【 ART COMPLEX HIROSHIMA 紹介】 広島でコンテンポラリーダンスの「踊る場」を作り、コンテンポラリーダンスや身体表現の普及啓発活動に取り組む非営利団体。 県内国内海外よりアーティストや研究者を招聘し、ワークショップやクリエーション、パフォーマンス活動を実施。文化と創造する力を育み、新たな創造力、表現力を育んで行く事を期待し、多くのクリエイターや表現者の誕生が誕生し広島から発信して行く事を期待し活動を行なっている。 その為の、「学ぶ場」や「踊る場」を作る活動に取り組み、より多くの人々と学び・踊る場を共有し、広く一般に向けダンスや身体表現の素晴らしさや楽しさを紹介し、コンテンポラリーダンスの裾野を広げ発展させる為、活動を通して社会に発信し文化進行に寄与する。 人物・文化間の交流を活発にし、属性の違った活動をしている方々とも多方面で繋がりを持ち、人とアートと社会を繋げ、創造活動のプラットホームを目指しながら地域の文化向上を願い活動している。 2003年設立のコラージュACTの事業を引き継ぎ、2007年9月にART COMPLEX HIROSHIMAと改名。

2019/7/16

ダンスdeピースin平和公園 終了!  ●公演&パフォーマンス案内

ダンスdeピースin平和公園 終了しました!
7月に平和学習をして参加者みんなで作った作品「カラダで再現するヒロシマ」の上演と、参加者みんなで振付をした、平和の盆踊り大会をしました。
下は4歳〜92歳の方までみに来ていただき、行きずりの外国人観光客も最後まで参加していただき。
人種や性別年齢がダンスで垣根の撮れたささやかな瞬間でした!

ここ平和公園は元々は繁華街で映画館や旅館、お店などあり本当に元気な街でした。
原爆が落ちた後壊滅し、土壌が整備され、それから74年の歳月が経ちました。
今でも、5メートルも掘り起こせば、人骨がまだまだ埋まっている場所です。
無念に亡くなられて行った方々の上でパフォーマンスをさせていただいているのだと少し覚悟めいた気もちで毎年使わせて頂いています。

今年は、いつも私たちがダンスdeピースを開催する場所も発掘調査が始まりました。
8月6日の平和記念式典をする為に、一度掘り起こされた場所をまた埋め直したので、ここで今年もダンスdeピースを行なうことが出来たのですが、まだまだ、終っていないんだと言う出来事に遭遇しました。
始まる前に、パフォーマンスするのに怪我をしてはいけないと、アクティングエリアのゴミ拾いのをしていたら、ゴロゴロと瓦や、瓶、食器、当時の生活用品の残骸、がどんどん出て来ました。
74年前の生活の残骸を、手に取って、これを繰り返してはならんのだな〜と。平和活動をしている端くれとして思いました。


ダンスdeピースは、予算が全くない状態での活動です。
でも100均で買ったキャンドルを、ゴミ袋につつんで、手作りの提灯を作ったり、お金が掛からない様にするにはとスタッフで頭をひねりながらだ、ダンスdeピースin平和公園にこぎ着けました。
素敵なスタッフや参加者に敬意を払います!

https://www.facebook.com/media/set/?set=oa.1495189637290767&type=3
https://www.facebook.com/events/502804197161643/

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ