2021/9/8

チョロQの日  
皆さん、こんにちには!荒井です^^

本日9月9日は「チョロQ」の日です
由来は「チョロQ」の「Q」を「9」にかけたとのこと。


最近は全く耳にしなくなったチョロQ
小さい頃家にあった記憶があります。

多くの方はご存知かと思いますが、チョロQの紹介を。

〜チョロQ〜
名前の由来はチョロチョロ走るキュートな車であり、
ミニカーの一種。3〜4cm四方程度の大きさで主にぜんまいばねで駆動する。
1979年:誕生
1980年:正式販売された
1980年代:小学生を中心に一大ブーム


1987年に「チョロQハイグレード(HG)」
2004年に「スタンダードチョロQ」
と二度のリニューアルを行ったが、現在スタンダードシリーズは生産を休止中。


現在販売中なのは
ハイクオリティな「チョロQzero」と企業向けのものとなっている

クリックすると元のサイズで表示します
Z-74a ランボルギーニ アヴェンタドール ミウラオマージュ(赤)とSIMPSON


久々にチョロQという言葉を耳に懐かしくなってしまいました。
皆さんもチョロQから興味が湧き、今でも4輪が好きな方がいらっしゃるのでは?
6

2021/7/29

フォードマスタング  
皆さん、こんにちは!荒井です^^

バンクーバーにいると様々な車を発見します。
クラシックカーやスポーツカー、カラフルな車
特に若い男性はカッコいい車を見つけると写真を撮るほど。。

私の友人もその一人で、駐車している車を見て
「わ〜すごい、かっこいいな!」とぼやいていました。

クリックすると元のサイズで表示します

初代マスタングを開発したフォード副社長は「アメリカの民衆はスポーツカーは好まない。スポーツカーのように見える車を好むのだ」という持論を基に、タイトな後席を持つ見た目と機能性を重視した車が誕生。

その結果、発売当初から高い売り行きを記録し、自動車史上に名を残した。


因みに本日7月30日はフォードの創業者、ヘンリー・フォードの誕生日だそうです(笑)
7

2021/7/16

瞳フォーカスに夢中  
皆さん、こんにちは!荒井です^^

皆さんは写真撮影が好きですか?

私は写真を撮ることは好きですが、専門的なことはさっぱり。
時々ヘルメットの撮影で使用する会社用一眼レフも、未だにうまく使いこなせません( ;∀;)

ボタンやモードがあり過ぎて、何を選べばいいのやら・・・。
管理人から「しぼればいいんんじゃない?」と助言をもらいつつも、
何が違うの?となっていました(絞る/開くは最近覚えた内容なほど初心者です)


助言をくれた管理人が「新しいカメラが出たんだよ」と一言。
それ以降、毎日のようにカメラの話題をふってきますwww

クリックすると元のサイズで表示します

・世界初動画8K撮影
・手振れ補正

その他にも色々機能があり、
中でも一番のおススメは人や動物の瞳に焦点を当てられるようになったとのこと。
私にとってはバリアングル液晶モニターが魅力的でした(*^-^*)

購入に悩んでいるそうですが、高額品なのと
使いこなせるスタッフがいない・・・。
私にカメラを与えたらそれこそ豚に真珠です(笑)

そもそも日本料金に比べるとカナダドルでは少し高めで
更に州/国の税金が上乗せされるので、日本で買った方がお得だそうです。


皆さんが譲れないカメラの拘りポイントはありますか?
3

2021/7/6

進化型 バックミラー  
皆さん、こんにちは!荒井です^^

市内をドライブ中、前方の車内に面白いものが。
初めて見るもので初めはなんだかわかりませんでしたが、
TVのように何かが写っているバックミラー

クリックすると元のサイズで表示します

通常は鏡なので見にくくないのかな〜と思いつつ、
物珍しさに興味が湧きました。

数日後、用事でUberに乗る機会が。
その際に乗った車にもモニター版のバックミラー

バックミラーと同様の機能を持つ、このモニターですが、
後方に取り付けられたカメラが幅広く後ろを写すので、運転不慣れな私には便利そうでした。


懸念点はもしモニターが何らかのトラブルで映らなかった場合です。
それに加え、モニターでの確認が便利のため、目視を怠る可能性も。。。

それでも、このモニター版バックミラー
私にとっては新しく画期的なアイテムだと思いました!!

バンクーバーではまだ珍しく、まだまだ鏡タイプのバックミラーが主流です。
日本ではよく見かけますか?
5

2021/6/28

和製英語 車内 回答編  
皆さん、こんにちは!荒井です^^
週末をいかが過ごされましたか?
バンクーバー周辺は滅多にない程に暑くなり、
土曜日から月曜日に毎日が40度前後まで上がりました(◎_◎;)


冷房機器が日本ほど主流ではなく品数も豊富ではない上、
この異常な暑さでどこもかしこもクーラー/扇風機が品切れでした

平日の今日はこの暑さのせいで学校がお休みになっているとのこと。

この暑さが続かないことを願うばかりです( ;∀;)



さて、本日は前回出題した意外と知らない?和製英語 車内の回答を!

クリックすると元のサイズで表示します

@バックミラー:rearview mirror
初期の自動車は元々バックミラーは装備されていなかったが、1909年出版されたイギリス人女性 Dorothy Levittの本で「女性は後方確認するために手鏡を」と方法を紹介した。

Aドアミラー:side view mirror/wing mirror/side mirror
北米の方はドアミラーを畳む習慣?がないです。駐車している車は99%でドアミラーが出しっぱなしです。手動なのでしょうか?

Bフロントガラス:windshield/windscreen

Cハンドル:steering wheel/driving wheel
和製英語とは知らずに「ハンドル」と何度言っても通じなかったことがあります。
和製英語恐るべし。。

Dクラクション:horn(button)


皆さん、どのくらい正解できましたか?
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ