2013/11/29

マルハン問題  問題情報

習志野市におけるマルハンの強制的な出店と、行政の不可解な動き。
これらに対してネットでも、いろいろと意見が出始めているようです。

障害者/児、教育福祉に関係しているNPO法人もこの件でかなり憤りを感じている所を見つけました。
一応、マルハン関係または自称パチンコファンなどの嫌がらせが来るかもしれないので、確認とったところ許可をいただいたので紹介いたします。

特定非営利法人峠工房
ここは、障害者福祉施設から始まりいまは障害児/者の教育、訓練の他、子どもたちの放課後の居場所などの提供など多くの福祉活動をしているそうです。
そこの園長であり理事長である方のブログにこの事がかかれていました。
忘れん坊のメモ帳 2013.11.27(水)

読んでいただくと判るのですが、NHKが過去に美談として障害者をパチンコに正体した事を放送していたようです。
それに対してもかなりの怒りをもっているようです。
パチンコが障害者を食い物にしようとしてる事や、して来た事は追及していかないとなりません。

 もう何年も前になるが、天下のNHKが美談として、パチンコ店が休みの日に、「ふだんパチンコに親しむことのできない施設の障害児」を招待して、パチンコを楽しんでもらったとニュースにしていた。

あきれるやらハラが立つやら、バカじゃないのNHK、とののしったものだ。

 パチンコはバクチです。

このためにわずかな年金を使いはたした知的障害者のひとや、実際に生活保護日でパチンコに溺れてる人も大勢いる。

 この「大バクチ業界」の裏で、何があるのか、ジャーナリズムはこういうことには背を向けるのかな?

日本のジャーナリズムは。


近いうちに、ここの園長にインタビューをして見たいと思いました。


もうひとつは、こちらのNPO。
特定非営利法人 NATURL REBORN
こちらは元々、メンタルトラブル、精神疾患や依存症などへの対応NPOとしてスタートし、当会でも依存症関係などで色々とご協力いただいています。
現在は、定款を変更し活動を拡大、メンタルのトラブルだけではなく、子育てや福祉など活動の幅を広げています。
子育ての段階から行っていかないと、心の問題は解決できないと言う事もあるそうです。
今回は峠工房と同じ様に許可を得て、ご紹介いたします。

そこのブログのこの記事です。
パチンコファンには公共の福祉や教育、障害児教育の事に気を配る心は無いのですね?
数あるパチンコ店に対して数少ない障害児児童福祉施設への嫌がらせなどに対してストレートに述べています。
たしかに、何千店舗もあるパチンコ店に対してそういった福祉施設はたりません。
それにたいして20人くらいのガキと言ってしまう自称パチンコファンは、公共の福祉や社会保障に対して理解がないといってもいい様に思います。

もっとも、その公共の福祉、社会保障である生活保護でパチンコをする人がいるわけですから、彼らにとって福祉や社会保障の金、障害者に回す金も自分らに寄越せという欲求でもあるのでしょうか?
そんな疑いすら持ってしまいますね。

そして、パチンコ中毒、所謂ギャンブル依存症を起こし、パチンコの金欲しさで犯罪に走る人が絶えない状態で、このような施設の有るところに出店する事の住民の不安を無視した行為、そして反対に力で脅す行為。

これらが、パチンコに関わる人の実態だというのなら、もはや廃絶する以外に手はないのではないか、とも思います。

パチンコファンというのが大方このような事を思っている、このような考えに陥るというのだったら、パチンコは人の心を悪に染める存在といってもいいでしょう。

障害児福祉施設に対してこのような行為をする事をパチンコ業界が諫めず、またパチンコファンというのが咎めないでいるのなら、やはりパチンコなんて病害を撒き散らすと言う存在としてこちらも対処するしかないのかもしれません。



ここで紹介した事で、もしかしたらパチンコ業界からの嫌がらせがこの二つのNPOに行くかもしれません。

パチンコファンの嫌がらせが発生するかもしれません。

でもその場合は即、当「パチンコ廃止を求める会」に連絡していただけるよう言って有ります。
その場合は、当会はそれを徹底的に調べるつもりですし、公表して行こうと思っています。

問題を問題とせず見過ごす行政、これ以上はない人権侵害、福祉への冒涜を無視するマスコミ。
これらの状態には確実にパチンコマネーが絡んでいると思っています。

自分たちの金儲けのために、弱者を迫害するのがパチンコ産業と、パチンコファンならば、これこそが差別犯罪であり、ヘイトクライムとも言うべきものです。
この異常な事態を早急に改善しなければなりません。


  
2

2013/11/28

パチンコ関係がなりふり構って無いのは、この所為でしょうか?  報告・日誌

店舗を増やして、送金額を増やしたい、といったような事なのでしょうか?

日韓関係悪化が長期化したことで、韓国経済が深刻な打撃を受けている

元々が、軍事独裁政権が己の罪を隠すために、始めたのが反日教育と言う事で良いようなものです。
有名な済州島の虐殺や保導連盟事件、光州市の弾圧事件。
これ以外にも、隠された市民虐殺は数多くあるわけですし、朝鮮戦争時の従軍慰安婦を集め、それも半ば強制連行な状態で集め、国連軍のために慰安所を建てた等は、現在は韓国でも公になっているようです。

従軍慰安婦は韓国政府の捏造だったことが判明!!韓国の慰安婦たちが国に訴訟!!内部崩壊キタ――(゚∀゚)――!!
韓国 政府が傍観する中で被害女性たちが国家を相手に損害賠償を請求する訴訟を起こすことにした。
この日、被害女性の支援団体であるセウムト シン・ヨンスク代表は
<ハンギョレ>との通話で
「政府が米軍を相手に事実上慰安婦を運営したという証拠が続々とあらわれている。
はやい時期に被害事例と証拠を集めて民主社会のための弁護士会と共に被害を賠償せよとの集団訴訟を起こす計画だ」

と明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/15985.html

この様な事態も発生し、日本との関係悪化改善の兆しもありません。

本来なら簡単なことで李明博の天皇陛下侮辱発言を謝罪し、対馬から奪った仏像を返すことで、まず交渉の入り口を作る事はできたのです。

ところがパククネ大統領は反日を全開で行ってきました。
関係改善どころか悪化させることに勤しんだわけですから、良好になぞなるわけありません。

そうなると、資金源と目していたものの予定が崩れます。

パチンコ業界の脱税は日常茶飯事ですし、今回の習志野のマルハンの件をみてもなぜか、条例が変わって、大規模店舗が作られました。
住民への説明も無く、障害児福祉施設の近くにです。

このような事をして反対が起こらないわけはないのですが、そこで悪質な嫌がらせを行います。
警察も動かない。

そこまでいろいろとしてまで日本人から金をむしりとって祖国に送ろうとでも言うのでしょうか?
穿ちすぎと言う人もいるかもしれません。

ですが、タイミングはそのように見えるのです。
韓国のやった事、そして置かれてる事態は所詮自業自得です。

悪意を向ければ、良い事など帰ってくる事はありません。

パチンコ業界もまた同様です。
昭和のそれも戦後のすぐのような、暴力的恫喝での出店などをするようならば、そしてそれが自称パチンコファンのやる事であるならば、心ある人は、パチンコ産業と、パチンコファンを蔑む事になるでしょう。

この事を良く理解してほしいものです。


  
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ