の宇宙では出るんだよ」という名言??を残しているので、
どんなにレタッチしようと自分が写真だと思ったら、それは写真なんだ。で良いと感じます(ぇー



写真
ジャンプ写真。おそらくこの時ドール写真としては、はじめて撮ったような気がします。

撮ってみると意外と難しく、気をつける点が何点かあることに気付かされました。
ポージングによっても違いはあるのですが、腰を手前に持ってきて捻るを加えることと、
膝から下の足の角度を上げ過ぎでは?と思うくらいしっかり上げきることが肝要で、
目で見た時よりもオーバーにポージングしておくと上手くいきやすいようです。

あとは、髪や服の紐部分などが躍動感が出るように浮いてるように演出出来れば、
撮る角度さえ間違えなければ大よそは成功するはずです。



写真
一つ上の写真では、135mmの画角で撮影しているのですが、こちらは50mmの画角で撮っています。

135mm以上の望遠で煽りで撮る時は圧縮効果の作用で上半身が、こちら側に少し起き上がってくるので若干短めに写りますが、
50mm以下で撮影する時は、煽りよりもやや俯瞰程度で撮る方が個人的には撮り易かったです。



写真
以下、適当に撮った写真を関節消したものとなります〜っ。



写真
にゃーんㄟ( θ﹏θ)厂



写真
意味ないけど、何となくかっこよく見えるポージングシリーズ(ぇー



写真
何となく肩紐をクイっと持ち上げるとセクシーに見えるシリーズ(ぇーぇー



写真
腋と腕の繋ぎ目がどういう風にすると違和感なく見えるのかが一番難しいというか、
元々何も無い部分に肉付けを行うことになるので、完全にファンタジーです(何



写真
パンツじゃなくて水着だからセーフ_(:3」∠)_ ダト シンジテイル



写真
カニー(V)o¥o(V) チョキチョキ



写真
それにしても、グラシュシュさんは本当に撮り易いスタジオさんですよね。
フラッシュを焚かずとも、それなりに綺麗に撮れてしまうので、とても撮影が簡単に出来てありがたいです。

やはり、光の入り方が絶妙であるという点に尽きると思うのですが、
内装が凝っていても入る光の状態が良くないと、どうしてもフラッシュなどに頼らざる得ないので、持ち込む機材の量が多くなるのが難点です;。
その点、グラシュシュさんは立地も内装も光の入り方もとても良いので、
人気のスタジオさんということも頷けます。

あと、ドールを撮影している者として何より有り難いのは、
スタジオの内装がある程度ドール撮影を想定していてくれる点です。
また、ドールのお店が沢山ある秋葉原から近いというのも、大きな利点の一つかもしれませんね。

社交辞令抜きに、数あるスタジオの中でドール撮影するにあたり、これほど良い条件が揃っているスタジオも早々無いような気がします。



写真
少し話が脱線してしまいましたが、良い光の場所で撮影すると各加工もやり易くなるので、
当然関節を消す際も楽にレタッチすること出来ました。

関節のレタッチを行うにつれて、普段人間の関節がどのような構造をしているのかなど、
あまり気にせず生きてきたので良い勉強になってような気もします。
関節を消す時にもそうですが、普段の撮影でもそれらが分かっていると、違和感無く自然に見せることが上手くなるような気さえします。



写真
はい、ということで、ここまでとなります〜っ!。

なかなか更新頻度が上がらず恐縮なのですが、
今回もここまで見て頂き感謝・感激・雨あられ??ということで、
それでは、また次の更新で!ノシ





----------------------------------------
・CANON EOS5D MarkW

・CANON EF50mm F1.2L USM
・CANON EF135mm F2L USM

・KENKO ZX プロテクター72mm×2

・diagnl ダイアグナル Ninja Camera Strap38mm 一眼用 Black

・Fotopro C-4i(チタン)
・carinoさん自作ミニライトスタンド

・LS DECO 穴あき丸レフ板80cm折りたたみ可能銀白
・NEEWER 5-in-1撮影用 折りたたみ式 レフ板(半透明) 60cmx90cm

・Lightloom CC
・PhotoShop CC
----------------------------------------
16

2018/4/30

ドールズ・パーティ39 委託販売について  ドルフィードリーム(DD)

こんにちは、ボーダーラインです〜m(_ _ )m

ゴールデンウィーク中の5月5日(土)に開催されますドールズ・パーティ39で、
今回も有り難いことにTOA Claris様(ブースナンバー:315DD)にて、委託販売をさせて頂くこととなりました。

今回で早いものでTOA Claris様にて委託販売を開始させて頂いてから、
丁度1年近くが経とうとしていますが、やはりまだまだ緊張が抜けません;。
いつもイベント前は不安と期待に胸を膨らませてしまうわけなのですが、
初心を忘るべからずと思っておりますので、ある意味これで良いのかもしれませんね(;˘◡˘)



写真
こちらが、今回委託販売をさせて頂くのはアクセサリー5点セットとなります。



↓↓↓アクセサリー5点セットの内容は以下のとおりです↓↓↓
-----------------------------------------------------------
・ハンドメイドのカチューシャNo.1
・スターチャームのイヤリング
・ベルベットのロングループタイ(黒)
・マザーオブパールとアスタリスクチャームのダブルブレスレット
・3種の淡水パールのチェーンベルト


販売価格=13000円
-----------------------------------------------------------



写真
こちらが、アクセサリー5点を実際に装着した状態となっております。

各々のアクセサリーの個性が主張し過ぎない程度に、けれど存在感を失ってはいけない、
そのような部分を気を付けながら製作にあたらせて頂きました。
また、アクセサリーというのは、あくまで身に付けた人物の魅力を助長するものであると思っておりますので、
アクセサリー自体を華美にし過ぎないことも同時に気をつけていたりもします。

装着例では5点セットの全てを身に付けた状態となっておりますが、
もちろん各々スタンドアローンにご活用頂いても問題ございません。自由闊達にご使用頂ければ幸いです。

そして、「愛娘には、いつだってキラキラしていて欲しい」、勝手ながらそんな想いも込めて製作させて頂きました。
想いを同じくするオーナー様にご活用頂けたならば、この上なく嬉しく感じます。どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _;)m 恐縮です。



写真
ここから各アクセサリーの説明となります。

まずはハンドメイドのカチューシャNo.1についてですが、
こちらは当方が製作させて頂いているカチューシャの中では、定番中の定番であるとご紹介出来るものです。

農薬を一切使用せず大事に育てられた有機栽培綿から作られたオーガニックコットンレース、
それと上質なシルクリボン(オフホワイト)を組み合わせ作成致しました。
最上面に配置されたオーガニックコットンレースの素朴で温か味のある風合いが、
そのままに感じられるよう製作しています。
構造的にはシルクリボンを芯材に撒き、その上に中間層となるリボンレースを一枚張り合わせた後、
最後に表面のオーガニックコットンレースを配置する三層構造となっております。

私は、デザインから製作に入るのではなく、巡り合った素材を元にコンセプトを膨らませ製作に至るケースが非常に多く、
これは本業でもそのスタイルは変わることはありません。
それはなるべく、可能な限りその素材の本来持っている長所を活かしたいと思っているからに他なりません。
このオーガニックコットンレースを初めて見た時、
このレースでカチューシャを作れたら最高なんだろうな〜っ!と感じたのを今でもよく覚えています。



写真
カチューシャの裏側はこのようになっております。
接着剤が決してハミ出さないこととシルクリボンどうしが重ならないよう、その2点気をつけながら製作にあたっております。
本来であれば生産数も今の1.5倍程度まで上げることも可能かとは思うのですが、
少しでも丁寧かつ慎重に製作にあたろうと思った時、生産数を下げてでも使い勝手を損なってしまうような粗は、
極力排除していきたいと感じている次第です。

あと余談ではありますが、前回のイベントにて「No.1と付いているのは何故ですか?」とご質問頂きましたので、
その場でお答えさせて頂いたのですが、これは単純に当方が作成させて頂いたカチューシャの一作目であったからです。
現在は試作を含めるとNo.19まで存在するのですが、実際に販売をさせて頂いたのはまだごく一部となっております。
今後もこのNo.1のように幾度となく再販要望を頂けるような、
沢山のドールオーナー様方からご愛顧頂けるカチューシャやアクセサリーを作っていけたらと意気込んでいる所存です。



※一点だけカチューシャをご使用頂く上で留意して頂きたいことがございます。
2週間〜1ヶ月以上一回もヘッドから外さずに放置し連続使用した場合、
締め付け加減は必要最低限に調整はしておりますが、ウィッグとカチューシャ自体にダメージを与えてしまう可能性がありますので、
その点だけどうかお気をつけて頂ければと思いますm(_ _ )m



写真
次にご説明させて頂きますのは、スターチャームのイヤリングになります。

今回はじめてドール(DD)用のイヤリングの製作にあたらせて頂きました。
ノンホールイヤリングの基礎部分であるパーツを10種類程度購入後、
どのパーツであればDDの耳に負担なく・無理なく装着することが出来るのか、
それを調べるところからまずは製作を開始しました。

DDはヘッドによって耳の大きさや形状も違いますので、
このヘッドには付けられるけれど、こちらのヘッドの耳には付け難い、そのような事例も確認出来た為、
友人の協力のもと私の手持ちのヘッドと合わせ合計22ヘッドから確認作業を行い、
耳に挟む際の強度・ドール自身にキズを付けないか・ピアス自体の強度などの面を考慮し、
今回のノンホールピアスの基礎パーツ部分を選定致しました。

基礎部分パーツを金古美色の金属製のものを使用することも考えたのですが、
思いのほか悪目立ちしてしまうことと、透明樹脂パーツの方が柔軟性に富み、
チャーム部分をデザイン性を含め邪魔をしないということからも、今回のものをチョイスしている次第です。



写真
イヤリングのチャーム部分については、もっと派手にも出来たのですが、
やはりそれ自体が目立ち過ぎてしまう点や構造を複雑にし過ぎると重量の問題から、
耳から外れ易くなってしまい紛失する可能性が高まることも懸念し、至極シンプルなものと致しました。
ドールを手にした状態で室内を歩き、通常の撮影なども行ってみましたが、外れることはありませんでしたが、
やはり構造上耳に挟んだだけの状態で固定しておりますので、落下・紛失についてはお気を付け頂ければ有り難く感じますm(_ _;)m

チャーム部に使用しましたパーツは、4×3mmサイズのガラスビーズと金古美のミニスターチャームをチョイスしています。
このガラスビーズは、見る角度によってカラーの変わるハーフゴールド加工が施されたもので、
夕暮れから夜へと変わるような色合いが光の当たり方によって見て取れます。
チャーム部に関しましては、若干のなだらかな曲面を描いた星型のパーツなのですが、
このチャームは星の先端部分が尖っておらず、万が一ヘッドにパーツが接触しても、
頬などにキズが付き難いということも選定理由の一つとなっております。
また、基礎部分パーツにもスワロフスキー社製のラインストーンをあしらいました。

ガラスビーズ部分が夜空を表現したものでしたので、そこに星型のパーツを合わせたのは、
少々安直かつロマンチズムが過ぎたのかもしれませんが、
今後もイヤリングについては、もっと深く勉強していきたいと感じているところです。



写真
こちらは、ベルベットのロングループタイ(黒)となります。
前回の京都ドルパから販売を開始させて頂いたアクセサリーで、東京でのイベント販売は今回が初となります。

木馬ブランドの柔らかさと滑らかさを併せ持ったベルベットリボンを使用して作成させて頂きました。
主に襟のついたトップス(シャツやブラウス)と合わせて、ご使用頂くことを想定しているアクセサリーなのですが、
当方のループタイは通常のものよりも大分長いサイズ感となっております。
御要望を頂きましたので短いタイプのものも今後販売していくことを視野に入れております。



写真
留め金具の部分については、リング状のパーツを一つずつ手作業で捻り、適度な締め付け具合となるよう形状を再形成しています。
通常ですとオーソドックスなプレート状の留め具を採用するのですが、敢えて小さいリング状のものをチョイス致しました。



写真
先端部には解れ防止の効果とデザイン的な意味合いから、小さめの金古美金具を装飾しています。
市販品のパーツではこのように小さな専用のパーツはありませんので、既存のパーツを分解し再構成して対応することがほとんどです。

細かなことの積み重ねではありますが、シンプルなものであっても細部には気を使っていきたいと思っておりますので、
気付かれないであろう部分ほど丁寧にやっていきたいなと思っております。



写真
続いては、マザーオブパールと金古美チャームのダブルブレスレットについてです。

片方には小さなラウンドタイプのマザーオブパールを付け、
もう片方には金古美色のアスタリスク形状の小さいチャームをあしらいました。
このブレスレットは、二つで一つの仕様となっておりますが、もちろん片方ずつご使用頂いても問題ございません。

まず紐部分については、デコボコの独特な形状のものを使用しておりますが、
ただのゴム紐タイプに比べある程度見栄えやデザイン性を主張してくれる為、こちらのものを採用した次第です。



写真
チャーム部に使用させて頂いたマザーオブパールについてですが、
これはパールを産出する白蝶貝をパール上に加工した物です。
そのことから真珠の母(マザーオブパール)と呼ばれており、本当に古くから親しまれてきた石です。

マザーオブパールは家族の絆を強めたり、女性の魅力を高めたり、
愛される要素を高めたりという風に古来より言い伝えられてきたそうです。
また、子育てのお守りとしても重用されてきた歴史があるようで、
各ドールオーナーさんにとって、愛娘さんは目に入れても痛くないほどの存在でしょうから、
そう言った意味も含めてこの石をチョイスさせて頂きました。



写真
最後は、今回のセットのメインである三種の淡水パールのチェーンベルトについてです。

メインチェーン・サブチェーン1・サブチェーン2・チャーム部の4点のパーツ郡より構成されており、
名称のとおり三種類の純国産淡水パールを使用し製作させて頂いています。

サブチェーン1には、琵琶湖産のバロックタイプかつ6mmサイズの淡水パールと、
5mmサイズかつラウンドタイプのシャインパールを使用させて頂き、
そこへラウンドタイプかつ表裏で質感の違う天然貝シェルパーツを合わせています。
真珠層の成せる独特の照りや輝きやその重さは、やはり模造パールにない魅力の一つだと感じます。
そして、人為的ではなく自然の成せるバロックのランダム形状とシェルパーツ一つ一つのカラーの違いを楽しんで頂けたならば幸いです。

サブチェーン2には、4mmサイズの霞ヶ浦産のバロックタイプの淡水パールを使用致しました。
サブチェーン1にはホワイトカラーの淡水パールを使用させて頂いたので、
こちらは敢えてローズカラーのものを使用し、白とピンクは相性の良い色同士ですので今回合わせてみました。

メインチャームは、フィガロタイプのチェーンを基礎として、そこへチェコビーズ・チェーム各種をあしらいました。
チェコビーズに関しましては通常のものではなく、ダブルフェイスやハーフゴールド加工などが施されたものを使用しています。
フィガロタイプのチェーンは、通常のチェーンよりもデザイン的に凝っていることもあり、
どうしても割高になってしまうことは否めませんが、
デザイン優先ということで昔から好んで使用させて頂いております。

チャーム部については、スワロフスキー社製のラインストーンを付けた蝶の金古美パーツを基礎部分として、
そこへ霞ヶ浦産の極小サイズの淡水パールを3連と深い青色のシャインパールをあしらいました。
蝶のパーツの背部には左右で長さの違う2色のメタルレースを配置しています。



写真
純国産の淡水パールは、川や湖に住んでいる日本固有種であるイケチョウ貝という母貝から採れるのですが、
真珠の完成までは無核の為に約3年もの長い期間を要します。

淡水パールの構造は天然真珠と同じで核が存在しないので、その全てが真珠層で形成されています。
また、結晶層は非常に微細とるる0.45μm程度となっており、模造パールには決して存在しないこの結晶層の違いが独特の光沢を生み出しています。

ただ模造パールにも専門の職人さんが丁寧に製造している極めてクオリティの高いものは多数存在していて、
国産のコットンパールやシャインパールなどは、本当に素晴らしいものが多いですから、そこだけはどうか誤解無きようお願い致しますm(_ _;)m

今までも淡水パールは使用したいと思ってきてはいたのですが、
大量の純国産の淡水パールを仕入れようと思った場合、かなりの金額となりますので、
今回ようやく販売に漕ぎ着けることが出来たのは、
これまで当方の製作したアクセサリーに対し、日頃より皆様に沢山のご愛顧を頂けたおかげに他なりません。
本当にありがとうございます、心から感謝致します!。これで一つ目標を達成することが出来ました。



写真
それでは、5月5日(土)のドールズ・パーティ39にて、
TOA Claris様(ブースナンバー:315DD)で委託販売をさせて頂きますアクセサリーセットのご紹介は以上となります。

TOA Claris様のブースでのお買い物に関しましては、販売開始から列がなくなるまで、
服2アイテム+(同一商品は色、サイズ違い問わずお一人様1着まで)+ネイルハンド1+委託アイテム1の計4点まで」まで、
となっておりますので、ご購入制限について何卒ご注意下さいませ!m(_ _ )m



Total 4items for each per time. Purchase combination details are
2of Croth (different type combination only) + 1of nail hand + 1 entrusted item.
Thank you for your cooperation.!m(_ _ )m



写真
私は当日TOA Claris様の列整理のお手伝いをさせて頂く為、イベント会場にはおりますので、
当方の製作しております各種アクセサリーに関するご質問など、
ツイッターなども含めてお気軽にお声かけして頂ければ有り難く思います!m(_ _ )m

そして最後になりますが、私が毎回書くまでもなくもはや周知の事実かとは思いますが、
委託先であるTOAClaris様のブースには、可憐で素敵なドール用衣装の数々や確かな技術で製作されたネイルハンドなど、
盛り沢山の内容で歓待して貰えることかと思いますので、ぜひぜひお立ち寄り頂ければと思います!m(_ _ )m 宜しくお願い致します!。




追記:
イベントにご参加されました皆様、本当にお疲れ様でございましたm(_ _;)m
ドールズ・パーティ39も大盛況のうちに終了となり、大変楽しく有意義な時間を過ごすこと出来たように思います。
今回は、はじめて委託先であるTOA Claris.様のブースにて列整理をさせて頂いたのですが、
沢山の方から励ましと応援の声を掛けて頂き、社交辞令ではなくとても嬉しかったです。
この経験は間違いなくこれからの活動の糧になると確信しております。

また今回ご用意させて頂きましたアクセサリー5点セットも大変有り難いことに、
無事全て完売することが出来、ほっと胸を撫で下ろしているところです。恐縮ですm(_ _;)m

そして、「いつも可愛いアクセサリー楽しみにしています!」とアクセサリーをお求め頂いた後、
実際にオーナー様の愛娘様に装着した状態を私へ見せに来て頂けた時は、
本当に嬉しくて嬉しくてこの上なく有り難いことだなと感じた次第です。

まだ次回の予定は未定となっておりますが、
今後もまたそのようなお言葉が頂けるよう、一意専心励んでいきたいと思っております。
この度も本当にありがとうございましたっ!m(_ _ )m
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ