2017/2/6

M30アンバーシールド  M30
クリックすると元のサイズで表示します

ご紹介が遅くなってしまいましたが、みなさんお待ちかねのM30シールド新色が登場です。

アンバーシールド!

別売りシールドの新色登場は久しぶりですね。

すでにオンラインショップでは販売が始まっています。

M30アンバーシールドのオンラインショップページへ

また、弊社ウェブサイト上で専用ウェブページも公開しましたので、ご興味のある方はのぞいてみてください。




9

2016/6/21

M30が愛用品☆  M30
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

大田区多摩川大橋周辺でペンタックス一眼レフカメラK-5にて撮影。

バイクがTODAYなのはギャグです↓

(なお様より)

なお様からお写真をいただきました。

補欠当選されたなお様。喜んでメールを下さいました。

M30はフルフェイスなのに小さいですからTODAYでもアンバランスな感じがあまりないですね。

普段は何のバイクを愛用していらっしゃるのでしょうか。

なお様、お写真ありがとうございました!



2

2016/5/10

M30復刻  M30
クリックすると元のサイズで表示します

昨年テキサスのシンプソン本社訪問時、古いヘルメットが飾ってあった。 どこから集めて来たのか以前は無かった物だ。  米国でのM30発売後、何か雰囲気が変わったような気がする。


2010年5月14日、Norixブログ記事は以下のように書いている。 

----------------------------------------------------

2010/5/14

M30 復刻版  

本気モードでM30復刻版を考えているのですが、シンプソン本社にオリジナルの型がまだ残っているか確認の電話を入れると、「10年以上経った型は全て廃棄処分にした」と、何事も無かったかのようにあっさり答えてくれました。 あまりのショックに思わず「アハハ」と笑ってしまった。「現物サンプルは有るよね?」には、「無い」の返事。 残る方法は中古のオリジナル品をどこからか見つけ、そこから仮型→クレイモデル→本型を起こすしか方法は無さそうです。廃棄するなら、廃棄すると一言くらい声をかけてくれても良いのに。現在シンプソンのヘルメット責任者は入社2年。こっちは20年もシンプソンやってる生き字引なのに。どうしたら良い物か。 Bill Simpsonに相談しようにも、彼は今それどころじゃ無いほど大変な状態だし。困った。

------------------------------------------------------

この記事を前後してシンプソン本社にM30復刻のお伺いを立てている。その時は「誰が買うの?」と鼻で笑われた。 まさかその4年後に鼻で笑った本社から「M30をアメリカで売りたい」と言われるとは誰が信じたか。   世の中、これだから面白い。  

  



9

2014/7/18

M30フロッキーコーティング!  M30
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

M30の塗装画像をいただきましたので紹介させていただきます。

フロッキーコーティングです!ベルベットみたいな質感ですね。

これはすごく独創的ですね。

レッドなのですがただのレッドではない、というところにこだわりを感じます。

まさにオリジナルです。このM30でバイクライフ充実間違いなしです!

お写真ありがとうございました!
2

2014/1/28

M30 米国発売決定  M30
クリックすると元のサイズで表示します

5年前にはあれほど「売れない」「大損するから止めろ」と言い切っていたSIMPSON本社から正式にM30を米国で販売したいとの申し出がありました。 「あれ?、売れないんじゃなかったの?」の嫌味の一つでも言いたいのをじっと我慢して、勿論OKしました。

Norixでも日に何件かM30の問い合わせが世界中から来ます。 当然SIMPSON本社にも問い合わせが無視出来ないほど来ているのでしょう。 早ければ今年の夏、米国でもM30を見かける事が出来るかもしれません。  とは言っても、私は日本でまだM30を被ったライダーを見ていません。(寂しい)
  
 

14


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ