2010/6/28

M30クレーモデル第4弾  M30 復刻版
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

頭を切り替えてアイポートを制限以上開けてみました。 余裕を持ってSGをクリアできます。 デフォルメしてM30らしさを出したつもりですが、写真で伝わるかどうか。 大きいシェル62cm用ですので、ちょっと大きめに見えますが小さいシェルも作る予定ですので頭の小さい人はもっとぴったり来る物が出来ると思います。

これが限界かもしれません。これで納得していただければ、次にシールドの作成にかかります。シールド作成が終り、シールドの型が出来上がってから、もう一度シェルの微調整、3Dファイルに転換、シェルの型作り、その後、EPSの型作りと、型作りの連続。 次に、内装、部品、その他、ステッカー類などの作成と続きます。 

こんな短期間で4度もクレーモデルを作った事は初めてです。 ちょっと疲れました。
8

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ