【 ART COMPLEX HIROSHIMA 紹介】 広島でコンテンポラリーダンスの「踊る場」を作り、コンテンポラリーダンスや身体表現の普及啓発活動に取り組む非営利団体。 県内国内海外よりアーティストや研究者を招聘し、ワークショップやクリエーション、パフォーマンス活動を実施。文化と創造する力を育み、新たな創造力、表現力を育んで行く事を期待し、多くのクリエイターや表現者の誕生が誕生し広島から発信して行く事を期待し活動を行なっている。 その為の、「学ぶ場」や「踊る場」を作る活動に取り組み、より多くの人々と学び・踊る場を共有し、広く一般に向けダンスや身体表現の素晴らしさや楽しさを紹介し、コンテンポラリーダンスの裾野を広げ発展させる為、活動を通して社会に発信し文化進行に寄与する。 人物・文化間の交流を活発にし、属性の違った活動をしている方々とも多方面で繋がりを持ち、人とアートと社会を繋げ、創造活動のプラットホームを目指しながら地域の文化向上を願い活動している。 2003年設立のコラージュACTの事業を引き継ぎ、2007年9月にART COMPLEX HIROSHIMAと改名。

2012/11/14

コンテンポラリー作品上映会&ディスカッション会4  ●作品上映会&ディスカッション

コンテンポラリー作品上映会&ディスカッション会4

11月24日土曜日、コンテンポラリーダンスの作品上映会&ディスカッションを開きます。

作品を観て、小さい事でもなんでも、気付きや、連想、感想等、畏まらず好きな事を言いたい放題のディスカッションを予定しています。ディスカッションに参加してもよし、話しを聴くもよし、銘銘なスタイルで上映会をお楽しみ下さい☆

前回のディスカッションの様子はこんな感じでした。
http://blog.ap.teacup.com/odoreel/69.html
今回はMonochrome Circus(京都)/「最後の微笑」を上演します。

◎当日は、飲み物や軽食を用意してお待ちしておりますので、お気軽にお越し下さいませ☆
※もちろん差し入れ歓迎です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンテンポラリー作品上映会&ディスカッション

△日時
11月24日(土) 18:00〜20:45
メニュー
18:00 受付
10:15 上映スタート
      ディスカッション
      作品の振り付け検証タイム
20:45 片付
20:55 解散
★途中入室大丈夫です。

△場所
広島市東区民文化センター 
2階 練習室(予約団体名:DDK)
※東区民文化センターは問合せに一切答えません。
 問合せ→ART COMPLEX HIROSHIMA 実行委員会

△参加費用
500円(Welcome Drink&food)
(※上映に関する費用ではありません)

△東区民センターアクセス
JR広島駅新幹線口より徒歩東へ約900メートル。東区役所隣。
道に迷ったら→080−1944−2689

交通機関
<広電バス>
県庁〜府中線(2-1〜2-7番表示)、東区役所前バス停下車
広島駅(南口A4ホーム)〜牛田早稲田線(5番表示)、東区役所前バス停下車
<広島バス>
紙屋町県庁前〜戸坂東浄団地(中山線27番表示)、愛宕町バス停下車
広島バスセンター〜上温品・小河原車庫(深川線29番表示)、愛宕町バス停下車
(地図PHより引用)
http://www.cf.city.hiroshima.jp/higashi-cs/access/access.html

△対象
どなたでもwelcome

△ご予約・問合
ART COMPLEX HIROSHIMA 実行委員会
art.complex.hiroshima@gmail.com

△持ち物 動きやすい服装。
 (上映会・ディスカッションが済んだ後、作品検証タイムで少しカラダを動かしてみる時間 があります)参加しても参加しなくても自由です。

是非お越しくださいませ!

ART COMPLEX HIROSHIMA 実行委員会

0

2012/9/17

上映会 ディスカッションまとめ  ●作品上映会&ディスカッション

9月15日(土)に上映会が開かれました。

今回上映したのは、
マシュー・ボーン演出の
「白鳥の湖」でした。

上映会も今回で3回目となり、今までで一番多くの方々に参加していただきました^^
たくさんの感想をシェアすることができ、
とても有意義な時間になりました。
ディスカッションの時間がもっとほしい!
と素直に感じるくらいでしたよ^^

今回もおおいに盛り上がったディスカッションを
簡単にまとめさせていただきました。

日ごろ演劇やジャズダンス、美術など
さまざまなジャンルに関わっている方々が参加してくださいました。
いろいろな目線からの感想が聞けてとても面白かったです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今回上映した「白鳥の湖」はチャイコフスキー作曲の
バレエ作品「白鳥の湖」をまったく編集せずに使っている。
そのため上演時間は2時間強と、かなり長めである。

しかし、ディスカッションで多く聞かれたのは
時間を忘れて見入ってしまった、
という声だった。

その感想にはわたしもまったく共感した。

はじめはユニークな演出で笑いも交えながらストーリーが展開され
じょじょに重く、暗くなっていくながれには
本当にひきこまれた。
もちろん、ダンサーの技術がともなっていなければできないことだと感じた。

そんな話をしている中で、
映像ではなく舞台でこの作品を見たとき
私は今と同じ気持ちにはなれないかもしれない、
という意見があがった。

彼女は作品を見ているうちに
主人公に感情移入してしまった。
そのきっかけは、映像のカメラが主人公目線になった瞬間ではないか、
と感じたという。

たしかに、よく思い出してみれば
はじめは客観的に舞台としてみるようなカメラワークが多かったが
クライマックスに近づくにつれ、
主人公が感じる不安や不快感、発狂などを
自分もかんじていたように思う。

さらにこの作品では、パフォーマーの表情も
とても重要な役割をはたしていた。
大きな劇場の後ろの席の表情の見えないようなところで
この作品を見たら、また違う感想だっただろうか。
ぜひとも劇場で見てみたい、という声が
たくさんあがった。

「白鳥の湖」ときくと、やはりクラシックバレエの作品の印象が強い。
クラシックバレエやオペラというと、
教養がないとなかなか楽しめないイメージがあるという声もあった。
しかしこのコンテンポラリー作品は教養がなくてもストーリーを見ることができ、
娯楽として楽しめたという感想があがった。
彼女はフランスに行ったときに見た子ども向けの人形劇を思い出した、という。
フランス語で演じられるその人形劇を見て、彼女は
ここに日本人の子どもがいても、同じように笑うだろうと感じた。
そこには、ことばとはべつのみんなが共有できるものがあった。
それと同じものをこの作品に感じたという。

わたしはパフォーマーとして、このことを忘れたくないと強く感じた。
このみんなが「共有」できるものを表現できるようなパフォーマーになりたいと強く強く感じた。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今回は本当にもっとたくさんの感想がでたのですが
うまくまとめられずふがいないです…。。

ぜひぜひ次回は参加していただいて
たくさんの感想を生できいてください!!
そして自分の思いもおおいに語ってください!!

お待ちしています!

それでは。。。



投稿は芽衣でした^^


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回の上映会面白かったのは、色々なクオリティの方が観に来られたことです。その結果、価値観の違いを感じて帰られた方もいらっしゃいました。

価値観の違いは絶対に起こりえる事ですが、その価値観の違いを追求するのもディスカッションの役目と思っています。違いを感じてただ終えるのではなく、沢山共有する事で互いが足りないもの、その相手から学ぶもの、共感できるものを分かち合い省察し経過を楽しみ、そしてその先へと世界を発展させたいです。
例えは価値観の同じモノ同士は確かに、即効分かり合えた気もするし、モノ作りも作業がし易いけど、重ねて行くうちに面白いモノは生まれなくなります。

ART COMPLEX HIROSHIMAの理想は、価値観の違う人達が集まり、交じり、ぶつかり合い、受け入れる事で、科学反応が起き、面白い事が出来る場にしたいですね。上映会は価値観の違いまたは共感をディスカッション出来る場にしたいね。

そして、ファシリテーターのリードがキーポイントになります。ダンサーがファシリテーターをすると、ダンサーの価値観でディスカッションを進めがちです。
そう言った面でファシリテーターは色々な価値観を瞬時に理解し共感しまとめて行く必要があるかもしれません。でも、毎回ファシリテーターを役者、美術家、教育者、建築家等、変えてやると面白いかも知れませんね。

Qoo..でした^^

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2012/8/29

コンテンポラリー作品上映会&ディスカッション会3  ●作品上映会&ディスカッション

コンテンポラリー作品上映会&ディスカッション会3

9月15日土曜日、コンテンポラリーダンスの作品上映会&ディスカッションを開きます。

作品を観て、小さい事でもなんでも、気付きや、連想、感想等、畏まらず好きな事を言いたい放題のディスカッションを予定しています。ディスカッションに参加してもよし、話しを聴くもよし、銘銘なスタイルで上映会をお楽しみ下さい☆

前回のディスカッションの様子はこんな感じでした。
http://blog.ap.teacup.com/odoreel/

当日は、飲み物や軽食を用意してお待ちしておりますので、お気軽にお越し下さいませ☆
もちろん差し入れ歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンテンポラリー作品上映会&ディスカッション

△日時
9月15日(土) 18:00〜20:45
メニュー
17:30より入室可
18:00〜20:00上映会
20:00〜20:40ディスカッション
途中入室大丈夫です。

△場所
ゆいぽーと(広島市男女共同参画推進センター)
3階フィットネスルーム(予約団体名:KAZOO)

△参加費用
500円(Welcome Drink&food)
(※上映に関する費用ではありません)

△ゆいぽーとアクセス
市電,宇品行き(紙屋町経由),鷹野橋下車,徒歩1分。鷹野橋商店街入り口,向かって右側茶色のビル3階。1階が交番。

△対象
どなたでもwelcome

△ご予約・問合
masaco-ddkdc_deux@docomo.ne.jp

当日、場所を迷われた場合の連絡先
080-1944−2689
0

2012/8/12

上映会 ディスカッションまとめ  ●作品上映会&ディスカッション

今回の上映会では、昨年の夏に公開されたピナの映画を見ました。
前回の上映会より参加者も増えてとても有意義な時間をすごすことができました^^

今回もディスカッションを簡単にまとめさせていただきました。


------------------------------------------------------------------------

今回のディスカッションは、
自分が作品に関わることになったとしたら、どのように関わっていくか。
というお題から始まった。


私は、このピナのさまざまな作品を見て人間の欲や弱さを強く感じた。
そこで改めて強く思ったのは、演出からあたえられたものに対して
自分なりに理解して、自分なりに表現することが相手がその作品を見て感じることに
大きく関わってくるんだな、ということだった。
私はまだ年齢も技術も未熟だが、その今の私なりの理解や表現ができたら
また今とは違った印象をあたえられるパフォーマーになれるのではないだろうかと思った。
そして同時にそれは、私にしかできない表現につながるのではないかと思った。


ほかにもたくさんの意見があがった。
たとえば、、、、

ジャズダンスなどを踊るときは、やはり
手はこうで、足はこうで、ここはキメてかっこよく踊ろう。
そういうところに気をつけて踊る。
しかし、このピナの作品では振付がうんぬんというよりも
その振付を一生懸命踊ること、その使い切ったあとの身体もみせているような気がした。
表情などではなく、身体全体からパフォーマーが楽しんでいることがにじみでていた。
自分から発信することを苦だと思わず楽しんでいるように見えた。
それは自分をしっかり持っていないとできないことであり、
そんな風に楽しんで、一生懸命作品に関わりたい。


今回は、普段演劇に関わっている方からも感想があがった。

演劇は言葉やしぐさなどで感情をあらわすが、
ダンスは感情を身体の動きであらわしているのだと感じた。
演技をするとき、自分の中の経験の中からその感情を探して演じるが、
ダンスも一緒なんだと思った。
何を伝えたかったのかといわれるとうまく言葉にはできないが、
なにかメッセージがあって身体を動かしているように見えた。
そういう動きにはとてもひきこまれた。




今回は、作品に関わるにあたって、自分と向き合う。
ということにういて考えさせられたディスカッションだった。
ダンスだけではなく、お芝居の要素も強いピナの作品をみて、
演劇に関わる方ともディスカッションできたことはとても大きな収穫だった。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今回もたくさんの意見がとびだし、熱いディスカッションでしたよ!^^

また次の機会にはぜひご参加ください!

投稿、芽衣でした!!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
お知らせ
次回はマシューボーンのスワンレイクです。
上映時間は約く2時間です。
コンテンポラリー作品としては長いですが、バレエの「白鳥の湖」を題材にして
バレエとコンテンポラリーダンス(ヌーベル)が合体したとてもクオリティの高い作品です。
イギリスを代表するコンテンポラリー・ダンス・カンパニー、アドヴェンチャーズ・イン・モーション・ピクチャーズに「白鳥の湖」は、白鳥を男性ダンサーが演じています。白鳥は映画リトルダンサーでおなじみの、アダム・クーパーです。
見ごたえがある作品です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
0

2012/8/1

コンテンポラリー作品上映会のお知らせ2  ●作品上映会&ディスカッション

前回ぎりぎりのお知らせでしたので、少し余裕をもってお知らせを致します〜
ART COMPLEX HIROSHIMAからのお知らせです。

8月11日土曜日、コンテンポラリーダンスの作品上映会&ディスカッションを開きます。

上映内容は、ピナヴァウシュの上映を予定していまします。

作品を観て、小さい事でもなんでも、気付きや、連想、感想等、畏まらず好きな事を言いたい放題のディスカッションを予定しています。ディスカッションに参加してもよし、話しを聴くもよし、銘銘なスタイルで上映会をお楽しみ下さい☆

前回のディスカッションの様子はこんな感じです。
http://blog.ap.teacup.com/odoreel/63.html

当日は、飲み物や軽食を用意してお待ちしておりますので、お気軽にお越し下さいませ☆
もちろん差し入れ歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コンテンポラリー作品上映会&ディスカッション

△日時
8月11日(土)
18時15分〜21時
途中入室大丈夫です。

△場所
ゆいぽーと(広島市男女共同参画推進センター)
3階フィットネスルーム(予約団体名:KAZOO)

△参加費用
500円(Welcome Drink&food)
(※上映に関する費用ではありません)

△ゆいぽーとアクセス
市電,宇品行き(紙屋町経由),鷹野橋下車,徒歩1分。鷹野橋商店街入り口,向かって右側茶色のビル3階。1階が交番。

△対象
どなたでもwelcome

△ご予約・問合
masaco-ddkdc_deux@docomo.ne.jp
09016866092
Qoo..

当日、直前のご参加、場所を迷われたら以下に連絡よろしくお願いします。
08019442689
atsuki_11_17@softbank.ne.jp
ATSUKI

楽しい学びの会となりますように☆
0

2012/7/29

上映会 ディスカッションのまとめ  ●作品上映会&ディスカッション

前記事で報告したコンテンポラリー作品上映会でのディスカッションを簡単にまとめました!
さまざまな感想がとびだし、大盛り上がりでしたよ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはこちらの作品についてのディスカッション。

ディディエテロン振付/モノクロームサーカス出演
「借家人」
ストーリー性があり、主人公の定まっていない映画のようだった。主人公が定まっていないという点については、1人1人に違うストーリーがあり、シーンによって主観が変わっているように見える、という感想もあった。
基本的に一人ひとりが同じ動きを繰り返しているのだが、周りとのタイミングがあっているときとずれているときとで、まったく印象が違う。まるで人と人との関係がずれていくように感じた。
そんな中で、まったく物語が見えない、という感想もあった。
まだコンテンポラリーの作品をあまり見たことがなく、コンテンポラリーって何なのかますます分からなくなったという。何を表現しようとしているのか、分かろうとすれば分かろうとするほどよく分からなくなってしまう。
しかし深く考えず、動きだけのことを考えてみると、速い動きが自分の好みであることに気がつき、さらにその速い動きは、ゆっくりとした動きや、「間」によって引き立たされていることにきがついた、という。
この作品のディスカッションでは、「間」がひとつのキーワードだったように思う。
これから踊っていくうえでも、「間」を大切にしていきたいという感想もあがった。
ただ止まるのではなく「間」で語れるように、動いていなくても存在で魅せることができるようなパフォーマーになりたい。
それぞれがこれから踊っていくうえでのキーワードとして、「間」について考えた作品だった。



続いて、


ウイリアムフォーサイス振付/フォーサイスカンパニー出演
「One Flat Thing,reproduced」
とにかくパワーをもらえる作品だった。
この作品に関しては、人によって感じ方がさまざまであった。
私は、一人ひとりのパフォーマーに人間らしさを感じ、それがパワーにつながっているように思った。しかし、逆に動物のようだったという感想もあがり、とてもおもしろかった。
私たちが今回見たのは、映像作品だったのでパフォーマーの顔や手足の細部まで見ることができた。そのなかで、目線についての感想があがった。
目線がぶれないことで、その人の動きがはっきり見える、という感想だった。
またひとつ、「目線」がこれから踊っていくうえでのキーワードになりそうだ。
そして、一人ひとりの個性についても感想があがった。
手や足だけの踊りでもその人らしさがにじみ出ている、という感想だ。私が感じた、一人ひとりの人間らしさもそこからきているのではないか、という。
たしかにそうかもしれない。
私は、自分が踊るときに「素」がでてしまうことは、よくないことだと思っていた。しかしそれをいいほうにもっていけば、ひとつの個性になるのではないか、と感じた。
大人数で作品を作る場合、どうしても調和を大切にしてしまうが、それだけではなく、もっと自分を出していけるような、そんな個性をもったパフォーマーになりたいと強く思った。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当に簡単にまとめさせていただきました!
まだまだもっともっとたくさんの意見や感想があがりました!
自分とは違った目線からの感想を聞くことは
本当にとてもおもしろいです。

次の機会にはもっとたくさんの方々と
ディスカッションができればいいなと思います^^
ぜひぜひご参加ください!


それでは、次の機会に!!^^















0

2012/7/29

コンテンポラリー作品 上映会  ●作品上映会&ディスカッション

コンテンポラリー作品 上映会

今回初めての試みとなった、上映会。

今回は、ディディエテロン振付/モノクロームサーカス出演の作品と、ウイリアムフォーサイス(ドイツ)振付/フォーサイスカンパニー出演の作品を2本観た。2本とも30分の作品だったので、2本観る事が出来た。
半信半疑ではあったが、かなり参加者にとっては学びとなり、また互いの気づきの場となる事が分かった。これは良かったなと思う。
恐ろしいなと思ったのは、感想が批評になってしまう傾向にあるのだと言う事が分かった。批評してしまえばしまうほど、クリエイティブな自分が消えてしまう。自分のそれぞれの目線から、どう自分の活動に繋げて行くかをその作品から見出す事こそが大拙なのかな?と思った。

現に評論家はパフォーマーやコレオグラファーはほとんどいない。
批評は評論家に任せて、活動している人は自分と向き合いアイディアを増やしてきましょう。



この投稿だけでは、なんじゃ?意味がみえない。。。
と思われる方は是非、次回の上映会に参加して、一緒に作品をみて、語り合いましょう!
素人、パフォーマー、演劇、芸術、音楽家、教師、それぞれの目線で語り合うと、今まで見えなかったものが見えてきて面白い。実に面白い。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コンテンポラリービギナーの高校生(女子)さんの感想をもらいましたので、紹介します。
感想投稿ありがとう。

まず、今日の上映作品に、友達を誘おうかと思って、誘ってみたのですが、友達に コンテンポラリーダンス って何?と聞かれて 答えられないまま、もやもやして、上映会に行きました。
そして最初のディディエテロン(フランス)の作品を見終わると、余計に コンテンポラリーってなんだー?という感じになりました。
ストーリーも分からなくて、まだ面白味が分からない感じです。
でも、早い動きを2人の方が動いている時、あとの2人はスローで動いている場面があって、そこはスローがあるから早い動きが引き立つのかなと思いました。
また、2つ目のフォーサイス(ドイツ)の作品は、テクニックに目がいきました。
一つ一つの動きがキレイに見えました。あと、動いている人よりも、止まっている人を見てしまうなと思います。
止まっている人を見て、あのひと、孤独に見えるななどを感じました。
フォーサイスの踊りは、感情がストレートに感じたので、すごく面白かったし、かっこよかったです。

ディディエテロン(フランス)の1作品目は、また、日にちが立ってから見たら、少し面白味が分かるかもしれないと思いました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近々また上映会を予定しています。
次回は早い段階で、お知らせをします〜

後日で、ディスカッションのまとめを投稿します。
お楽しみに



0

2012/6/4

「おどり〜る with じゅんじゅん『New Perspective』」 ビデオ上映会&レセプション  ●作品上映会&ディスカッション

おどり〜る with じゅんじゅん 」 上映会
2012.06.08 | 18:39
ビデオ上映会 「おどり〜る with じゅんじゅん『New Perspective』」

コンテンポラリーダンス公演
「おどり〜る with じゅんじゅん 『New Perspective』」DVDが5月末に完成致します!
そのお披露目も兼ね、下記のとおり上映会を開きます。
合わせパーティを開きます。
じゅんじゅんプロジェクトに参加された方、されなかった方、
合わせ気軽にお越し下さいませ。

お食事やお飲み物をご用意してお待ちしております。
皆さまのご参加をお待ちしております。
(差入れも大歓迎です!)

『New Perspective』の音楽を担当して下さいました、前原さんが参加されます。
彼はラップトップDJでもありますので、前原さんが来てくださるので、なにか面白い事したいね〜で、後半はインプロのジャムセッションをすることになりました!
観るだけでもよし!
参加するもよし!
の自由なスタイルで行います。
もし、ジャムに興味ありが頭を過ぎったら、動きやすい服装でお越し下さいませ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「おどり〜る with じゅんじゅん『New Perspective』」
ビデオ上映会&レセプション

◆日時◆
6月9日(土)16:00〜20:00
(時間内は繰り返し上映します。都合の良い時間にお越しください。)

◆場所◆
ゆいぽーと4F 研修室1
予約名/K
AZOO
(広島市男女共同参画推進センター[旧広島市女性教育センター]広島市中区大手町五丁目6-9)
アクセス△
市電,宇品行き(紙屋町経由),鷹野橋下車,徒歩1分。
鷹野橋商店街入り口,向かって右側茶色のビル3階。
1階が交番。
車の方はお近くの駐車場を利用ください。

◆参加費◆一人500円
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ