2014/6/20

北米での健康ブーム  Vancouver Now
クリックすると元のサイズで表示します


北米には健康を徹底的に意識している人が日本よりも多い気がします。

理由の1つは食文化の違いだと思います。

日本の食文化は北米のそれに比べてかなり健康的です。日本で売られている野菜や果物は北米で売られているものと比べると栄養価がかなり高いようです。

日本人が北米へ来て自炊して日本と同じメニューをとっていても風邪や病気をしやすくなる理由の一つは食材の栄養価の違いだそうです。

そのため北米では足りない栄養をサプリメントなどで補います。北米のサプリメントは日本のサプリメントとは比べ物にならないくらい成分が多いです(サプリメントが本当に健康に良いかは別にして)。

外食は濃い味付けで脂っこいことが多く、カロリーは日本での外食よりも高いと思います。

北米では1食のうち、食材の色が多いほど栄養バランスがいいということはあまり知られていません。日本では学校で習いますよね。

こういった理由から北米の人たちは日本人よりも強く健康を意識しなければたちまち肥満や病気などに悩まされることになってしまうようです。

毎日運動し、午後3時以降はカフェインを取らず、夜には油物や炭水化物を避け、サラダは毎日食べ、食後には散歩する。買う食材はオーガニックのみ、という強いこだわりを持つ人が私の知り合いにも7、8人に1人くらいの割合でいます。

日本でもサプリメントやオーガニックなどの言葉をここ数年でよく聞くようになり健康ブームですが、北米でも健康ブームはこれからもっと加速していきそうです。
4

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ