2013/5/13

半年前までは、結構持ち上げてたのがゴールドマンサックスです  問題情報

こういう形で出てくるという事は、もう韓国から絞りつくしたと思っていいと思います。
半年前までに持ち上げるだけ持ち上げて素人投資家から絞るというのが目的だったと思っていいでしょう。


【速報】 米ゴールドマン・サックス 「韓国は終わった」


投資というのはゲームみたいなものです。
ギャンブル性も高いといわれていますが、十数年前から日本でも個人投資などを増やすという事で利益を出すための投資会社が増えたのはあるようですね。

さて、同じギャンブルでも、投資の場合完全な「賭け」が成立します。
読み、時流に対する知識、また社会情勢の変化などなど。
このギャンブルに手を出すには記憶と知識と、常に状況を把握する観察力が必要となり、ゲームになりえます。
かなり頭を使うわけですから、正直どこかだらけた人にはお勧めできません。

そして、パチンコもギャンブルです。
賭けが成立しているので、ギャンブルとしての要素は拡大されます。
ですがゲームになりえません。
駆け引きが使えないのですね。
すべては台が決めるというか台をコントロールすることで成り立つわけですし、打つ人は駆け引き関係ありません。
ただコントローラーを回し指定されたアクションをするだけですので、別にゲーム性のある知的なものでもないわけです。
ただひたすら、音と光が刺激を与えるだけのものですね。

パチンコ業界だかが、老人痴呆症に良い効果を与えるとかいってましたが、そんな事はまだ学問的には証明されてはいないようです。

そしてそのパチンコの収益から北朝鮮などの反日国に流れるお金があります。

もはやテロ支援のための企業となってるといっても良いと思います。
テロという犯罪をなくすためにも、パチンコの廃止は急務なのです。


さてさて、ゴールドマンサックスのこの宣言からさらに韓国から資金の流出が起こると思います。
この先、日本からの公的な支援も望めないと思います。
韓国系のパチンコ関連企業は、躍起になって宣伝し、その金を本国に流すというようなことをしていくのではないでしょうか??
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ