2013/6/28

7月一日はカナダの日  Vancouver Now
クリックすると元のサイズで表示します

「カナダの誕生日」といわれることも多いカナダの日は、当時すでにイギリス連合王国の一部であり現在のオンタリオ州とケベック州からなるカナダ州(Province of Canada)に、ノバスコシア植民地、ニューブランズウィック植民地を加えて、ひとつの自治領(ドミニオン)であるカナダ連邦が1867年7月1日に誕生したことを記念する日として制定された。

カナダの日にはダウンタウンでイベントがありみんなで盛大に盛り上げるパレードがあります!

一度だけパレードに言ったのですが、はっきり言って普通。。-.-;

花火といえば豪華に何発も打ち上げてドン!ドン!ドドドドドドドンというのを想像しますね。特に日本の花火は別格!

クリックすると元のサイズで表示します
日本の花火は本当にすばらしいと改めて思う

カナダの日のフィナーレに花火が上がるのですが5,6年前にみた花火が本当、ほんっっとうに地味で日本人からしたらこれが花火?と鼻で笑ってしまうような物でしたw

クリックすると元のサイズで表示します
ヒュ〜〜〜 トゥルルル パン!x100 ぐらいですね。 その人ごみの中で
(おおお〜 ビューティフル!と聞こえました)

その見た花火が衝撃的すぎて最後まで見る事も無く、サッサッと人ごみが群れる前に帰ったのを覚えています。


えっ?花火なんかどうでもいいよ、カナダは何でそんなに祝日が多い? カナダ人は働くのが嫌いで遊ぶのが大好き!と私は勝手に思っていますw
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ