2015/4/24

なにか、いまさら遅いというか?  報告・日誌

もう、後戻りのできないルビコン河越えてるんですよね、韓国は。

韓国議会が『日本に愛想を尽かされたこと』に本気で怯えている模様。今さら方針転換を要求するダメダメぶりを露呈

そもそも歴史問題って存在してない訳ですから、存在してない事でぎゃーすか言えば日本が譲歩するという事を、なんどもやってたらそれが現実かのように思ったという事を直さないといけないでしょう。

謝罪も補償も、戦後の条約で済んでいる事や、慰安婦の問題というのが単に軍票の換金の問題だった事などを明るみに出す必要が韓国にあるように思います。

それらの事実を公表し、反日が政治的な手段であった事を韓国国民に知らせる事ができるのであるならば、事態は改善するかもしれません。

ただ、それにはものすごい痛みを伴うでしょうし、過去にそれらに携わった政治家や官僚なんかは、その責任を問われる事態になるのはあります。
それを受け入れるかどうかとなると、ないでしょうね。

それゆえに、過去の話の捏造を利用した政治的な歓心を買う方法を捨てられないという事になると思います。
つまり、もっと早く変えていればよかった事を変えなかった結果もう八方ふさがりなのですよね。

そして、それを加速させたのは朝日新聞の慰安婦捏造ですし、福島瑞穂の慰安婦裁判詐欺とでも言ったところはあると思います。
もし、韓国人が謝罪や賠償を求めるのならば、この二つをまず追及する事が必要ではないでしょうか?


と言ってもそれをするのもやっぱり無理でしょうね。
『米国が韓国を異常扱いし始める』と韓国当局が顔面蒼白に。日本に無視されただけで韓国が窮地に陥った
ちょうちん持ち状態の学者を使って、相変わらず日本の犯罪がをやっていますけれど、韓国の政府機関自らが強制連行の証拠はなかったとも発表しています。
また、そもそもの発端の朝日新聞の記事事態が捏造なのです。

それらの話があってなお、このような事をしているのであれば、やはり異常な国と認識されるのは普通なのではないでしょうか?
そしてそれを韓国への差別的にとらえている以上、韓国と韓国国民との有効ってのはあり得ないと思います。

またその対立構造が消える事で、利益を失う在日韓国人の人たちの問題というのも考えなければいけません。

パチンコの問題もそうでしょうし、反日芸人と言われる人たちの問題もそうでしょう。
ただ、それらの問題も全てひっくるめて、韓国の持つ病理とするのはちょっと乱暴だとも思ったりします。

個別の案件が重なりあってより酷くなっている、と考える事が大事なのではないか、と思う事も多い現実です。



 
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ