2011/3/27

企業、続く自粛ムード 新商品延期、ミシュランガイドも  
東日本大震災による工場の被災や物流網の混乱で、企業の新商品の発売延期が相次いでいる。「自粛ムード」が続くなか、イベントや発表会の中止も目立っている。

 システムキッチン大手のクリナップは、4月13日に予定していた2年ぶりの新製品「新クリンレディ」の記者発表会を中止にすることを決めた。クリナップは地震で福島県いわき市の主力工場など6工場が操業を停止しており、関係会社の社員も被災した。新製品の発売日は「現時点では未定」という。

 アサヒビールも、第3のビールの新商品「ブルーラベル」の4月5日の新発売を延ばすことを決めた。被災した茨城工場は、一部が復旧したものの、主力商品の生産を優先するため新商品が製造できなくなった。

 被災地向けの既存製品の供給を、最優先させる動きもある。紙おむつや生理用品は品薄感が強く、避難所からの要望も多い。大手のユニ・チャームは29日に予定していた大人用介護用品の「尿とりパッド」の新商品投入を当面延期した。いまは、香川、静岡両県の2工場で被災地向けの既存製品をフル生産中だ。

 サントリーも4月中下旬に発売予定だった炭酸飲料など新製品3種の発売を延期して「お茶など災害時に優先度が高い製品の生産を優先する」という。

 道路や鉄道など物流の乱れも、発売延期につながる。キヤノンは25日に予定していたデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X50」の発売を29日に延期した。ソニーも19日に予定していたパソコン「VAIO」の春モデル5機種の出荷が数日間、遅れた。

 震災による個人消費の冷え込みを見込んだ動きも出ている。グルメ格付け本を発行する日本ミシュランタイヤは4月21日に発売予定だった「ミシュランガイド ボンヌ・プティット・ターブル・東京」の発行を延期した。気軽に通える東京のフランス料理店を集めた内容だが「これからの外食を控える傾向に配慮した」という。

ミシュラングループでは、4月にフランスで発売する予定だった日本の旅行ガイド本の新版も延期。夏か秋ごろまで待って発売したいという。

 被災者への配慮から、華やいだイベントが中止されることも多い。パナソニックは、25日に東京都内のホテルで開く予定だったスチームオーブンレンジと炊飯器の新製品発表会を延期した。23日にも同様の発表会を延期していた。担当者は「地震による被害状況を考慮し、当面は発表会は自粛する」としている。

 重要文化財に指定されている日本橋(東京都中央区)の架橋100周年を記念し、4月1〜3日に予定されていたイベントも急きょ中止。再開発中の日本橋地区に客足を呼び込む目玉事業として期待されており、主催者は状況を見つつ秋の開催を模索する。

http://www.asahi.com/business/update/0326/TKY201103260437.html

SB13、Outlawも延期すべきなのか? 「自粛ムード」は果たして日本全体から見て良い結果を生むのだろうか。 いたずらに復興を遅らせるだけで被災者の足を引っ張る事にならなければ良いのですが。
0

2011/3/26

バイク組合、宮城県石巻で災害支援「もういらんと言われるまで」  
クリックすると元のサイズで表示します

全国オートバイ協同組合連合会(AJ)は、28日から宮城県石巻市を拠点として、オートバイによる災害支援ボランティアを開始する。村井嘉浩宮城県知事から応援要請を受けて、被災地の情報収集と物資搬送にあたる。

AJは、全国約1400社のオートバイショップが加盟する日本最大の販売店組織。会長の吉田純一氏が先頭に立ち、第一陣を組織。大阪府と埼玉県の組合員ら10人以上現地入りする。

「交代しながらできるだけ長く、もういらんと言われるまでやりたい」(吉田会長)

吉田氏自身、95年の阪神淡路大震災で店舗2件が全壊するという辛酸をなめた。「体験してるから、人の痛みもわかるしね。組合員にも全半壊の被害が出てるし、募金も募ってるけど、とにかくオートバイ販売店が現地に行こうと」。

宮城県は、被災地にまだ連絡の取れない地域がある。バイクの機動性を生かして、そうした被災地の連絡係を務める。

「オートバイは阪神淡路の震災でも、ずいぶん役に立った。乗用車では行けないところでも、医薬品を持って走れるしね。ついでに、被災地の人々に、バイクって役に立つんだなあと有用性を知ってもらえたら、それだけでうれしいです」

被災地入りするために吉田会長はカワサキ『KLX250』を選んだ。被災地の荒れた道路に切り込む高い踏破性を重視したためだが、中にはホンダ『スーパーカブ』で参加する組合員もいた。100km/リットル以上の省燃費と新聞や郵便配達で鍛えられた積載量は、被災地支援には最適だ。

「とにかく何があるかわからないから、いろんな車両で参加してお役に立ちたい」

災害支援ボランティアは自力で移動できることが基本だ。AJのボランティアでは、トラックにガソリン、暖房、寝袋、水、防寒具、カッパ、カイロなどが積み込まれた。災害支援ボランティアは、参加する側にも覚悟がいるが、すでに第二陣、第三陣も予定している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110326-00000010-rps-bus_all
0

2011/3/25

M30取り説案  M30 復刻版
クリックすると元のサイズで表示します
第一案


クリックすると元のサイズで表示します
第二案


クリックすると元のサイズで表示します
第三案

M30取扱説明書の原案です。 
7

2011/3/24

スズキ、軽トラックや原付スクーターを寄付  
スズキは3月24日、東日本大震災での被災者救援活動に役立ててもらうため、軽トラック50台、原付スクーター100台を寄付すると発表した。

寄付する軽トラック50台は『キャリイ』などで、避難地区に支援物資を輸送することなどに活用してもらう。二輪車は被災地自治体の情報収集などに活用できる見通し。

被災地では道路網が寸断されており、小回りの効く軽トラックや原付スクーターが役立つ。また、飲料水や医薬品などの支援物資も寄付する予定で、各自治体の要望を確認した上で支援物資を贈る。

同社は被災地に義援金3000万円を寄付することを発表しているが、車両などの支援物資、義援金を含めて総額1億円相当を支援する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00000027-rps-bus_all


スズキさんは立派です。 社会貢献を考える会社に未来あり。
5

2011/3/24

M30イメージ  M30 復刻版
クリックすると元のサイズで表示します

こうはならないように気をつけねば。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ