【 ART COMPLEX HIROSHIMA 紹介】 広島で「学ぶ場」や「踊る場」を作り共有し、ダンスや身体表現活動をしている非営利団体。ダンスと自身の体、心、仲間、社会、教育等とリンクし、「ダンスで繋がる」をコンセプトに活動中。 アーティストと共に、ワークショップやクリエーション、パフォーマンス活動を実施。 一人一人の、想像、創造、表現、コミニュケーション、スキルを、育みながら、おどる喜びと共に、文化を創造していけたらいいなと考えている。 ●ART COMPLEX HIROSHIMA 問合/art.complex.hiroshima@gmail.com 2003年設立のコラージュACTの事業を引き継ぎ、2007年9月にART COMPLEX HIROSHIMAと改名。

2021/7/31

ダンスdeピース2021 終了報告  ●ワークショップ報告

ダンスdeピース2021「さがしています」と踊る!無事終了しました♡
被爆70周年記念の夏から毎年開催し、今年で7回目を迎えました。
今年はアーサー・ビナード作「さがしています」を踊る!、に挑戦!
3日間のタイトな日程でしたが、参加者の方々凄く楽しんでくださり、最終日は素敵な発表会が出来ました。
参加者自らが作り出したエネルギーが感動を生み出しました。
みんなの一人ひとりの内にある知恵や意志が融合され調和が生まれました。
平和の根源ってそう言うことなのかと感じました。
共催のアステールプラザ、関係者の皆様、スタッフ、参加者の皆さん、ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2021/1/10

YOU CAN ダンス〜鏡の向こうのあなたと私〜終了報告  ●ワークショップ報告

YOU CAN ダンス〜鏡の向こうのあなたと私〜
コロナ禍の中やむを得ず、初めてオンラインでコミュニティダンスのワークショップを開催しました。
本来なら、身体を使ってのオンラインワークと言うものは、対面してリアルな状態で行うことがベストな状態であります。とても違和感を持って臨んだワークショップでしたが、終わってみて感じたことは、楽しかった〜でした。

コロナにより新しいスタイルのワークショップの必要性が求められています。
今はベターの方法を模索しなければならない時代なのでしょうね。
以外に面白かったので驚いています。

ご参加のみなさま本当に楽しかったです。ありがとうございました。

<アンケートのご紹介をします>

・ZOOMのワークショップは初めてでしたが、すごく面白かったです。
手のダンスはいろいろな表情が美しかったです。楽しかったです。
インクルーシブなワークショップでいろんな人が参加できるのが良いと思いました。
・初めて顔にお化粧をしました。
・指示がすんなりわからなかった。名前など聞き取りがうまくできなかった。
全体的には楽しく参加が出来ました。ZOOMを使ったワークショップもあるんだなと思いました。
・ZOOMは一人の世界なのかみんなと繋がっているのかわからなくて苦手でしたが、今日はなんとなくみんなで繋がりながら出来たと思います。
みんなと会わず画面を見ながらなのでで何をしているのかを判断するのが難しいけど、みんなの真似をしたり、リレーをしたりなどで場所は違うけどみんなでコラボレーションをしている感じがあり良かったです。
・みんなとダンスをしていくうちに、場所は違うけど全員での空気感を感じることが出来て楽しかったです。フェイスペイントが楽しかったです。
・70代の私でも出来たので、インクルーシブなワークショップだったと思います。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2020/8/10

ダンスdeピース2020アンケート集計報告  ●ワークショップ報告

ダンスdeピース2020「ちっちゃいこえ」と、踊ろう!
アンケート集計が整いました。


【Aプロ参加者の回答】

■今回共有した皆さんに言葉を贈るとしたらどんな言葉ですか?理由も合わせてどうぞ。


・ありがとうございました。
 →自分では気づかない感情を感じることが出来ました。
・いいね〜
 →皆さん自分の中から出たパフォーマンスのように感じるから。
・ダンスって素晴らしい!
 →初対面の方でも今のこの状況の中でもダンスを通してコミュニケーションをとったり感情をわかちあえ、改めて素晴らしいなと思いました。
・ありがとうございました。
 →16人それぞれの思いがあってシーンに合わせて踊ったりしていて好きだったから。
・アーサービナードさんと皆さん世界一!
・生きている
 →皆さんのシーンをみて(こころ)細胞の声がみえました。

Aプロの感想やメッセージをお書きください
・普段も本当は考えないといけないことですが、このWSをきっかけに広島におきた現実を想像し考えることが出来ました。(人々の気持ち、生き物の気持ち)紙芝居という方法引き込まれました。
・ちょっと長かった。疲れた〜
・平和学習というと、やはり怖くて正直目をそらしたくなるのですが、今回のダンスde
ピース2020では、紙芝居とダンスを通して平和について、8月6日の広島について考えることができ、私にとってとても身体に受け入れやすく、かつ新しい経験でした。
今の世界中の現状も踏まえ、自分にできることを小さな事でもやることしていかないといけないとアーサーさんのお話を聞いて気づかされました。とても濃く素敵な時間を過ごせました。ありがとうございました!!
・初めてアーサービナードさんの紙芝居を読んで今まで人がどうなって死んで生き残ってと人を中心で考えていたけど、動物、植物も同じようにつらいことを改めて再確認できました。そして人の体の中奥底にある細胞がずんずんと元気に動いているから私たちが生きていられることがわかってよかったです。
・動物や自分で読んだものとアーサービナードさんが読んだもののすごさが違う。
・来て良かったです。アーサービナードさんのお話もとてもおもしろかったです。ちっちゃいこえを皆さんと踊れてhappyでした。どのシーンもステキでした。ありがとうございました。
・思った以上に迫力のある紙芝居でとてもグッときました。
・アーサービナードさんのお話の中で「紙芝居は新しいメディアだ。」と言っていて紙芝居にはそんな影響があるんだ!と思いました。さらに語り手が動物という戦争のことの伝え方はおもしろいなと思いました。


【Bプロ参加者の回答】
・子ども会の講演でお話を聞いてから約20年間3人の子ども達は成人をしその後に生まれた子どもも育て、私が今できることは何だろう?8月6日が近づいてきて今期も考えていました。
・とにかく来て良かったです。久々に魂を頭に火をつけてもらいました。
感動ですませたくない、今日カミュのペストとタマリ―マリスを買って帰ります。
・アーサーさんがトークでおっしゃっていた通り、これまでの8月6日では目を向けてこなかった細胞の視点で原爆投下での被害を語るということが新鮮でその細胞の鳴き声、動物たちの呻きに胸をうたれました。自分の意思で疑問や関心に目を向けて、研究すること、
その先に表現していくこと、僕もチャレンジしていこうと思います。
・この紙芝居の中心は『細胞』とのことでした。そしてそれが分裂を繰り返す音をアーサーさんは『ずんずん』と表しました。なんでだろう?と思いました。日本語でZの音は何かにぶくてネガティブなひびきがあります。鼻水をすする音、思いものを引きずる音。でもあ!と思ったことがひとつ。Zの音はAtoZの最後の音です。終わりの音を示すことで逆に『それが終わって次を待つ』そういうニュアンスを持たせているのかしら?まさにこれからのことですね。



【作品上映会観覧者の回答】

■ダンスdeピース2020の感想、メッセージがあれば、ご自由にお書きください。

・表現することは、各々の性があり年齢の中広さもあってとても興味深かったです。
・毎年8月がくると思い起す広島、改めて考える機会をありがとうございます。
・昨日の紙芝居に合わせて踊ってみるという試みで、1つ1つシンプルに丁寧に表現されていて、参加者の皆様の解釈が透けて見えるようで面白かったです。痛みとか、もがきの表現が多かった気がします。昨日とはまた違った印象で楽しめました。宮川さんの語りも、アーサーさんとまた違って素敵でした。
・『ドームがたり』をしてみたい。
・色々な要素や想いが重なり合った、感性豊かな作品でした。ありがとうございました。
とても良かったです。これからも広島の平和の思いを伝え繋いでいって頂きたいです。
・ワークショップという形を映像にしているのが面白い。紙芝居と一緒に踊るのも良かった。紙芝居から次の紙芝居に繋がるところが映像として無理がなく綺麗だった。
・絵とオーバーラップしていてとても良かった。映像にした事でまた違った静かな空気が流れ心にしみました。ありがとうございました。
・絵本とダンスの融合が美しくも悲しかったです。観る事が出来て本当に良かった。ありがとうございました。そしてこの状況の中皆様、本当にお疲れ様でした。
・お盆前に里帰りして、たまたまこの上映会を知りました。アーサーさんの深い文章、丸木さんご夫婦のすごい絵、それぞれの踊り手の方達の受け止め、表現する力、私もまた日々生きて踊って丁寧に暮らし平和そのものでいたいと思います。ありがとうございます。
・この活動は継続していくべきだと思います。
・各人物の育った経験がよく反映されているようで、見応えがありました。
・静かでネコ目線の上映が私には落ち着いてみることが出来てよかった。(大きな声や難しい設定は苦手)。私はヒロシマの孫たちに参加していますが、複数のプロジェクトが独自のメッセージ、伝え方で平和な日々の大切さを発信していけるとよりいろんな人に伝わっていいですよね。
・ぜひ配信を検討していただけたらと思います。とても良かったです。絵とパフォーマーの動きと声と感覚がリンクな時間に画面の奥の方から何かが動いてみえる瞬間がありました。
一人ずつのパフォーマンスなので生で上映しても良かったのかなとも思いましたが!(マスクをしたままというのも意味があるように感じられて)難しい状況なのでしょうね。お疲れ様でした。
・それぞれの思いや気持ちが伝わってきてとっても感動しました。
一つ一つしか見てなかったので、全部があったときすごく良すぎました。
・今までと違った映像作品でそれぞれの表現がとても伝わってきて素晴らしかったです。
・アートとダンスのコラボで平和メッセージを伝えることが出来て興味深かった。
・久しぶりに文化に触れたようでとても良かったです。ありがとうございました。お疲れ様でした。
・的外れな感想かもしれませんが、誰かが踊っている姿に心うるおされる想いがしました。このような中開催してくださってどんな形であれどんな時であれ、「表現する」ということは「要」ですよと映像を見ながら感じておりました。それぞれの感性が楽しく深く何する一時してよしと。ありがとうございました。戦争について伝える事やめてはいけない、こんな時でもと思います。
・赤い服の細胞の踊り、細胞の不思議さ、わからなさが強調され不気味に思えた。
伸び伸び活き活きしたリズム感が欲しかった。楽しさやおかしみ、優しさの日常感が対比としてほしかった。


皆様ありがとうございましたm(_ _)m
いろんなご意見ありがとうございました。
次回の参考にさせていただきます✨

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/8/9

ダンスdeピース「ちっちゃい こえ」と、踊ろう!振り返り会  ●ワークショップ報告

ダンスdeピース「ちっちゃい こえ」と、踊ろう!
開催から1週間経ちました。

参加し創作をしたものの映像作品を観れていない方、上映会は観たけれどもう一度観たい人がZoomで集まり、振り返りとZoom上映会を、8月9日長崎原爆の日に、開催しました。


「ちっちゃいこえ」と、踊ろう!の創り方のおさらい。
創作の作り方ですが、「ちっちゃいこえ」の1シーンずつを選びそれを担当して表現を作ります。表現は一人一人が個別に考え、衣装もそのシーンを考えて自分で考える、どこからフレームインしてどこからアウトするのか、板付で始め終わるのか、自分で考え、動きも本人が考えたままを100%採用し、担当のシーンのバックに踊り、それを撮影します。それを編集してつなげました。



<上映会を終えて、1週間経っての感想をみんなに聞いてみました>

・個々に考え、他者とすり合わせをし創作したわけでもないのに、不思議なことに自然にそれぞれの前後が繋がっていて、音楽やナレーションとも合っていたのがミラクルだった。
・2日のワークだったが、2日間でも一人一人が作品に向き合うことができたのが凄いなと思った。
・ 紙芝居を読んだ時と、映像化されたことによって、印象が変わり「ちっちゃいこえ」をより深く考えることが出来た。
・ アーサーさんの作品を深めていく作業をしただけなのに、平和のことや細胞のことを考えている。
・ 8/1.に作って発表し合った時は、生の空気感を味わえた。映像は生に勝るものはないとも思えたが、8/2.映像で繋がったものを観た時に、参加した人たちと共に平和ワークをし、同じ空気や思いを共有して、気持ちは繋がっていたのだと思った。
・ どのシーンも愛おしく、何度でも観ることが出来る。
・ 細胞のことを考える様になった。
・ 原爆というものが自分の中で薄まっていたのだけれど、改めて原爆のことを考えることが出来た。
・ 原爆や平和を身近に感じる様になった。
・ ダンスを通して平和や戦争を表現することで、考えるきっかけが出来た。
・ コロナ禍の中だからこそこういう活動はなおさら必要と感じた。
・ 平和を伝えようとしなくてもいい、考えるだけでもいいんだ。無理をしなくていい、考える人が増えると和になるから。
・ 平和を、なにをもって伝えるか?さまざまな伝え方があっていいのだ!
・ 得意分野からアプローチすることで、平和や社会と関連付けすることが出来る。
・ 得意分野は、なんでもいい。ダンス、演劇、音楽、絵、写真、映像、建築、アート、教育、などなど、それぞれ得意な人の集合で一つのアートを表現することは可能で、それが出来たらとてつもない素晴らしい芸術となる。

その他まだ上がっていましたが、メモ追いつかずでこんな感じでした。



主催者個人的なつぶやきです。
私はダンス活動をしています。
ダンスを通して平和と関われないだろうかと考えて、ダンスdeピースを企画し活動する様になりました。
今回の「ちっちゃいこえ」と、踊ろう!の、参加者の方々は、それぞれ目的が違うかも知れない。平和の事を学ぶ為に、ダンスや表現がしたくて、「ちっちゃいこえ」に興味があって、「ちっちゃいこえ」演じてみたい、などなど、それぞれ目的が違うかもしれません。


それでもいいのです。


互いに考えの違う人達が「ちっちゃいこえ」を踊るという目的の為に集まりそれぞれの考えや表現をシェア出来た事は本当に素晴らしい事でした。
私自身も、それを見て、聞いて、体験を深める事が出来ました。逆にみんなに感謝の気持ちでいっぱいでした。
また来年夏、ダンスdeピースで、一人でも多くお方と分かち合えれば、嬉しいです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/2/25

NASコンタクトインプロWS終了レポート  ●ワークショップ報告

コンタクトインプロワークショップ終了しました!
今回のNAS君のワークは内観していく事を長い時間かけてやらせてもらいました。
今回の参加者は職業も活動をしている方も多種多様!
・ 看護師・システマをしている・学校教師・大学職員・劇作家・俳優・演出家・高校生・小学生・ダンス・介護士、などなど。
ワークの最初にした事は、ピーナツを食べる事から。
ピーナツを渡された時の参加者さんの顔が、ワクワクではなく不安の顔でした。なにをするんだろうこの人みたいな目でNASさんを見ていました。
ここからの発展がすごかった!
ピーナツを食べた事からどんどん発展していき、気が付いたら身体の知恵を信じて動くところまで来ていました。
NAS君の言葉のナビで内観した出来事はまるでマインドフルネスのようでした。とても豊かな時間が持てて身体と心が喜んでいるのが分かりました。自分の身体が一番賢くて良くわかっている事、思考を働かせると途端に分からなくなる事、自分の中にある知恵を信じて、これからも感じて、踊ってみたいと思います。
次回も楽しみにですね。ありがとうございました。
次の日NAS君と宮島水族館に行きましたが彼はどこでも踊る人で、水族館でも魚と踊っていました^^
アンケートの集計も整いましたので、紹介します!

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2020/1/12

YOU CAN ダンス 終了報告!  ●ワークショップ報告

からだ遊びシリーズ「YOU CAN ダンス!」
障害のある人もない人も同じ目線に立ち身体を動かし、身体で対話する、インクルーシブなダンスワークショップ。無事終了です。
ゆいぽーとさんがブログをアップしてくださいました😌✨
○ブログ
http://yui-port.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-18cff4.html

アンケート集計もご覧下さい。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2019/7/15

ダンスdeピース2019終了   ●ワークショップ報告

7月13日〜15日まで、東区民文化センターで開催しました、「ダンスdeピース」無事にパフォーマンス発表を終えました。
関係者、参加者、来場頂いた全ての方に感謝申し上げます。ありがとうございました♡m(_ _)m
ヒロシマと平和について、考え、語り合い、シェアしたものを、ダンス、芝居、絵、音楽で表現して伝えるアート活動。
今活動は。。。
天野達志氏演じる、ひとり読み語りしばい『父と暮せば』(井上ひさし原作)の観劇とトークセッション。上岡久美子がプレゼンする『原爆被災時のノート』( 原民喜著 )の解説。吉獲グ��劵蹈轡泙撚燭��辰燭�鮨Г乃浸�慮海垢詈刃促錙璽��修梁慮海箜悗咾鮗�韻董∋臆端圓如∈G�離董璽゙ 「カラダで再現するヒロシマ」 をそれぞれの得意とする分野でパフォーマンスを創作し、玖島 雅子が構成演出をし、音楽や美術と共に作品を創り上げました。
作品の音楽は前原秀俊氏。「PEACE BON DANCE」平和盆踊りの作詞作曲はミウラ1号氏。有木大貴氏の描く平和の絵と、玖島雅子のインスタレーションのコラボレーション(パフォーマンスの頭上に飾られた絵とインスタレーション)。
さまざまな、ファシリテーターと、アーティストの融合で「カラダで再現するヒロシマ」素敵なパフォーマンス作品が出来ました。
そして参加者の皆さん♡3日間なのに、もっと長い時間一緒に過ごした様に感じる、とても深い3日間でした。
たったの3日間のワークとクリエーションで、タイトなスケジュールの中、多少の雑味はありましたが、とても心あたたまる作品に仕上がりました♡皆さんがどんどん変わって行くことに驚きを覚え、沢山の心の中が変革し、カラダに体現されて行く姿に感動しました。
みんな凄い!凄い!これは予期せぬ素晴らしい出来事!大きな化学反応でした。
これを期に平和の事を考える機会が増えたり、活動に参加したり、井上ひさし氏や原民喜氏の作品に興味を持ったり、色々!ダンスdeピースが波紋の1滴となればと思っています。
これで一段落ですが。
皆様に素敵なお知らせです。
「カラダで再現するヒロシマ」の再演をします。
この作品を観た後は、みなさんで「PEACE BON DANCE」平和の盆踊り大会を開催します。
見逃された方、興味のある方、お越し下さい!
観て頂きたいです!
********************
平和記念日イベント
「PEACE BON! DANCE」
慰霊と平和の気持ちを込めて、平和盆踊りを開催!
<日程・場所>    
8月6日(火・平和記念日)
飛込み参加集合時間:19:00(進行の説明)
START:19:15〜20:15ころ
場所:平和記念日公園(峠三吉詩碑・南東公衆トイレ付近)
<プログラム>
1部:平和&身体ワークショップの活動報告会(7/13~7/15に付いて)
2部:創作ダンス発表「カラダで再現するヒロシマ」
3部:「PEACE BON! DANCE」平和盆踊り大会!
★飛び込み参加:大歓迎
★観覧・参加 :無料
★浴衣で参加 :大歓迎
★雨 天   :小雨決行、大雨中止(イベントページやSNSでお知らせします)
<問合先>
ART COMPLEX HIROSHIMA
art.complex.hiroshima@gmail.com
FAX:082-871-6207
*******************
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/3/31

石井則仁 からだあそびワークショップ 終了報告  ●ワークショップ報告

3月31日に開催されました「からだあそび」ワークショップ終了しました!

とにかく、とにかく、静かで、繊細で、内観し、頭を使った、ワークショップでした。
山海塾の所作や型を4時掛けて学びました。
身体を微細に探究すること、日頃いかに大雑把に身体を使っているかが良く分かりました。
半眼で全体を見る、同調性を持って歩く動く、動きを内放させる、身体の深部細部に創造力と意識をもたせ。優しく静かな学びでした。
四人で正方形のラインを歩くというワークをした時に、半瞑想状態で歩いている自分に気付きました。驚いたのは、半寝の状態で、集中力がまし、自分を内観し、周りの景色が広がって見えた。(目をキョロキョロする訳ではないのです。一点集中で半眼にして歩きます。)この現象には少し驚きました。
型は人を縛りますが、型にハマることを知らないと、型と自由を使い分けれないとワークを通して感じました。
今回のワークだけにとどまらず、日常的に繊細ワークしていこうとと思いました。
則さんありがとうございました!
受講された皆さんご一緒出来て嬉しかったです!

ワークショップの動画や画像はfacebookディスカッションからごらんになれます。
https://www.facebook.com/events/298505794181825/

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/3/16

OUTPUT3「イスとおどる」終了報告  ●ワークショップ報告

3月16日(土)に行なわれました、OUT PUT3無事終了しました!
日々いろんな機会でワークショップが行われている現在、インプットはするものの、どうやってアウトプットしていいのかが分からないし、アウトプットする勇気がない。そんな、学んで来た人たちの為にアウトプットする勇気と場を設ける企画としてスタートし今年で3回目です。
ファシリテーターの元で、魔法をかけられながら発表するのはある意味楽なことです。魔法が解けたらそれで終わりになってしまわないように、あくまでも参加者が100%に近いくらいの発信力で、アウトプットしていく企画にしました。お手伝いに、ダンス(玖島雅子)、ドラマトゥルク(岡田俊平)、音楽(即興可能なミュージシャン・三浦1号)がサポートし、作品作りをバックアップしました。
手順は作品が作りやすいようにパフォーマンス作成シートを作成しワークスタートです。
テーマやテーマの意図を決める。動きとテーマの関連性を考える。構成を考える。実際動いて組み立てる。音楽を決める。タイトルを決める。
音や照明のプランを自分で考え、cueシートを作成する。ミュージシャンと音の打ち合わせ、照明や映像との打ち合わせをする。考えたものランスルーして試してみて調整する。発表して皆なに観て頂く。発表後に観覧者の前で作品の説明をスピーチ。振り返りレポートを書く(今日の制作の内容を具体的に・感想)、観覧者の方と一緒に踊って解散!
終わってみて、参加者は、この1日と言う短時間で、創造力、コミュニケーション能力、発信力、表現力等を身につけました。ダンス力が育ったワークショップとなったこと確信しました!

ミウラ1号さん、岡田さん、今回もありがとうございました♡
参加下さった方、ご一緒出来て嬉しかったです!

当日の動画や様子の画像はfacebookディスカッションからご覧下さい
https://www.facebook.com/events/1956739257964004/

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2018/9/21

子育てママと赤ちゃんのためのダンスワークショップ終了報告  ●ワークショップ報告

9月9日「子育てママと赤ちゃんのためのダンスワークショップ」無事終了いたしました。
雨にもかかわらず1歳〜3歳11組の親子にご参加頂きました。
長い長いゴムでゴムゴムダンスや親子体操でアイスブレイクと準備運動をし、心も身体も活発にしました。
補強運動として、ストレッチやベビーマッサージで体をほぐした後は、電車遊び、蛇さん遊び、電車や蛇さんを使って即時反応などをし、沢山触れ合い沢山遊びました。
ママが身体の部位を使ったトンネルの中に蛇さんを通すと言う遊びでは、ママがクリエイティブにならないといけないので最初は苦戦していましたが次第に大胆なトンネルも作り始め創造性を育てると言う意味で達成出来ました。親子がまるでコンテンポラリーダンスを踊っているようで、ダンスと言うものは日常から生まれてくるのだと言う事が良くわかりました。
こどもは勿論お母さんお父さんみんなが楽しめ良い触れ合いの時間になりました。
ワークショップが終わった後は、お茶会をしながら日頃の子育ての悩みなど共有し、交流する時間を持ち、よその家庭ではどう対処しているのだろうなど聞けあらゆる選択肢がある事を互いが知り合う良い機会が持てました。

アンケートのご紹介を致します。
・いつも元気がありあまっているので楽しかったと思います。
基本朝から晩まで保育園なので久しぶりに触れ合った気がします。
・あまのじゃくで、最近言うことをきかない息子ですが、くぅ先生の教室は楽しんでできるので私も楽しいです。日曜ということで夫も参加でき良い機会でした。また参加したいです。
・色んな遊びが出来てよかったです。
・楽しく体を動かせました。ありがとうございます。
・普段、優奈(姉)見ながら家で踊ったりしていますが、あいねとは初めてだったのでどうなるかと思いましたが参加してよかったです。
なかなかこんなに向き合って体動かして遊ぶ機会がないので楽しかったです。
・ロープを使った遊びをとても気に入ったようで好きにもって歩き回っていました。
・楽しそうに色々なことをしていたのでそのような顔が見ることができて良かったです。
・昨年は全然わからずなかなか参加しなかった娘は今日はすごく積極的に参加して楽しそうだったので良かったです。また参加したいです。
・昨年から2度目の参加です。前回は1歳半ごろでまだまだ楽しむまでにはいかずでしたが今回は娘のくいつきも良く体を動かして表情や態度からも楽しんでる様子が伺え参加してよかったです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2018/8/8

ダンスdeピース終了報告とアンケート集計  ●ワークショップ報告

7月14日〜16日に実施されましたダンスdeピース2018「Peace BON! Dance」
先日8月6日の原爆の日のパフォーマンスと「PEACE BON DANCE」の集まりを持ちまして、ダンスdeピース2018、終了致しました。
皆様にはお忙しい中ご参加下さり感謝でいっぱいです。

また7月16日と8月6日に集めさせて頂きました募金は西日本暴雨災害の義援金として、中国新聞社様を通じて全額寄付させて頂きます。
詳細については後日、ご報告させて頂きます。
ご協力、ご支援を本当にありがとうございました。

平和を考える事と、ダンスやアートを表現すると言う事を、融合させる事で新しい変革が生まれます。
今回も参加される方々のエネルギーで色んな化学変化が見られ、素晴らしい体験をする事が出来ました。
また来年も皆さんと同じ時間を過ごせますことを願っています!
参加アンケートの集計が整いました。

受講日:2018年7月14日〜7月16日
集計枚数:参加19人中/12人回答

[受講日]
7月14日 11
7月15日 7
7月16日 8
未回答 1

[性別] 男2 女10

[年齢]
10代未満 2
10代 6
20代 2
30代 2
50代 1

[住まい]
広島市内9 それ以外2 廿日市市1

[本日のワークショップを何で知りましたか?(複数回答可)]
ダイレクトメール 1
出演者・関係者より 10
SNS
その他 2


[ダンスdeピース2018はいかがでしたか。]
@とてもよかった 8
Aよかった 3
Bふつう 0
Cあまりよくなかった 0
Dよくなかった 0
E未回答 2


[ダンスdeピースは今回で何回目ですか。どこで参加されましたか]
@初めて 7
A2回目 4
 3回目 1
 未回答 1
参加した場所 東区民文化センター 3

[7月5日に降りました豪雨では甚大な被害がでて多くの方が被害に合いました。1週間を経過するも予断を許さない状況です。今回の災害についてなにか感じることがあれば一言よろしくお願いします。(7/16.の回答]

・ かわいそうだなと思った。
・ 友達にはお家に帰れてない子もいるし、まだ被害が広がっているのが心配です。スーパーにごはんがなかったりするのは生まれて初めてで、どれだけ普段自分達が恵まれてるのか考えさせられました。
・ 同じ広島県民として募金など自分にできることをしていきたいと思っている。
・ 自分の身のまわりの方をもっと大切に、そして、あたりまえのように家にかえること、ごはんをたべることがしあわせだということ。
・ 身近でこんなことがあって「まあいっか」で終わってはいけないなと思いました。
・ 私は特に被害はなかったのですが、広島県民として何もなく、申し訳ないという気持ちもあり、できることはしなければと思います。
・ 水・自然災害の怖さを痛感しました。私の住む地域は無事でしたが人ごとにはできないと思いつつほっとしてしまっています。
・ 人間の弱さ。1人でいることの怖さ。
・ かなしかった。
・ まだ断水していたりする地域もあるし、僕の友達も被害にあっているので早く元の生活を送れるようにしたい!
・ 自分達の地区も水につかっていたので、早く復興すればいいなと思っています。


[感想]
・ はずかしかったけど、踊ってるとワクワクして楽しかった。
・ 3日間通しで参加できなくて残念です。せっかく今日出会った皆さんと一緒に創作ダンスがしたかったです。8/6に平和公園行きます!
・ 今回は前回とは少しちがって戦争のつらさを表すというよりは平和のありがたみを伝えるようなWSかな〜と思いました。
・ とてもたのしかったです。最初は恥ずかしかったけど、だんだんとたのしいがつよくなってえがおになりました。
・ 戦争のこともしっかりくわしく知ることができたしみんなとたのしくすごすことができたのでよかったです。
・ 現代に生きる私達にとって平和を考える時間として、考えやすかったと思いました。大人になると戦争にも色んな事情がある、みたいなことを考えてしまうのですが、今回くらい単純に、戦争いやだと思ってもいいのかなと思いました。個人的にですが、語り部さんへの対応、扱い(この会の中の時間の使い方として)が少し雑なのではないかと心配になりました。もう少し重みをもってもいいかと思います。
・ 有意義な3日間が過ごせました。今までダンスをしたことがなくドキドキでしたが、何をしてもどんな発言をしても受け入れてくれるWSというとても素敵な空間で、楽しむことができました。本番までのスリリング時間も逆におもしろいです。参加して良かったと思いました。ありがとうございました。
・ 語り部さんのお話を聞く、起きたことを知ること、とても大切なことだと思いますし、得るものがまたありました。ただ、「平和について考える」=「ヒロシマ・原爆・戦争について考える」という構図には疑問を感じました。「戦争がない」ことだけが「平和」ではないような気がします。もっといろんな視点から「平和」を考えてみたいです。虐待、自殺、LOのトラウマ、様々と思います。そして、未来に平和をどう築くのかというテーマをもっと深めたかったです。よい経験をさせて頂き,ありがとうございます!
・ スタッフの皆様お世話になりありがとうございました。構想から当日準備まで大変お手数をおかけしたと思います。被災もあり、一人一人の人間力が考えさせられる今日このごろ、定期的に平和と戦争―考えないといけないテーマですね。正直、もっと激しくダンス出来るものと意気込んでいたので残念でした。チラシのわりに、参加人数が寂しく感じましたが他人が短い期間でまとまるには20〜30人が限界かも知れませんね。昨日まで見知らぬ他人が笑い合えた…それだけで十分ですね。ありがとうございました。
・ たのしくてなんかいもやりたい。
・ とても楽しかったです!来年は参加できるか分かりませんが、もしこういった活動が続いていたら参加したいと思います!
・平和学習はとても楽しく、考えさせられる事が多くありましたが、子どもには少し難しかったので、子どもにも理解でき、想像出来るワークを次回は期待してます。
・盆踊りを作っている時には気付かなかったけれど、発表の段になって初めての人達と踊る時に、もっとシンプルに作っておけば良かったと反省しました。盆踊りはもう少し簡単でシンプルなものが良かったです。


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
Photo: 石井清一郎
0

2018/4/20

パウラ・ロソレン「表現者の為のワークショップ」終了報告とアンケート集計報告。  ●ワークショップ報告

4月16日~17日で行なわれました、パウラ・ロソレン「表現者の為のワークショップ」終了報告とアンケート集計の報告を致します。

1日目5つのツール@grabAdropBslideCswingDtransportを使ってクリエーションに発展。
2日目は、ラバンテクニックの要素である9ポイントをリサーチし、それと1日目にやったワークを複合させてクリエーションに発展させた。
2日のワークとは思えないほど中身が濃密に詰まり受講者達が急速に成長して行くワークを受けたのは初めてかも知れない。彼女の整理された理論とアーティストである感から繰り出される鋭いアドバイスによって、みるみる内にみんなの動きと関係性が変わり作品性をおびてくる。目から鱗ワークだ。自分一人での自主ワークは癖やコンフォートゾーンに入りやすいので、外からの鋭い指摘は必要だと思った。
受講された皆様お疲れ様でした!パウラありがとうございました♡

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アンケート集計
[感想]
・レッスンを受ける事が出来て幸せでした。どうしても受けたかったのです(40代男性)
・目を閉じてパートナーの背中に触れたワークが久しぶりの(目に頼らない人に委ね想像するイマジネーション)感覚で嬉しくなりました。関係の中で発展して行く大切なワークがぎゅっと盛り込まれていてとても濃い時間でした(20代女性)
・ボックスのアイディアがとても自分好みで普段の練習でも取り入れて自分の動きをもっと明確にしていきたいと思います。最高でした!!またWS受けたいです!!(20代女性)
・楽しかったです。色々とヒントをもらったりして作品をつくっていきました(10代女子)
・箱と言う限られた空間の中での動きのバリエーションができて良かったです。制限がある中で自由な動きを知るのが面白かったです。他のグループの方のコンポネーションが、パウラさんのアドバイスで変わっていくのも見ていて感心しました。最初のストレッチも良かったです(30代女性)
・シンプルな動きだけどコンビネーションや空間を使う事で動きの組立が出来るのがよかった(40代女性)
・相手との関係性をその中に出来る空間を学べた。他のチームを見る事で、関係性とタイミングの大切さに気がついた(20代女性)
・何個かポイントなどを使う事で色々な動きが出来たのですごいなと思いました(10代女子)
・5つの動きの組み合わせが、動きの速い遅いを組み合わせることで自然に振りが出来上がって、面白かった。2人で創った動きを1人で動いてみるのも新しい感覚だった。ありがとうございました(40代女性)
・動きを館変えやすい様にシンプルな要素を与えて下さった事、同じ動きを、離れたり他のグループの方と踊る事で全く違うものになるなど、新しい発見が沢山ありました。本当にありがとうございました(40代女性)
・振付のためのクラスはなかなか受ける事が出来ないのですごく勉強になりました。また来て欲しいです!!!(20代女性)
・たった5つの動きだけで、あのようなダンスを創る事が出来ると言うことに驚きました。本当にありがとうございました(10代女子)
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/4/1

カラダ遊びシリーズ YOU CAN ダンス!無事終了しました♡  ●ワークショップ報告

カラダ遊びシリーズ YOU CAN ダンス!無事終了しました♡
ご参加頂いた皆様ありがとうございました!

自由に声をだして動いたり、自由に自分の動きをして動きを隣の人に伝えたり。
ゴムを使ったゴムゴムダンスを踊りみんなでゴムを使いオブジェをつくりました。
とても素敵なオブジェがいくつも完成。

たくさんの人と触れ合いながらたくさん動いてそれはそれは幸せな空間と時間でした♡
ワークショップの最後はみんなで今の気分を絵にしました!
とっても素敵な絵ができましたね。

障がいのある人も健常者の人も、一緒にもっともっと踊れる日が沢山来ます様に。
ダンスを踊ってる時に怒って踊る人はまずいない。
みんな笑顔になり次第にコミュニケーションを取っている内にカラダで分かり合える不思議な化学反応♡
素敵な「まぜまぜダンス」最高でした!
https://www.facebook.com/media/set/?set=oa.1100405796769155&type=3

アンケートの集計
[感想] ※障がい者・健常者の感想を分けていません。
・終始和やかな雰囲気でした。どうしたらいいのかわからない、自信がない、恥ずかしい気持ちから、だんだん自分から発信するようになる姿が良かったです。素敵な瞬間でした。
・一緒にする、受け取る、伝える。三つのことが必然をつくっていました。
・とても楽しかったです。みんな楽しもうとしている方ばかりだったので私も楽しめました。みんなの個性が光っていて面白かったです。
・またやりましょう!スタッフの方お疲れ様でした。いろいろ声をかけてくださいね。ありがとうございました。エンタメ大好き田中。
・楽しかった。またあれば参加したいです。
・始めと終わりのウオーミングアップの時、終わりの時の表情がみなさんのやわらかい顔になっていたのが印象的でした。
・絵を描くかくことと、ゴムダンスが楽しかった。
・順番にリレーをすることが楽しかった。
・2時間があっという間でした。程よく頭も体も使ってとても気持ちのいい疲労感が残りました。お世話になりました。ありがとうございました。
・とても楽しかったです。心地よい時間と空間でした。機械があればまた参加させていただきたいです。
・あったかい感じがしました。みんなが受け入れられて、受け入れていたと思う。
・ダンスということでどうなるかと緊張していましたが、楽しくてすぐに緊張感がなくなりました。言葉でないコミュニケーションがあることを感じることができるいい時間でした。
・ゴムダンスがとても楽しかったです。
・僕は呉にあるかしの木という作業所にいっています。月曜日午前はパンの仕事、午後は外作業、火曜日、シャープペンシル組み立て、午後は外作業、水曜日、午前はパンの仕事、午後は外作業、木曜日、午前はシャープペンシルの組み立て、午後はクラブ、金曜日、午前はパンの仕事、午後は外作業の仕事をしています。外の仕事は洗車、草抜き、町内清掃、館内清掃、搬入の仕事をしています。また水泳の全国大会にむけて頑張ります。

href="https://www.facebook.com/events/145786446089476/">https://www.facebook.com/events/145786446089476/

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/1/19

イスマエラ☆ダンスワークショップIN広島 アンケート紹介  ●ワークショップ報告

1月11日〜14日に行なわれました、イスマエラ氏による、クリエーション&ワークショップ&パフォーマンスが終了しました。多くの反響がありとても充実した企画となりました!
イスマエラダンスワークショップIN広島終了しました。
ワークショップ&クリエーション&パフォーマンスと文字通り、学ぶ→創る→観せる・観る踊るのWSです。

イスマエラさんと即興で踊る4日間。
のべ約100時間踊った。
自己表現する事への肯定、解放、信頼、愛を体験した日々だった。
また愛と腸の話もとても興味深く、腸と身体や性格、体調、言動、行動まで全て繋がっている事をシェアして腸にますます愛と興味を持った。
イスマエラさんは回りを巻き込み回りをパッピーにする能力がある。
これからも世界中を旅しハッピーにして行くのだろうな。
イスマエラさん参加して下さった仲間の皆、東区民様、ありがとうございました

アンケートの集計が整いましたのでご紹介します。

<クリエーション&ワークショップ参加感想>
●心配もありましたが、楽しく終える事が出来ました。わりと色んな自分をいやがることなく、さらけ出しましたが、きっともっと未だ見ぬ自分もいるんだろうなとも思ったり、こんなもんだよなと思ったり、まだまだやってみたい気持ちです。自分の生活の中で最低限度こんな風にダンスやパフォーマンスを関わっていられたら良いなと思います。(30代女性)
●参加して良かったです。これからも舞台を頑張ります。(20代男性)
●何でもしていい空間で最初は戸惑いが多かったけれど、やって行くうちに自分の中が破れて行った様な気がした。自分に自信がもてて、目の前にあるもの全てが素晴らしいモノに感じた。(20代女性)
●冒険をする為の安心をくれる場をありがとうございました。日常でも同じ様に楽しむ勇気が出ました。日常も今を楽しもうと思います。(40代女性)
●15年ぶりにSineartよりのcreationに参加して自分が15年前と変わっている事、15年前より大きく変わっている事に気がつきました。なぜ社会で上手くいかないかも振返って学べました。少し大人になれる気がしました。(30代女性)
●考えない時間。裸足になってみて色々感触を楽しみました。どうしょうもない母のこと、気持ちが出てきて、流れに任せて動いた。あと眠くなりました。首の痛み楽になった様に思います。(50代女性)
・・・・・・・・・・・・

<参加者イスマエラさんにメッセージ>
●今回は広島と名古屋と立ち寄って下さり、ありがとうございました!知っているダンサー達が楽しんでいる姿は、とっても嬉しかったです。また是非広島に来て下さい!
●またいつかお会いしたいです。本当にありがとうございました。
●決めた事をやりとげる、まげない、いさぎの良さの様な所がたまらなくかっこ良かったです。本当にありがとうございました。
●広島の今回のメンツ、前の広島と違いましたか?どんな風に感じられましたか?そして何かいろいろすみませんでした。民宿として遊びに来て下さい。ベース教室のシェアハウスです。場所沢山あります。
・・・・・・・・・・

<ショーイング観覧者感想>
● 私も日本にいて違和感があります。芸術・自由の国、フランスで活動出来て良いですね。観ていて初めてパリで現代アートに出会えて凄いと思い、自由である素晴らしさを感じました。セネガルのダンスを観てダカールで裸足で砂をけりながら踊った女の子を思い出してしまいました。(60代女性)
● 世の中を俯瞰している無意識感みたいなものを感じました。自分の好き嫌いを再確認した様な気がした。(50代女性)
● 子どもがすごく楽しんでいて(5歳)連れてきて良かったです。ありがとうございました。(40代女性)
● 自由、素直に観る事が出来た。自信と勇気が溢れていた。難しい事がなかった気がする。次に何が起るか分からないワクワクと楽しむ事が出来ました。(20代男性)
● ミイラの人のインパクトが強過ぎて目が釘付け。ラストは何だか観てて幸せな気持ちになりました。(30代男性)
● 作る過程とか、殻を破る破らない、持って歩く等、もありなのかと思いました。腸が大切と言う事とても分かりやすかったです。(30代女性)
● イスマエラさん久々に会えて良かったです。(30代男性)
● これはストーリーが決まっている?全て即興?ワクワクしながら観させて頂きました。どんな風にどんなアイディアからこのパフォーマンスが出来上がっていったのか、etc。時間があれば是非聞いてみたかったです(アフタートーク不参)もっと沢山の方に観て欲しかったです!!(40代女性)

様子の画像↓↓↓↓
https://www.facebook.com/media/set/?set=oa.1054634991346236&type=3

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2017/11/28

堀田千晶WS アンケート紹介  ●ワークショップ報告

2017年11月21日(月)に行なわれましてアンケートのご照会を致します。

GAGAは本当に身体に良い!
動いている途中から身体が調整されて行くのが分かるのです。アライメントを整えるよいツールを見つけた!と言う感想でした。GAGAのクラスが広島であるのなら毎日受けたいくらいです。またバッドシェパの公演を観に行きましたが動きの中にGAGAの要素が沢山入っていて、これをやればあの様な動きも可能なんだと言う実感です。
頻繁に受けたいたいワークです。

受講されたから感想が届きましたので、ご照会します。

感想
・鏡がないことで、正解や形にとらわれずに動くことができました。先生の説明も的確で、たとえを沢山使ってくださったので、具体的なイメージが沸きやすかったですし、実際にやって見せてくださる動きも明確で、そして、思わず見とれてしまうほど素敵でした。 関節をいろいろな方向に、広げるように動かしていただいたお陰で、硬くなっていた左のお尻の痛みが和らぎました。

・GAGAは体を調整されていると言う事を実感しています。 レパートリーも、全然できませんでしたけれど、楽しかったです。最初のインプロも、インプロというと、いつも何をやっていいのか分からなくて、オロオロしてしまうのですが、今回はあまり気負わず動くことができたように思います。また是非受けさせていただきたいです。

・ちあきさんのGAGAあしたも明後日も受けたいです。からだが軽くなりました。
初めてガガというダンスを知りました。全ての動きがあたらしく、からだの普段使わないし動かさないところを自由に動かせて楽しかったです

・今までのダンスとは違い、体全体をまんべんなく動かすことができたので、とても楽しかったし、体が芯から温まりました。また、世界という大舞台で活躍されている講師の方に直接教えてもらうことができて、忘れられない、とても刺激をもらえたワークショップでした。

千晶さんにメッセージ
・GAGAの素晴らしさを、今回実感させていただきました。体も気持ちも開くGAGA、また受けさせていただく機会がありますよう、願っております。素晴らしいレッスンを、本当にありがとうございました。

・女性もこんなにからだと心を解放して力強く踊れるんだとちあきさんが体現してくださっていました。それはとてもかっこよくて、女に生まれてよかったとおもいました!

・しなやかなのに芯が通っていて、1つ1つの動きがとってもきれいでした。先生のステージもぜひ見てみたいなと思います!ありがとうございました。

・今回は貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました!バッドシェバ舞踊団のことを、帰って調べて、とてもおもしろいなと思いました。教えてもらった振り付けは、体幹がしっかりしていないとなかなかできないので、ふらふらしてしまいましたが、プロのダンスを少しでも体験できて本当に良かったです!ありがとうございました!!

クリックすると元のサイズで表示します
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ