2014/8/12

ぜひ、これまでの濡れ衣を一掃していただきたいものです。  報告・日誌

【朝日誤報】自民総裁補佐「河野洋平氏に事実関係確認したい。来年に新しい談話を出したい」

全ての慰安婦問題の、絶対的な教義ともなっていた吉田証言が公式に捏造であったとなったわけです。
その吉田証言ですら18年近く前に虚偽であると本人から言われているわけですから、実際に調べた人たちが捏造である、嘘であるとずっと言い続けてきたのに、それを右翼の歴史修正主義と言い、捏造して歴史を変える事は許さないとかご高説を述べていたわけですからね。

その捏造の上になりたった従軍慰安婦なんて言う戯言は、完全に一掃するべきでしょうし、日本と日本人の名誉を回復するべきときです。

現在は逃げ回っている、朝日新聞で従軍慰安婦の嘘を広めた人たちも、その罪を償うべきでしょうし、朝日新聞が本気で責任だの謝罪だのと言う事をいうのであるならば、実際にそれを示して欲しいものですね。

現在も、社長は頑なに謝罪を拒否してるみたいですし、まだまだ朝日新聞自体が海外向けの記事を書いて居ないというのもあります。

朝日新聞の社員たちも、過去の人間がやった事なのに自分達が責任を問われるなんて、と嘆いているなんて話しを聞きますがやってもいない事で責任を追及するなんて息巻いていたのは当の朝日新聞です。

責任が途切れるものではないと言うことを言ってたのですから、その言葉を実践し、自分達が会社の一員としてその罪を償うことをしたらどうでしょうか?

ずっと日本の戦争責任がと言っていたわけです。
朝日新聞の捏造責任、誤報責任を今の社員がとるのは朝日新聞的な考えでは正しいのではないでしょうか?

それとも、自分たちは責任を取りたくない、取らせるだけをしたいとでも正直に言うのでしょうか?
それも嘘を吐いてでも日本に責任を取らせたいだけです!と。

それができないなら、日本人に対して犯した罪、それも現在進行形ですからね、それを完全に償ってほしいものです。

そうしなければ許されないと言い続けていたのは当の朝日新聞ですからね。

これまで日本の良い部分は伝えず、わるい部分は捏造までして伝えたのです。
本来なら今すぐ廃刊するべきなのでしょうが、まだまだそのつもりはないようですから、如何な方法をもってしても、彼らの作った被害を解消させるべきでしょう。

今後もネットや現実を問わず、朝日新聞への糾弾は続くでしょう。
また、同時に吉田証言を元に作り上げられた、慰安婦神話によって日本を攻め立てた人たちへの、断罪は行われていくでしょう。

すべてが嘘とわかってもまだ、強制だ日本の犯罪だと騒ぐ小池晃を擁する日本共産党やだんまりを決め込む福島みずほなどこの件で日本に謝罪をし罪を償い国民一人一人に賠償しなければいけない人々は多く居ます。

なにしろ、戦争時代とは無関係の高校生に韓国で土下座させるなどをさせた要因がこの人たちなのです。

言われ無き罪をかぶせられた先人やそれを理由に屈辱的な行動をとらされた若者。

それらの事を考えたら朝日新聞社員が受けている苦痛なんて、まったく屁でもない事なのです。


  
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ