2012/8/17

毎年、毎年痛ましい事故が起こるのに  報告・日誌

未だに対策を取れない、採らないのであるならば、パチンコは問題を解決できる事ができないのだから、禁止と政府はするべきですね。


【パチンカス】窓閉め切り、エアコンもかけていない車に放置、乳児死亡…母(45)はパチンコ


まずなぜ、この母親がパチンコをするかを考えてみる必要が社会にはあると思います。
パチンコ、ゲームだったら3時間も熱中はできませんね。
遊びは遊びと割り切れます。
では、なぜこの母親はパチンコを3時間近く行ったのでしょうか?

答えは簡単です。
出た玉がお金になるから、ですね。
つまり、間に特殊景品をかませようと、金になるという事がわかって行っている、という事は、立派にギャンブルの定義を満たしています。

もちろん、こう言うと、ギャンブルとは違う、景品を交換するだけだ!
と言う人もいるかもしれません。

景品と交換するだけ?

では本場のギャンブルは実際のお金を使っているでしょうか?

使っていません。
チップと呼ばれるコインを利用して、これを換金したりしてます。

ならパチンコ玉やコインを使ってるのと同じじゃないか、パチンコやスロットは、そのあと景品と換える、と言う反論もあるかもしれません。

ですが、チップはそのカジノの交換場所でしかできません。
特殊景品もそのパチンコ屋の近く(場合によっては中)の買取所以外では利用できません。
これは移動の際の手間を省くためのものと言うことになると思います。
ところがチップもその場で換金せず、小切手状のものにして移動できる場合があるそうです。
小切手ですので、どこでも換金できます。

この点ではカジノのほうが健全ですね。

なにせ、特殊景品は、他のところでは換金できません。

このため、法的にどうであれ脳内、心理、精神の面では立派にギャンブルという要素を満たしてしまい、ギャンブル中毒になる事を促進しているわけですね。

だとするとこれは、民間賭博を禁じる法律に触れるわけです。
その人はギャンブルをやっているという認識を持っている、あるいは近い意識をもっているわけですから、故意にギャンブルをしてる事にもなります。

ギャンブルとして認識され、金儲けとして認識され行われる以上、これには公的、第三者的にギャンブルとして認めるという事が発生するのですね。

もし、自首したらギャンブルの罪になるという可能性もあるようです。
(やる人は自首しませんが)

このギャンブルと言うのは、非常に面白いもので自制心が失われる人、失われない人のパターンがあります。
失われる人は、多くに先の計画を立てない傾向があるとも言われます。
だから目先の利益に飛びつくてことをするのだそうですが、本来ギャンブルもまたゲームのひとつです。

ポーカーやルーレットなども状況をみて先を予測するなどの頭を使った部分が強い面があったりします。
競馬なんかもそうです。
馬などの体調、騎手、馬場の状況。
データをみて遊ぶ事がゲーム性を増すわけで、どこかで引き際を持つことが可能といえるものですが、それでもギャンブル中毒になる人はいるにはいます。

いますが、パチンコよりは低いのですね。

と言うのは、パチンコの場合派手な電飾や映像、それらが耳目をひきつけます。
さらにやっている事は昔とちがってモーターによる玉の射出です。
ですので、駆け引きもなければ、周りを見る事もない。
先手を考えるとかしないでいいので脳は漫然と映像や電飾、音に侵食されます。

巷で言われている、サブリミナルな効果以前にあの派手な電飾と音、外部の音を絶つような状態の中にいるだけで催眠効果もでてしまうわけです。

これは、宣伝や広告などでの初歩的な技法としても昔から言われてるものですが、そういう外部刺激をカットしたような状態を作る事で、こちらに集中させる、脳の機能を応用したような方法だそうで、テレビのCMの音が異常に大きくなるような時期があったのはその応用ですね。
多分に、不健全という事でだいぶやられなくなりましたが、その不健全をやっている状態に近いです。

もっと大げさに言いますと、ソ連の洗脳部屋と同じ構造がいまのパチンコ屋といえるわけで、ちょっと玉が出るときの開放感がそこに加わると、過剰に幸福感をえるという問題もあるんだそうです。

つまり、言い方を変えれば、音と映像と光を使って洗脳状態にして依存させている。
という事になってしまうわけですね。

催眠術にかかるようなものですから、かかりにくい人やかかりやすい人の差があるわけで、パチンコをやらない人はそういった、刺激のない状態での嘘多幸感に飽きた、催眠にかかりにくい人って言うことがいえると思うのです。


ですが、それを調べる方法はありません。

北朝鮮への送金や、反日活動、という面のほかに、だれがいつどういう状況で依存症になるかわからない地雷、という事を考えると健康面、精神衛生上の面からもパチンコは禁止すべき内容だと言えるのではないでしょうか?
58



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ