2013/1/26

RX10買いました by ほむりん  SPEEDWAY RX10
クリックすると元のサイズで表示します

はじめまして。
いつもブログ楽しませて頂いてます。
私はこの間21になったばかりのクソガキですが、原付から中型へのステップアップが決まりましたので、この度憧れだったRX10を購入致しました。
私はメガネライダーなもので、走行中は問題ないものの、信号待ちでシールドとメガネが曇りまくってしまうので、常にシールド開けてアホづら晒して運転しております(^_^;)

小さめの58を購入したのですが、ホールド具合といい、重さもちょうどよく、テンションが上がっております。

テンション上がりすぎて大学の後輩達にこんな写真まで撮ってもらってしまいました。

大学にシンプソンライダーは一人も見たことがないので、これからRX10を見せびらかして、人口増加に努めて参りたいと思います。
いきなりのメッセージ、失礼致しました。


ほむりん様、メッセージありがとうございます。 こんなに褒めて頂けると、木に登ってしまいます。(笑)  若い方に購入して頂き、こちらも若返った気分になります。 ありがとうございました。シールドの曇り止めは研究中です。 もうしばらくご辛抱下さい。
6

2013/1/25

カナダの医療事情  
こんにちは。お久しぶりです。
Norix新人アシスタントです。

本格的な冬真っ只中の1月も終わりに近づいておりますが、2月に入ってもまだ寒い日は続きます。みなさんは体調など崩していらっしゃらないでしょうか。

今日のお昼すぎ、Norix本社で話題になったのがカナダ(バンクーバー)の医療機関の対応の悪さです。
技術もさることながら、待ち時間の長さや(急患でも待たされる)専門医にたどり着くまでの道筋の長さなんかもありあまりよろしくない医療制度です。
すぐに見てもらいたければかかりつけ医師というのが必要で、何か異変があればとりあえずかかりつけ医師に予約を取り診てもらってから専門医へ紹介してもらうという回りくどい方法をとらなければいけません。
かかりつけ医師のいない人は「ウォークインクリニック」というものが地域にいくつかありそこで診てもらうのですが、ここはいつも込み合っていて1時間、2時間待ちというのは当たり前。
日本だったら治ったのに、専門医に行くまで時間がかかりすぎて最悪の事態に陥るというケースも少なくありません。
日本はなんだかんだと医療制度も医療技術も進んでいる素晴らしい国だと認識させられます。

ちなみに私はカナダで歯科医にかかったとき、日本の歯医者さんの治療あとを見ながらカナダ人の歯医者さんが
「なにこれ、どうやってすんの、これ、すげー・・・」
とぼそぼそと呟きながら治療していて非常に不安になったという思い出があります。
歯科医療に関してはドイツと日本が突出しているとその歯医者さんは言っておりました。

なにはともあれまだしばらく続く冬に負けないよう、元気にお過ごしください!
クリックすると元のサイズで表示します
5

2013/1/25

NAMM SHOWへ行って来ました  
昨日は日帰りでロスのNAMM SHOWへ行って来た。 NAMM SHOWとはアメリカで行われているフランクフルト、ムジークメッセ(ドイツ)と並び称される世界最大規模の楽器ショー。 世界中の楽器、機器が集まる。 一般入場は不可、招待を受けたディーラー、メーカー、アーティスト及びプレス関係者のみ入場出来る。   日に9万人の入場者があるというだけあって、入場に際しパスの扱い、身分証の提示はかなりうるさかった。

クリックすると元のサイズで表示します

まずは入場用パスを入手。 これを手に入れるまでに会場近所の交換所で30分ほど並んだ。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


とにかく楽器、楽器、楽器の山。 試し弾きしているのを聞いてびっくり。 皆半端なく上手い。それもそのはず、世界中の有名アーティストも参加している。 何気なくドラムを見ていると、そのブースのスタッフからトライアウトしろと進められるも丁重にお断りしてその場を逃げるように離れた。 (汗)  恥ずかしくて、こんなプロばかりの場所で叩けるはずがない。  楽器ショーに何故かハーレー。 意味不明だったが気になったのでパチリ。


クリックすると元のサイズで表示します

そして今回の主目的であるAYOTTEの新オーナーと15分ほどのミーティングを済ませ、カナダへの帰路に。  片道約3時間のフライトで日帰りは疲れる。 次回から一泊にしたい。

2

2013/1/25

新連続ドラマでシンプソンヘルメット使用?  


残念ながら大物タレントN氏主演予定の新連続ドラマはイメージが合わないらしくシンプソン使用は没になったと連絡がありました。 またの機会を期待します。(ショボーン)

 

3

2013/1/25

スペシャルドラマ『リッチマン,プアウーマン』放送決定  
クリックすると元のサイズで表示します

小栗旬主演『リッチマン,プアウーマン』、続編ラブコールに応えて2013年春にスペシャルドラマが放送決定!

小栗旬・石原さとみ・相武紗季・井浦新ら、豪華俳優陣が再結集する! 連続ドラマ最終回でお互いの気持ちを確かめ合った小栗旬演じる“変人”日向徹と石原さとみ演じる“生真面目な女”夏井真琴が徹のマンションでひとつ屋根の下、期間限定の共同生活をする…。 価値観や生活スタイルが正反対の二人の恋はうまくいくのか!? さらに、Next Innovationを去った朝比奈恒介は徹の元に戻ってくるのか!?

2013年春放送

 2012年7月期に放送され(2012年7月9日〜9月17日)、IT企業社長・徹と女子大生・真琴の恋の行方や、徹が経営するNext Innovation栄枯盛衰の末路がどうなっていくのか、回を追うごとに大きく話題となっていった『リッチマン,プアウーマン』が、番組ホームページにドラマ続編を期待するコメントが多数届くなど視聴者からの熱いラブコールにより、2013年春にスペシャルドラマとなって帰ってくることが決定した。小栗旬、石原さとみ、相武紗季、井浦新らおなじみの豪華キャストが再結集する! 『リッチマン,プアウーマン』は、小栗旬が演じる、若くしてIT企業を立ち上げ億万長者となった社長と、ヒロイン役の石原さとみ演じる、東京大学理学部という高学歴ながら内定がもらえず就職活動に奔走する女子大生の、等身大でありながら女性誰もが憧れるシンデレラストーリー。生活スタイルも価値観も正反対の2人が、たびたび衝突を繰り返しながらもお互いのことを理解するようになり、精神的に成長して、互いに引かれていく。恋愛ドラマだけではなく、企業ものとしての要素も多く盛り込まれており、世界的な不景気&経済難が続き大卒就職率も史上最低を記録する一方、数人でIT企業を立ち上げ、たった数年で巨万の富と名声を手にする成功者もいるという現代のリアルな部分も描かれている作品。そんな『リッチマン,プアウーマン』が、今回どんな展開を見せてくれるのか、来年春が待ち遠しいかぎりだ。

スペシャル放送の見どころ

 今回のスペシャルの見どころとして、「期間限定、ひとつ屋根の下」と「連続ドラマでは描かれなかった空白の1年9ヵ月」という二つのテーマがある。

 連続ドラマの最終回で、お互いの気持ちを確かめ合った徹と真琴の二人は、すぐに日本とブラジルという、地球上で一番遠く離れて生活するカップルになってしまった。その二人がどんな遠距離恋愛をしていくのか。変人の日向徹に、生真面目な夏井真琴。恋に不器用な二人はそう簡単にうまくはいかない。そんな二人が期間限定とはいえ、なんとひとつ屋根の下で暮らすことになる!海外赴任中の真琴が1週間だけ日本に帰国することになり、住むところのない真琴は徹のマンションへ。離れ離れだった二人がようやく“ひとつ屋根の下”で楽しい生活を始められる…と思いきや、生活感満載の真琴と、気に入ったものしか身の回りに置きたくないというこだわりゆえ家具のいっさいない部屋で暮らす変人、徹は全く合わない。価値観や生活スタイルが正反対の二人は果たしてうまくいくのか?連続ドラマでは“会社”を舞台に徹と真琴の物語が描かれていたが、今回のスペシャルでは一番のプライベート空間である“家”を舞台に二人の物語が進んでいく点も目が離せない!

 また、大手家電メーカーとの共同開発にこぎ着けたことでどうにか倒産の危機を乗り切った日向徹率いるIT企業「Next Innovation」。しかし、復活までの道のりはまだまだ。はたして徹は会社を立て直すことができるのか?そしてNext Innovationを去ってしまった、親友であると同時に共同創業者でもある朝比奈恒介はいかにしてNext Innovationに戻ってくるのか?連続ドラマでは描かれなかった空白の1年9カ月がスペシャルで明らかに!

プロデューサー・増本淳(フジテレビドラマ制作センター)コメント

「ファンの皆さまから続編を待つ声をたくさんいただきました。今回のスペシャルはそうした声によって実現しました。ドラマの作り手としてはこれ以上ないうれしい出来事です。ファンの皆さまの期待に応えるべく連続ドラマを超えるラブストーリーをお届けします」

−連続ドラマ『リッチマン,プアウーマン』とは−

 日向徹(小栗旬)はIT企業社長でリッチとはいえ、およそ欠陥だらけと思われる性分。そんな徹と出会い、やがて引かれていく女子大生・夏井真琴(石原さとみ)。真琴は徹に、これまで出会った人たちは誰も持ち合わせることのなかった純粋さと、それゆえの孤独を感じ取り、やがて引かれるようになる。二人はたびたびの衝突を繰り返しながらも、お互いを知り成長していくことに…。徹の親友で共同経営者でもある朝比奈恒介(井浦新)と恒介の妹で、真琴の恋のライバルとなる燿子(相武紗季)の2人が徹と千尋の関係に多大な影響を与えていく…。


出演者
小栗旬
石原さとみ
相武紗季

浅利陽介
中村靖日
八木のぞみ
舞川あいく
丸山智己
佐野史郎

井浦新


http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2012/i/121225-i170.html

ダイアモンドバックを一躍メジャーにしてくれたドラマ『リッチマン,プアウーマン』がスペシャルドラマとして今春放送決定。 詳細は知らされておらず、オートバイシーンがあるかどうかもわかりません。  今度はSB13かM30で登場して欲しいと密かに願っております。



3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ