2020/12/11

カスタマイズ  SIMPSON全般
皆さん、こんにちは!荒井です^^

本日は米国シンプソンの過去カタログを漁っていたら・・・
カスタマイズされたヘルメット写真がでてきました!!!

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

現在のカタログには載っていない写真ですね( *´艸`)

上の写真はM&Mが協賛だったのでしょうか?

背景はオレンジと黒でカッコいい見た目ですが、
M&Mのお菓子が加わることで、ポップになりますね♪

まさに甘辛なヘルメット


見ていたら欲しくなってしまうアイテムです(*ノωノ)
仕方ないので、お菓子だけを手に入れることにしましょっwww
6

2020/12/10

ヤリ=マティ・ラトバラ  SIMPSON全般
皆さん、こんにちは!荒井です^^

皆さんはサンタクロースがどちらに住んでいるのかご存知でしょうか?
調べた結果によると、地域によって異なる説があることがわかりました。

日本では「フィンランド」にいると教わったと思いますが、
北米では「ノースポール」に住んでいると言われており、
カナダの子どもがサンタさん宛に書く場合住所は・・・。

サンタクロース宛
ノースポール、カナダ
郵便番号H0H 0H0

となるそうです。国内にサンタさんがいたとは驚きですΣ(・□・;)


今回こちらのお話をしたのは「フィンランド」に縁のあるドライバーをご紹介したかったからです!

クリックすると元のサイズで表示します
ヤリ=マティ・ラトバラ氏

彼はフィンランド出身のラリードライバー
世界ラリー選手権における最年少優勝記録・最多出走記録の保持者
2019年まではTOYOTA GAZOO Racingのワークドライバーとして活躍していました
この時期にSIMPSONのシートベルトなどを使用していました(^^♪

現在はプライベーターとして活躍しているとのことです。


今後どのような活躍をするか楽しみですね!(^^)!


5

2020/12/7

SIMPSON × TOYOTA  SIMPSON全般
皆さん、こんにちは!荒井です^^
またもやバンクーバーは雨模様の一週間となるようで、
気分が少し落ちますね( ;∀;)

皆さんは週末どのように過ごされましたか?
私はずっーと自宅におりました。
ここ最近の悩みは外出することがないので、
一日歩かず、運動不足になることです・・・・。
(歩いても数十歩ww)

何か良いアイディアないでしょうかね・・・(/o\)


さて、本日の話題は「SIMPSON×TOYOTA」

クリックすると元のサイズで表示します


11月末、世界最古の自動車誌として知られる英国「AUTOCAR」のWebサイトに
TOYOTAの社長の記事がアップされました。

カナダでも多くのユーザーを虜にしているTOYOTA

紹介されているコメントからはトップからの愛を感じる
また社長自身から滲み出るモータースポーツの情熱が
レーサーの結果に多少たりとも影響しているのではないでしょうか・・・・。

その彼らにSIMPSONを愛用して頂けてとても嬉しく思いました( *´艸`)

写真/記事元はこちらから

6

2020/12/2

Coming Soon!  SIMPSON全般
皆さん、こんにちは!荒井です^^

将来的にガソリン車の新車販売を禁止/新エネルギー車販売に移行を目指している現在。
ガソリン車に対し、まだ主流でないハイブリット車・電気自動車が今後、
自動車産業の担い手になると考えると、ものすごい変化だと思います。

上記のニュースを読んで衝撃を受けたので、皆さんにもシェアしますね!


さて、本日は米国シンプソンより。

クリックすると元のサイズで表示します

近日、新しい商品(バッグとキャプを中心に)を輸入する予定です。
また入荷次第こちらでお知らせしますが、
写真の商品以外でもいくつか輸入予定です( *´艸`)

是非ご検討ください!(^^)!
5

2020/11/25

ヨッヘン・マス  SIMPSON全般
皆さん、こんにちは!荒井です^^

本日は「ヨッヘン・マス」について
彼も過去にSIMPSONを愛用していたレーシングドライバーの一人です。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

もともと彼はツーリングカーレースが得意で、
ツーリングカーレースを皮切りにF1、耐久レースにも参戦しました。
その彼ですが、レーシングドライバーになる前は船乗りだったとか。
人生何が起こるかわかりませんね(笑)

ツーリングカーレースでの活躍が評価され、1973年サーティスからF1に参戦。
翌年にはマクラーレスに所属し、1975年のスペインGPで予選11位からの初優勝

マクラーレンを辞めた後、何度か入賞するものの
輝かしい成績は残せず、ツーリングカーレースに専念したり、F1に復帰したり繰り返していた

1987年にボビー・レイホールとのコンビでセブリング12時間レースに勝利
1989年にはマニュエル・ロイター、スタンレー・ディケンズと共に
ル・マン24時間耐久レースに優勝

現在はビンテージのレーシングカーやツーリングカーに情熱を注いでいるのだとか。


F1から耐久レースと成績を残したヨッヘンを調べている際、面白いものを発見。
イケメンはF1では優勝できないといいうジンクスが過去にあったそうで、
それを覆したのがまさにヨッヘン。

クリックすると元のサイズで表示します

そのヨッヘンですが、F1に105回参戦している中、優勝したのは1回のみ。
才能を持っていたとしても、優勝できるのは狭き門だと改めて思いました。

7


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ