2016/8/3

都議選後、惨憺たる様相を呈しているようですね。  国内外の話し

民進党は、そもそも突如現れた鳥越擁立で勝てると本気で思っていたのかどうか、怪しいと思ってたのですが、どうも内部でもいろいろあったらしい事は窺えます。

【都知事選】ついに民進党が鳥越俊太郎をボロッカスに非難キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! 全部ぶちまけて溜まった鬱憤を晴らすwww 2ch「バカ丸出しww」「さすがミンス、相変わらずバラバラだなwww」

松原仁のこの発言は、そもそも野党連合が機能していない事を感じさせますし、戦略的にも戦術的にも、勝ちを取るための作戦が機能してないというかそんな相談すら無かった様に思います。

結果的に、あのざまでしたし鳥越さん自体の体力的な限界をまざまざと見せつける選挙戦だったと言える状態ではないでしょうか。

そしてなまじっか野党連合と大々的に打ち出した結果、彼らの敗北は凄まじいものがあります。

なにしろ、当選した小池百合子にダブルスコア以上の差をつけられている訳ですからね。
自民都議連公認の候補が落ちたとはいえ、小池百合子当選では勝ったと言う言い訳だってできないでしょうし、まいてや5位の桜井誠は11万票強です。

つまり、テレビやラジオ、新聞で完全に黙殺したはずの、ネトウヨが11万強もの票を取った事や、同時にそれが街宣や演説による一般大衆からの支持を得た事が非常に脅威となっていると思うのですね。

実際、韓国では阿鼻叫喚の模様です。

韓国紙「なぜ!?都知事選で元嫌韓団体代表の候補が善戦」

韓国や在日サイド、反日・売国サイドにしてみればヘイトスピーチを規制したんだから消えると言う安易な方向で動いたと思います。

ただ、ヘイトスピーチを明確に規定する段階手前まで来ただけで外国人に対する問題や、他国の日本に対する態度の問題を指摘する事は別段規制はされていないのですね。

だから、在日韓国人が犯罪を多数冒している者がいるという「事実」を言い、対応を厳しくするべきって言ったところでそれはヘイトではないって認識もなりたつし、実際そうです。

嫌うサイドや、在日サイドもしくは在日韓国人に味方するサイドにしてみればそれはヘイトだと言いたいでしょうが、逆を言えばヘイトと騒いで同胞の犯罪を隠蔽している、と言っても通じる状況を自ら作ったと言える訳ですから嫌韓団体元代表という意識は日本人には逆に薄れていると言う状況もあるのは否定できない現実として受け止める事ができないといけません。

もし、それは一部在日の問題で、というのであれば在日韓国人社会はそれを隠す努力ではなく変える努力で行くしかなかったんですね。

それをしなかったのだから排除の理論が動くのは当然なのです。

韓国社会は日本を憎むように教育している訳ですから、在日サイドの差別がという言い訳を鵜呑みにしてる面がありますし、実際そういう人が多数派でしょう。

だから、在日同胞と呼びつつもパンチョッパリなんて侮辱して差別されてるなんて事な様ですし。

そして、内政に干渉し、武力の使えない日本に威嚇をかけてさんざん金を引き出し、助けられても恨み、そして世界で日本を貶める努力をする。

そんな実情を知ってしまえば、韓国に対する好意を持つ人が居なくなっても全然おかしくはない訳なのですよね。

そしてその結果が今回都知事選で現れたと言うだけだと思います。


韓国や、反日外国人、日本の反日、売国団体が虚偽によ日本への誹謗や罵倒を辞めない限り、いつか桜井誠が総理大臣になる、という事になってもおかしくはないだろうな、なんて思ったりする選挙結果でした。


なにしろ、全く黙殺されての11万票強なんですからね。


  
0
タグ: 海外 政治 言論



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ