2019/9/3

冷や汗  その他

クリックすると元のサイズで表示します


前回に引き続きシエナのA/C温度調整つまみの話です。  アメリカから発送されるため部品到着が今月末と、時間がかかってしまいます。  早く治したくてネットで調べていると、2001年式カローラの部品とそっくり。 カローラなら解体屋さんにゴロゴロしているので、さっそく前回お世話になった近所の解体屋さんへ直行。  「おおっ、同じだ」 ただ色が違うため、中のプラスチックギアだけ交換する事にしました。  解体屋さんにお約束の50ドルを支払い、ルンルン気分で作業開始。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


早速シエナのA/Cコントロールパネルを外しにかかりますが、ここまでバラさないと部品が外れません。 この時点でかなり後悔してます。 しかし途中でやめるわけにも行かず汗をかきながらやっと部品を外しました。 






クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


部品をバラしてみると、予想通りプラスチックギアがなめていました。  ギアだけ交換して元のコントロールパネルをそのまま使いました。



クリックすると元のサイズで表示します

一瞬冷や汗をかきましたが、無事交換終了。




6

2019/9/3

新しい普段履き用シューズ。  SIMPSON全般
皆さん、こんにちは!荒井です^^

早いもので9月になりました!
バンクーバーでは段々と日の入りが早くなり、
(以前ブログで夜10時頃まで明るいとお伝えしていますが。。。)
一日が短くなった気がしてしまいます(*_*)

さて、本日は掲示板にてsaury様が投稿して頂いた「新しい普段履き用シューズ。」についてです。

クリックすると元のサイズで表示します

普段履きもバイクも車も基本同じ靴で済ませてしまう習慣がついてしまっていて、
今まで使っていた某イタリアメーカーのカートシューズが
結構くたびれてきたので新しいものを手配することに。
それが今回NORIXさんのオンラインショップさんで購入させて頂いた
USシンプソンのMIDTOPです。

なお、手前のHEATSHIELDの方はだいぶ前に並行で購入したものですが、
流石にこっちは派手なので、何かクルマバイク関係のイベントとか
「ここぞという時」しか使ってませんでした(笑)。
でも、履き心地や安心感はなかなか素晴らしいので、それが今回の選択に繋がりました。

今までカートシューズを使ってたのは理由があって、
あれは押し掛けする乗物ということで一般的な4輪用レーシングシューズより
ソールがしっかりしていて「歩く時にもほぼスニーカーと同じ感覚で履けるし長持ちする」
という点と、耐火繊維ではないので価格的にお手頃というところ、
それでも通常滅多にない火災以外に対する保護性能は十分以上という点だったのですが、
HEATSHIELDを購入した時、日欧とアメリカのドライビングスタイルの違いからなのか
シンプソンのドライビングシューズはスニーカーを通り越したくらいにソールがどっしりしっかりで
「この感じならシンプソンは普通に履いて全然大丈夫」と気付いたので
次はそうしようとずっと思ってたんですね。ようやく実現しました。

オンラインショップの品揃えで個別サイズやモデル丸ごとの欠品が結構あるとか、
本国にはあるのに日本では売ってないのが結構あるなぁとか結構気になる点はあるのですが
(例えば耐火性が必要なければカート用があればそれで良いですからね)、
USシンプソンのシューズをバイク用やタウンユースまで含めて使うのもなかなかお勧めですよ。

「きっちりカカトが分かれていた方が良い派」の方はクルーシューズ系だとそうなってますし。
以前には標準タイプの安い方のクルーシューズ
(これもNORIXさんから買えるようになる前だったので並行)を使ってた事もあります。

(saury様より)

saury様、この度はオンラインショップより
USシンプソンのMIDTOPをご購入頂き、誠にありがとうございます。
こちらの履き心地はいかがでしょうか?

日常で使う靴。
足に合わない靴を買ったときのショックさは計り知れません。
特にsaury様のように普段履き〜バイクや車の運転時にも使用するなら尚更です。

皆さんもこの機会にSIMPSONの靴もチェックしてみてはいかがでしょうか。



4


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ