2016/9/29

現実に影響がない。  国内外の話し

韓進海運が破産して、だいぶ経ちますがネットや一部メディアで騒ぐような日本への悪影響とか世界の危機とか無いように思います。

実際、海運業の方でもそれほどの影響もなく、粛々と対処してるようです。

【経済】韓進海運受け入れず 日本勢参加のコンテナ船連合

これまで、メディアでも韓国が危機になれば日本も危ないとさんざん煽っていた訳ですが、いざ韓進海運の破産となるとほとんど報道しませんでした。
そして、それによって日本経済が危機に陥るかっていうとそれほどのものもないです。
今後の海運業界の編成が少々変わる程度だったようですから、まあ、大体普通にあり得ること、だった訳ですね。

言い方を変えれば、つまり厳しい言い方をするならば韓国はそれほど世界に影響力のある成長をしていない、という事になると思います。

実際、97年のアジア通貨危機での韓国の破産問題などを考えると、それほどの影響力を世界が認めるのか?というとないでしょうね。
所謂、安物商売をして焼き畑商法と呼ばれることをして経済を膨らませたと言う印象はあっても、実質的な成長と再生をしたとは本質では認めていなかった、と言う事になると思います。

この時の破産危機でのIMFの投入やその後の度重なる経済危機を日本の援助で乗り切ったのに怨念をぶつけ、貸した金も返さないなんて状態が続いている訳ですから、当然ですがいざと言うときに金がある、とは各国認めない訳ですよね。

そして現在では、韓進海運を政府が金も出せずに見捨てた時点で財閥にも政府にも余剰の金がないという判断がされてしまっています。

そして、信用は完全にマイナスの極限に言ってるように思います。

もし、早々に手を打っていればと言う事はどこの経済学者も経営者も思う事でしょうけれども、実態の無い財力を誇示していた事実まで出てきてしまっては最早信頼の回復も望めないのではないかなぁ、と。
そんな状態と言えますから、大変です。

そして、破産した海運会社が海運連合に残れるわけもなく(存在してないし)、消えていく訳ですが、ここに入るのはベトナムかどこかでしょうか?
もしかしたら、ニュージーランドかもしれません。

メディアが嫌っている処がそうかもしれませんし。

なにしろ、メディアは率先して韓国ごり押しをしていました。
裏にパチンコマネーがあると噂され、それを否定も肯定もしない態度をとったり過剰に否定したりなどはありましたけれど、歪な韓国推しは結局は実質を伝えておらず、そして問題を指摘する連中あらば、レイシストだの差別だのと騒いだだけでした。

もし、問題を指摘する人の話をちゃんと流していれば、おそらくここまでひどい結果はでなかったのでは?
なんて思います。

マスコミ、メディアに騙されて(と言う言葉が正解か知りませんが)、韓国を発展している、安定していると思い、砂上の楼閣を気づかせなかったと言う点では韓国を破綻させたのは反日マスコミとパチンコマネーかもしれません。

そして願望記事を書き続けるのでしょうけれど、それが常態化している韓国では未だ、その願望記事を垂れ流しています

日本のメディアは知らせない自由だかなんだかでしょうが、そんな事を続けてきた結果のメディアというかマスコミの衰退です。
このまま、韓国と一緒に消えて中国と共に再起不能になるのかもしれません。

ただ、そうなったあと、それをちゃんと調べる学者が出たとき、パチンコの存在がどう扱われるのか?てのが気になるところですね。


  
0
タグ: 海外 政治 言論

2016/9/19

人権や共生、平和を謳うマスコミはこれらの事をほとんど報道しない。  問題情報

【中世】脱北者が描いた「北朝鮮収容所」の残酷すぎる実態 「強制堕胎」「犬に食べられる少女」

その代り、やってもいない日本軍の蛮行にこれら北朝鮮の蛮行を加えたりしているようですが。


もし、マスコミやそれこそしばき隊が平和だ人権だ、共生社会だを本気で願っているならば、北朝鮮のこれらの問題にこそ声を上げるべきでしょうし、パチンコ店の北系とされる所に対して、もっと強く批判の声を上げるべきでしょう。

それらをせず、それらの問題に声を上げる人たちをレイシストだのなんだのと罵倒し、暴力的な言動をする、という事はやはり北朝鮮系のパチンコ店などから資金がでているのでしょうかね?

噂レベルであった事も、彼らの沈黙が肯定する状態になるかもしれません。


第一、日本でも拉致という問題が存在しています。
拉致被害者、特定失踪者問題と言ったものにもパチンコ店が絡んでいると言う噂もない訳ではないのです。

小池都知事が朝鮮大学等の見直しをするのであれば、これらパチンコ産業の問題も追及してほしいと願う次第です。



特定失踪者調査会動画















  
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ